忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

名探偵ポワロ 「葬儀を終えて」After the Funeral

イマジカのitvコレクションで見ているものの、一ヶ月以上分ためこんでしまいました。
そしたら、前のエピソード紹介が見られなくなってしまったようです。
チャンネル銀河やAXNミステリーでも放送しているとはいえ、局によって放送の順番が違っていたりするので、話数のカウントがわからなくなってしまいました。
全話のガイドを作っているわけではないのでいいですけれど。

銀河で見ている短編(こちらもためこんでます)だと、ポワロ、ヘイスティングス、ジャップ警部、ミス・レモンの四人のやりとりにユーモアがありますね。
ポワロひとりの長編だと、シリアスで事件の性格も違った感じです。
ヘイスティングスが、きれいな女性にぽぉ~っとなったり、事件の手がかりを素通りしたり、そういうところが好きだけど、長編で事件を見つめていく過程も好きなので、どちらがいいというわけではありませんけれど。
この前見た短編「二重の罪 Double Sin」で、ポワロは引退をほのめかしてました。
でもその理由が、ジャップ警部が講演会で数々の事件の手柄を独り占めするんだな…と拗ねていたらしいというのが、とてもかわいらしかったです。
わざわざ、警部の講演先に旅行に出掛けたりして。
こっそり聞いた講演で、自分が褒め称えられていたのですっかり満足して事件解決に一肌脱ぐとか、わかりやすくて、四人の雰囲気がとてもよくて好きなエピソードでした。
ミス・レモンは別口で大忙しなのもよかったです。
なので、ポワロはタイプライターを早く買ってあげた方がいいと思います。

そして長編の「葬儀を終えて」です。
みんなが何かを隠している風なので、全員が共犯なのかと思っていたら!
隠した権利書を返しに来たり、
役者夫婦は妊娠したのに夫の浮気に悩んでいただけで(「だけ」ってのも変ですけど)、
アフリカの子どもたちを救いたい慈善家姉さんが隠したいのは従兄弟ジョージへの恋心、
そのジョージは亡くなる前にリチャードから聞かされた秘密にやさぐれて…と。
ジョージにとってリチャードは伯父さんではなく、実の父だったと聞かされてやさぐれて見せる方法が「遺言書の書き換え」だったとは。
ふつう、遺言書に細工って自分に有利になるようにするでしょ?
それなのにジョージは、全ての遺産が自分のものであることに嫌悪し、お母さんとリチャードに反抗するために自分だけを相続人から外すとか、なんてことでしょう。
他の親族の行動にしても、これが「金持ち喧嘩せず」ってやつなのか?と思えてきます。
相談に来た弁護士も、そういうおっとりした金持ちしか相手にしてない、親の代から引き継いだそういう弁護士という匂いがしました。

そうではありますが、コーラのコンパニオンに当然のように荷物を運ばせ、お茶の用意を頼んだりもしてます。
これもやはり「育ち」なのかな、そういったことをひっくるめてコンパニオンさんはコーラに対して非情な心が芽生えたのかな、と妙な納得をしてしまうエピソードでありました。

銀河で放送の短編はすべて録画済み、長編もイマジカ→AXNミステリーの最終シリーズまで録画できる予定です。
エピソードの順番はともかく、まだまだたくさん見られるので楽しみです。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]