忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「名探偵ポワロ」の記事一覧

名探偵ポワロ 「カーテン~ポワロ最後の事件~」Curtain:Poirot's Last Case

ヘイスティングスは、ポワロからかつて一緒に事件を解決したスタイルズ荘へ招かれる。
再会を喜ぶものの、ポワロはすっかり弱ってしまい車椅子での生活だった。
ここでまた殺人事件が起きるが、自分は弱って動けないため目と耳になって欲しいと依頼されたヘイスティングスだったが、滞在中の博士の秘書である娘ジュディスの恋愛問題が気になって…。

「ビッグ・フォー」では、ポワロがあんなことを企んでいたので接点がほとんどなかったヘイスティングスが、今度はポワロ直々に「チームとなって」とのお誘いです。
ポワロには犯人となる人物の見当はついているわけですが、それをヘイスティングスには明かしません、というか明かせません。
何故なら、教えるとヘイスティングスはその人ばっかり見てしまうからです。
実際、ジュディスから「お父さん、人の顔ばっかり見てる」と言われてました。
そう聞いたポワロが「ふふふっ」といった表情をするのが、唯一のユーモア場面だったかもしれません。
それほど緊迫してました。
何故なら、ポワロは覚悟していたからです。
自らの命も、この件の結末をもです。
それは反則ではないか?と思わないでもないですが、ジョージが「暇をもらった」のではなく、「暇を出された」ところに含みがあった、ということで。

実際に作品の書かれた順番は調べてませんが、このポワロの苦悩は「オリエント急行の殺人」があってこそだなあと感じました。
あれで、正義と殺人というものに激しく苦しみましたからね。
シリーズ通しての演出が身に染みる想いでした。
最近、ファイナル手前のシーズンを見ることができたのも大きいですね。

見応えのある最終話だったと思います。
ポワロさん、髭がないと別人!だったし。
でも、ヘイスティングスが心配…
奥さん亡くして、ジュディスがあんなで、そのうえポワロさんまで…
でも、4カ月後に届いた手紙はポワロという人そのものだとも思うので。
それにしても、ジュディスはなんであんな危険思想(笑)を持った娘なのでしょうか。
あんなにおっとりとしたお人好しのお父さんなのに。

というわけで、ドラマのポワロ、あとは短編を残すのみとなりました。
本も読みたいですねえ。
でもあまりにも量が多くて…どこかに頼りながらになりそうです。

拍手

PR

名探偵ポワロ 「エンドハウスの怪事件」

これ、局によって短編の仲間だったり長編の仲間だったりしてますよね?
長編を見ていたイマジカでは短編の仲間みたいで、短編を見ていた銀河では短編の仲間ではないようで、録画しはぐれていました。
が、イマジカは長編の後短編の放送が始まったので見ることができました。
付け足すならば、短編もイマジカで録画すればよかったなあ…と思ってみたり(笑)。

最近、シリアス度の高い後期の長編ばかりを見ていたので、ポワロの苦悩の表情が刻まれていたのですが、これはいいですね。
ポワロ、ヘイスティングス、ジャップ警部、ミス・レモンのチームワークにほっとします。
ヘイスティングスのお人好し加減はとても好ましいし、そのヘイスティングスの推理をちょっとばかりポワロがからかったのをすねてみたり、ポワロの無茶ぶりに対するミス・レモンの表情、立場上面白くないわけはないのに敬意を示すジャップ警部、後期の長編を見た後ではくすっとできるユーモアがなんとも心地よいです。
特にこのエピソード、打ち合わせなしでミス・レモンを霊媒師だと言い出して、ものすごい顔で咎めながらも任務を全うする彼女がステキでした。
その後、アイスクリームをあげないのもよかったです、ちゃんと四つ買っているのも含めて。

チームの雰囲気はよかったのですが、事件は怖かったです。
特にポワロの追及に犯人がブチ切れて「この小男がっ!」と豹変するところとか。
セント・ルーという町ではポワロは知られていないというのがポイントだったのですね。
犯人が、不幸な事故の連続の証人として選んだのが世界的な名探偵だった、と。
じゃあ、入院中の身でチョコレートに毒を仕込んでたのか?とか、やっぱりちょっと怖いです。

ポワロに限りませんが、貴族とか昔からの良い家柄で不動産はあるけど文無しな人たちの描き方が好きだったりします(笑)。
金持ち喧嘩せずの精神が身についていて実に穏やかだったり、どうにかして金持ちになろうといやらしかったりするのが。
また、それが事件の主軸だったり、背景の一つでしかなかったり、いろいろ想像をめぐらすことができますからね。
今回は、とことんいやらしいタイプでしたね。
こういう人にはポワロは「ある道」を残しておく傾向にあるような気がしますが…?

