忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「AXNミステリー(ミステリチャンネル)」の記事一覧

続くのか…?「ニュー・ブラッド 新米捜査官の事件ファイル」(終)

「フォイル」や「ポアロ」を作った人の、現代モノということで視聴。

目の付け所は鋭いものの、組織内空気の読めなさで厄介者扱いされている警察官アラッシュと、不正捜査局勤務で潜入捜査係(笑)のステファン、このふたりが別々の捜査のはずが同じ人物を追うこととなり…という導入。
そしてアラッシュの妹をステファンが気に入り、仲良しなのか遠ざけたいのかわからないふたりの関係もスタートです。

叱られても叱られても、組織としては問題行動をとるラッシュ。
「お前と知り合ってからろくなことがない」と言いますが、ステファンの言葉にのってしまうのはあなたですから、と言いたいです。
ステファンもステファンで、刑事のラッシュの尻馬に乗ってますからね。
というか、そのためにラッシュをそそのかしてるとも言えないこともないです。
問題行動とは思っていないのは確かに問題です。
ここがラッシュの欠点でしょうか。

ふたりとも一度はクビになりますが、結果オーライで元に戻れました。
でも繰り返すんだよね。
で、警部補がラッシュに「クビにならない理由を考えてみようか」と言ったじゃないですか。
コレ、「そんなもんあったら言ってみろ」的な意味合いだと思っていたら、あるじゃないですか、そういう理由が。
「The Wire」で、へまをしたプレッツさんにダニエルズが「外の捜査に出るな、火事でも出さん!」と言った、ああいったのを期待していたのですがね(笑)。

6~7話でのターゲットが、狙ってた高級アパートの持ち主で、仕返しのための監視目的で入居権をゲットしたのは、今後も続けていくと見ていいのですかね。
ラッシュとステファンの、噛み合ってない感じの友情(ステファンだけにっこりしていて、ラッシュは半分口開いてるみたいな)はおかしいので見られるのなら見ますよ。


拍手

PR

リッパー・ストリート4(終)

ようやく見終えました…。
「続く」に絶句ですよ。
もうみなさまご覧になっていることでしょうが、あんまりなので間あけます。



拍手

アガサ・クリスティーの謎解きゲーム #3「もの言えぬ証人」

デヴィッド・スーシェさんがポワロの「もの言えぬ証人」は、ボブがとってもかわいく芸達者で、ポワロさんやヘイスティングスとのやりとりも楽しかったので期待してました(笑)。
ですが…ボブの出番が少なすぎっ!っていうか、ボブじゃなくてマックスだしっ!
名前はいいですが、マックスの証人ぶりが「頭に血がついてる、被害者と一緒にいたんだ」ってそれだけですか…。
霊媒師に犯人だと名指しされて驚く表情とか、ボブのような役者ワンコがフランスにはいなかったということでしょうか。
「頭に血がついてる」は、「REX」のチビちゃんエピソード(小さな証人)を思い出しましたよ。
お利口レックスがいれば、「マックスの頭を見て!」と早く伝わったのに。
この場合、伝わったからといってたいして進展なかっただろうけど(笑)。

というわけで、この「謎解きゲーム」は、ドラマ見たり本読んだりしている人向けなのかな?と思えてきました。
ポワロさんとヘイスティングスのほのぼの感とは違ったコメディ色も覚悟が必要なのかな?
そんな大袈裟なことでもないけど。
年明けから週一で放送のようなので見続けようかなと思います。

拍手

アガサ・クリスティーの謎解きゲーム 

第1話トライアルの企画とは知らず、「魔術の殺人」、「忘れられぬ死」を見ました。
12月から本放送なのですね。
落ち着かない状態の時は、このくらいのものがいいなあと思いました。
話もだいたいわかってるし。
「バーナビー警部」の新作でサイクスを見るべきか?という気もしましたが、予測できない内容&サイクス出演時間のことを考えました(笑)。

まず、どっきりしたのはフランス語だったことです。
そんなことも確認してないんだ…と自分にどっきりです。
NHKで放送される「そして誰もいなくなった」と混同していたのかもしれません。

これは、ポアロもミス・マープルもおらず、警視と新聞記者アリスのコンビのお話です。
コンビといっても、協力体制は低く、お互いを必要としているのかいないのかがわからないところを楽しむもののようです。
ただ、「魔術の殺人」で、記事を横取りしたアリスの上司を警視がぶん殴るところに「ふたりはこんな風だけど、コンビモノだよ」と訴えているような、そんな気がしました。
自分の状態によっては本放送も見るかもなあと思います。


拍手

ブラウン神父4(終)

神父、マッカーシー婦人、レディ・フェリシア、シド。
この4人のちびっ子探偵的チームワークが完全に出来上がったような気がしました。
S3でも、警部補を助けるために奔走していたのでもうその時からだったのかもしれませんが。
教会のキッチンというかダイニングというか、あそこは捜査本部ですよね。
それぞれが情報持って集まって、それが神父の頭の中で真実に辿り着くという、なくてはならない要因となっています。
できればここに、S1で教会のお掃除として登場していたポーランド移民の彼女もいてほしかった…。
でもそうしたらシドがチームワークに支障をきたすこと間違いなしなので、この布陣に落ち着いたのかもしれませんよね。

今シーズンからまた警部補がかわりましたね。
前の交代時は、「私はこれで異動だから」と挨拶があったのに、今回なかったのはやはり一時は警察から追われる身となったからなのでしょうか。
初代も二代目のサリヴァン警部補も、神父を目の上のたんこぶと思っているのは明らかですが、それなりに敬意を払って接してくれてましたよね。
サリヴァン警部補は特に好きで、現場に到着時に立てかけてあった自転車を二度見したのは名場面ともいえるものでした。
それなのに、三代目は…なんかキライでした。
威張ってるだけで、目は限りなく節穴に近かったです。
だから巡査部長もあまり三代目には敬意をもってないように見えました。
この巡査部長、警部補が交代しても変わらずの「腰巾着ぶり」がたいへんに魅力的だったのに、それがなかったのが残念でなりません。
今シーズンの巡査部長のかわいらしさを半減させたのは三代目のせいだ!と恨みに思ったりもしています。
「ブラウン神父」を始めて見た時は、マッカーシー婦人がドラマを見るうえでの「敵役」でしたが、彼女が完全にチームの一員となった今、新たに送り込まれた「敵役」が三代目なのだ、と納得することにいたします。
でも…サリヴァン警部補、戻って来て欲しいなあ。

拍手

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]