忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

SIX FEET UNDER #56「前進」

ネイト&ブレンダ、マヤに本当のママ、リサのことをどう伝えるかで喧嘩。
デイヴィッド&キース、養子の機会提供ピクニックに参加。代理母から妊娠報告。
クレア&ビリー、クレアは別れたつもりだが別れたくないビリーはママを使った懐柔作戦。
ルース、編み物教室で聞いた話に感化される。
フェデリコ、バネッサとよりを戻す作戦失敗。

前回、もうネイトは好きなようにしてかまわないのではないかと思った。
ブレンダはパートナーだけれど、一緒にいて幸せになれる相手とは違うんだなと。
でもネイトの心の落ち着かなさは別。再婚で心に決着がつけられたのだと誤解していた。
ずっとリサの裏切り、マヤはかわいいけれどホイトの子どもかもしれないという疑念は捨てられずにいる。
もちろん、自分が誠実な夫とは言い切れなかったこともざわざわの原因だろう。
誰かを責めたいのではない、治まりのつかない心をどうしたいのかわからないだけ。
準備のできないいきなりの別れは尾を引いて当然だ。予告されたってできるもんじゃないし。
妊娠に「おめでとう」と言われたことに思い遣りのなさを感じ険悪状態だったがそれはブレンダも同じこと。
お客様からの「マヤには母親が必要」、聞いてるこっちがはっとした。
今シーズン初ではないかしら?お客様が教え諭してくださるのって。
このお客様の「何かを聞いてくれるなんて20年ぶり」が私にはとても重く、思い出したら泣けてきた。
そしたらネイトに対しての感情が申し訳ないような気がして止まらなくなった。ドラマなのに、ドラマなのにね。

「ジョージ、二人で生活をやり直しましょう」と言うルースは編み物教室で聞いたことを実行するつもりですよね。
どん底の時は親身になって、もう大丈夫なのを見届けて別れるつもりか。
あんなにこだわっていた結婚の誓いは?最後に誠心誠意尽くすことで全うしたとするのだろうか。
二人の生活に心ときめかせて表情輝くジョージが痛々しい。
博物館にもスーパーにも歩いていける、病気を安定させるには願ってもない環境。
それなのに落ち着いた先に待ってるのは孤独。
尽くしておさらば作戦、どん底の時に見捨てないのは正しいと思うがジョージは病気。
捨てられた時の精神的負担は考えてあげないの?
自分がいなくても心が乱れないところまで回復させる自信はあるの?
ルースは友だちに影響されやすいし、精神的に追い詰められているのもわかるけど。

デイヴィッドとキースの代理母の人は大丈夫でしょうか。
ちゃんとした団体の経験者らしいけれど、前向きすぎるのが恐い。

今日のマヤちゃん 
帰宅したネイト「マヤは?」
ブレンダ「クローゼットで私の靴全部にネコのぬいぐるみ入れてるわ」
かわいすぎます(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 夢野
  • URL
  • 2008/06/07(Sat)23:47
  • Edit
今回のお客さんはそういうことだったんですね。何も聞かれなかった・・・「桃食べる?」って聞いて欲しかったのですね。聞かれたら「食べない」と答えたんでしょうけど。一切れくらい食べても死なないでしょ、と思ったんですけどヤケ食いしたんでしょうね。音楽の趣味や火葬か埋葬かの希望も、誰もきいてくれなかったわけで。

ルースはえらい手を混んだことを仕込みますね。期待しているジョージがかわいそう。声も嫌と言ってる相手に、きらめく新生活を提供できるんでしょうか。大変な演技力が必要だと思います。

マヤちゃんのネコのぬいぐるみを靴に詰めているシーン映像で見たかったです。まわりはゴチャゴチャしているけれど、すくすく育っているようで良いです。もうホイトの子でもいいんじゃないかな。ダメかしら?

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/06/08 09:19
お客様のシーンは思い返せば返すほど切ないです。
お孫さんも何でおばあちゃんに聞いちゃうのかな。
桃を食べるか食べないかのおじいちゃんは目の前なのに。
一切れだけ食べていればお客様になることはなかったと思われますよね。
缶詰開けて匂いをかいだ時のうっとりした表情が印象的でした。
でも急激な血糖値の上昇で死んじゃうのかな?と思ってみたり(笑)。
長年糖尿病なら他にも悪いところがあっても当然ですから、そっちの具合のせいですかね。
お客様との対話といっても結局は自分の潜在部分との対話、これがこのドラマの見所でもあるので今回はいたく響きました。
編み物教室のお友だちにそそのかされた感じのルースには、本当の覚悟が備わっているのか疑問です。
でも決して非難はできないです。
今までは新しく踏み出すこともできなかったのですから。
マヤちゃんが一生懸命靴にぬいぐるみを入れてる様子、のぞいてみたかったですよね♪きっとお歌も歌ってたと思います(笑)。
ホイトの子かもしれないけれど、ネイトにとって大切なのはリサが産んだことなのですよね。
ホイトの自殺騒動、ネイトは現場に居合わせたのに何があったか告白しなかったのですね。
あ、リサの妹が聞いてしまったのでしたっけ?
しかしディナーでその点を追及するジョージは…調子がいい時はこういう無神経さが鼻につくこともありましたね。う~ん、厄介です(笑)。

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2008/06/08(Sun)18:55
  • Edit
すみません。
ブログの方にコメントを頂いていたのに
他のゴミコメントを消したつもりが操作を誤ってまとめて消してしまいました(汗)
というわけでもう一度コメントをいただけるとありがたいです。
お手数をおかけします。

「前進」というタイトルに期待してたんですが
前進した先にまた障害が待っていそうで。
ルースの前進、それでいいのかな?
クレアの前進もビリーから逃れられるかわからないし。
フェデリコの場合は後退しちゃったかな。
キースとデイヴィッドの会話にはヒヤッとさせられますが
でも今シーズンはデイヴィッドの微笑が穏やかで
結局安心して観てしまいます。
マヤちゃんのネコのぬいぐるみ、観たかったです。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/06/09 10:03
「前進」、踏み出せただけよかったのだと思わないといけないのでしょうか。
ルースは別れるつもりなのでしょうけれど、新しい生活で発見があってやっぱり一緒にいたいと思えるかもしれませんよね。
クレアは前進というよりも自分は立ち止まったまま後ろをぶった切っただけという気がします(笑)。
「ママ、私失敗しちゃったわ」と言えればクレアもルースも楽なのに…。
コメント、了解しました♪

TRACKBACK

Trackback URL:

シックス・フィート・アンダー♯56

  • URL
  • 2008/06/07(Sat)
■シーズン5 第5話「前進」 今回の死人はダニー。糖尿病なのに桃の缶詰を食べて死んじゃった。高血糖でそのまま意識を失い死亡?相当ドカ食...

Six Feet Under S5-#5 「前進」

  • URL
  • 2008/06/08(Sun)
少しだけど前向きに進み始められたのはいい兆候・・・かな。 ルースはジョージの声を聞くのも嫌なくらい疲れきっていますが ジョージをあ...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]