あとは、長編二つと短編を半分くらい残してます。
シリアスな長編を見てしまってから、短編でほんわかしたいように思います。

拍手

銀河でポワロ。

最新で最終シーズンの前に、AXNミステリーでは、なぜか放送されなかった「三幕の殺人」、「複数の時計」、「ハロウィーン・パーティー」、「オリエント急行の殺人」。
短編も録画したし、最終シーズンも視聴中、ここまできたら全話見たくなるじゃないですか。
ゆーじあむさんから、銀河で放送されると教えていただき、見ることができました♪
改めて、ありがとうございます!

長編のポワロは、シリアス度が高いとは思ってましたが、このシーズンはさらにそれが強まっているように感じました。
引退へ向けて心が決まっていく過程を見せられているような気もします。
友人(ジョージ・ジェントリーだ!)が、ポワロが死んでもかまわないような策をとっていたり、子どもの口をも平気で封じる冷酷さ、これでもたいへんにキツイです。
さらに「オリエント急行」では、法のある世界なのに正義を問われてしまいます。
最後のポワロ、もう心はボロボロですよ…
軍人さんの自死や、イスタンブールでの不貞の結末等がさらに苦悩を際立たせてますよね。
うわ~、やっぱり順番通りに見た方がよかったなあ…
「ヘラクレスの難業」と「カーテン」は残してあるけど。

ここ数年でようやく「ミス・マープル」や「ポワロ」を見たわけですが、こうやって心理的に訴えてくるような話が私は好きなんだな、と思いました。
ここがこうだからこうなるのだ、このアリバイを崩すのだ!とか、そういうのではなく犯罪に至る心理とか、その後のふるまいとか、うまく言えませんけどそんなことです。
ドラマ先行で来ましたけれど、そろそろ本も読んでみたいなと思い(満足に読んだと言えるのは「アクロイド殺し」だけという…)、こんな本を買ってしまいました。



〇マゾンのギフト券あったし、ガイド本好きですからね(笑)。
これで今年の「推理作家協会賞 評論その他の部門」を受賞した2冊が手元に!
少しずつ読んで、この本で初心者所以の読解力の低さを補えたらなと思います。

そんなところに、「ミステリマガジン 7月号」の裏表紙に魅力的なものを発見しました。
「ホントポケット」というヤツです。
これの早川書房の出しているものに、「アガサ・クリスティー全集 100冊入り」というのがあるじゃないですか。
電子書籍は買ったことないですが、ホントポケットはダウンロード不要で買ったらそのまま読めるというし。
少しずつためておけば買えそうな値段だったので、姉のところに頼もうと相談したら…
「あんた、それ、桁間違ってるから」と一蹴されました。
7480円のつもりでしたが、本当はもうひとつゼロがついてました。
よく考えてみれば、100冊分の値段ですからね、1万円しないとか、そんな夢のような話、あるわけないですよね。
7万4800円…これは今の私には無理だな。

拍手

イマジカでの長編ポワロ(終)

イマジカのitvコレクション「名探偵ポワロ」の長編24話を見終えました。
今度は短編を放送しているらしいですが、それはチャンネル銀河で録画したので…イマジカはHD完全版らしいけど。

合間合間に短編も見ていました。
こちらのレギュラー陣、ヘイスティングス、ジャップ警部、ミス・レモンがいない長編はユーモア度が低いですね。
っていうか、ほとんどない。
後半にくるにしたがって、真相に対してのポワロの厳しい口調とか、シリアスドラマですよね。
ヘイスティングスの大切さがわかったような気がします。
そんな中で、結構好きだったのは「葬儀を終えて」。
散々ヤキモキさせておいて、結果「金持ち喧嘩せず」な感じの着地が好みでした。
「もの言えぬ証人」のワンコさんも名演技でしたけどね。

そして本日4月25日、AXNミステリーで最終シーズン5話分が放送されますね。
昼間はテレビが見られないので、録画予約しましたよ。
で、謎なのですが、イマジカで見た長編24話と今回の5話分の間に4話ほどあるではないですか。
これは、NHKで放送されただけで、他の局では未放送なのでしょうか。
AXNミステリーでは、それを飛ばして最終シーズンが放送されるということなのでしょうか。
ここまできたら全話みたいと思っているのですが、放送順が局でも違ったりしていて、これ以上混乱させないでくれ~というのも正直なところです。
だって、「エンドハウスの怪事件」(今月録画予定)、長編扱いだったり短編扱いだったりそれさえ定まってないのでしょ?

短編はまだ16話しか見ていないですが、とりあえず長編見ているので、最終シーズンを楽しみにしても大丈夫ですよね?

拍手

名探偵ポワロ 「葬儀を終えて」After the Funeral

イマジカのitvコレクションで見ているものの、一ヶ月以上分ためこんでしまいました。
そしたら、前のエピソード紹介が見られなくなってしまったようです。
チャンネル銀河やAXNミステリーでも放送しているとはいえ、局によって放送の順番が違っていたりするので、話数のカウントがわからなくなってしまいました。
全話のガイドを作っているわけではないのでいいですけれど。

銀河で見ている短編(こちらもためこんでます)だと、ポワロ、ヘイスティングス、ジャップ警部、ミス・レモンの四人のやりとりにユーモアがありますね。
ポワロひとりの長編だと、シリアスで事件の性格も違った感じです。
ヘイスティングスが、きれいな女性にぽぉ~っとなったり、事件の手がかりを素通りしたり、そういうところが好きだけど、長編で事件を見つめていく過程も好きなので、どちらがいいというわけではありませんけれど。
この前見た短編「二重の罪 Double Sin」で、ポワロは引退をほのめかしてました。
でもその理由が、ジャップ警部が講演会で数々の事件の手柄を独り占めするんだな…と拗ねていたらしいというのが、とてもかわいらしかったです。
わざわざ、警部の講演先に旅行に出掛けたりして。
こっそり聞いた講演で、自分が褒め称えられていたのですっかり満足して事件解決に一肌脱ぐとか、わかりやすくて、四人の雰囲気がとてもよくて好きなエピソードでした。
ミス・レモンは別口で大忙しなのもよかったです。
なので、ポワロはタイプライターを早く買ってあげた方がいいと思います。

そして長編の「葬儀を終えて」です。
みんなが何かを隠している風なので、全員が共犯なのかと思っていたら!
隠した権利書を返しに来たり、
役者夫婦は妊娠したのに夫の浮気に悩んでいただけで(「だけ」ってのも変ですけど)、
アフリカの子どもたちを救いたい慈善家姉さんが隠したいのは従兄弟ジョージへの恋心、
そのジョージは亡くなる前にリチャードから聞かされた秘密にやさぐれて…と。
ジョージにとってリチャードは伯父さんではなく、実の父だったと聞かされてやさぐれて見せる方法が「遺言書の書き換え」だったとは。
ふつう、遺言書に細工って自分に有利になるようにするでしょ?
それなのにジョージは、全ての遺産が自分のものであることに嫌悪し、お母さんとリチャードに反抗するために自分だけを相続人から外すとか、なんてことでしょう。
他の親族の行動にしても、これが「金持ち喧嘩せず」ってやつなのか?と思えてきます。
相談に来た弁護士も、そういうおっとりした金持ちしか相手にしてない、親の代から引き継いだそういう弁護士という匂いがしました。

そうではありますが、コーラのコンパニオンに当然のように荷物を運ばせ、お茶の用意を頼んだりもしてます。
これもやはり「育ち」なのかな、そういったことをひっくるめてコンパニオンさんはコーラに対して非情な心が芽生えたのかな、と妙な納得をしてしまうエピソードでありました。

銀河で放送の短編はすべて録画済み、長編もイマジカ→AXNミステリーの最終シリーズまで録画できる予定です。
エピソードの順番はともかく、まだまだたくさん見られるので楽しみです。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]