忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「本&読書メーター」の記事一覧

12月のまとめ

読んだ本が、ムーコとパディントンだけとは!
本当にどうしちゃったのでしょうか。
本の山ばかりが大きくなっていきますよ。
パディントンを読んだことをきっかけにと思うのですが、「ルー・フォックオルメス」でそうなってるはずだったのに…。



これは1979年に発表されたのだとか。
その後2007年、2012年と一冊ずつ出ていて、あと2冊分の新作が読めるとはうれしいですね。
しかし、福音館の10冊読んで、アニメ見て、映画見てると、「この出来事、知っているような気がする」となることもあります。
キャラクターや背景が出来上がりすぎているということなのでしょうか。
本のタイトルにもなっている「パディントン、テストをうける」は、思ったように「ブラウンさん」として運転試験を受けることになっての騒動でした。
小学校に通う時のように、一目でクマなのに勝手に連れて行って、結果、「クマだから」と放り出されたのとは違い、最後は教官が特別車限定(いつも持ってるキャリーカート)の免許証を届けに来てくれるという、ステキなことが待ってました。
もちろん、もう運転テストを受けに来ないで!という気持ちが最大限に現れているわけですが、パディントンも教官も満足できる、にっこりエピソードですよね。

パディントンといえば、映画「パディントン2」が1月19日に公開ですよ。
うれしいことに、マスコットキーチェーン付きの前売り、いただいてしまいました!

これは見に行かねばなりません。
シネコン、隣の市にあるとはいっても、車がないとかなりのエネルギーを要するので今の私はちょっぴり自信がなかったのですよ。
なので公開が始まってから体調と相談して決めようと思っていたのですが、今から見に行くための体力作りに努めようと思います。



12月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:319
ナイス数:10

パディントン、テストをうけるパディントン、テストをうける感想
全然知らなかったけれど、福音館で出ているもの以降に新作があったのですね。あと二冊刊行予定だとか。 福音館の読んで、アニメ見て、映画見てると、キャラクターが勝手に歩き出してるような気がします。カリーさんのサウナの話は知っていたように思うのは気のせいでしょうか。
読了日:12月30日 著者:マイケル・ボンド
ムーコかたぬきカレンダー付き いとしのムーコ(12)限定版 (プレミアムKC イブニング)ムーコかたぬきカレンダー付き いとしのムーコ(12)限定版 (プレミアムKC イブニング)感想
読んだのは通常版だけど。こまつさんは相変わらず鬼で、うしこうさんはムーコの心を読み取ったことを多数発言。うしこうさんと暮らした方が幸せだと思えてならないですよ。でもムーコはこまつさんが大好きなんだものなあ…。高校時代のうしこうさんは、イケメンだからじゃなくそういった優しさもみんなが見てたんだよっ!と思いました。
読了日:12月24日 著者:みずしな 孝之

読書メーター

拍手

PR

あ、新しいのが?



ネットをうろついていたら、びっくりするものを見つけてしまいました。
これ、新作というか未訳だったものがあったということですか。
それなら、出すなら最初の映画の時だろうがっ!と思わないでもないですが、とりあえず新しいものが読めるのなら大歓迎です。
前に出していたところはもう新作からは手を引いてしまったのでしょうか。
でも映画用の帯付けて売ってますよね?

タイトルになっている「パディントン、テストをうける」、
手違いからパディントンが運転免許のテストをうけることになってしまった
とあります。
どんな手違いだよ!と内容紹介からつっこめるなんて幸せなことです。
「学校に通ってない子どもがいる」という話の時も、一目でクマだとわかるだろうに、そのまま通学することになるんですよね。
パディントンは見た目はクマだけど、人間としてみんなも見ているのかな?と思ってしまいそうですが、結果、トラブル続出で音を上げた学校側が「クマだから学校来なくてよい」となるんですよ。
運転免許のテストも、とりあえず受けさせるんだろうな~とワクワクです。

未訳のものはあとどれくらいあるのでしょうか。
とりあえず、来年にもう一冊出ることは決まっているようですが。




拍手

11月のまとめ

11月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:440
ナイス数:23

夜廻り猫(3) (ワイドKC モーニング)夜廻り猫(3) (ワイドKC モーニング)感想
モネ、ラピ&ラミーたちのエピソードが好みだけど、この巻はいろんな人のエピソードが多い印象です。そういう人に寄り添うのが平蔵さんなのですけどね。しかし、永沢さんの奥さんのお母さんが素敵な人だとわかって「なるほど!」と思えたのは収穫でした。
読了日:11月23日 著者:深谷 かほる
鳥肌が鳥肌が感想
よく考えると後からざわっとしたり、一瞬怖いけど実はなんともなかったりの話が特に好き。でも一番好きだったのは、投稿短歌の「無呼吸症候群」のやつ(笑)。
読了日:11月18日 著者:穂村 弘

読書メーター

拍手

10月のまとめ

「妖怪ギガ」、よかったです。
子どもの頃、妖怪図鑑ばかり眺めていた自分を思い出しましたよ。
確か、持ってたのは西洋の妖怪ばかりで、日本の妖怪は図書室で繰り返し借りていたような気がします。
この本で、日本の妖怪を少しずつおさらいしていきたいなあと思います。
短編なのですが、ひとつだけご主人様をお守りするクロを主人公にした連作があって、これの行く末がとても気になります。
ただ…女性の着物姿がちょっと何かが違うような気がするのです。
でも、そんなのどうでもいいくらいに2巻が待ち遠しいです。

何か月か前のミステリマガジンでコミック特集がありました。
そこで「アンダーカレント」が紹介されていました。
確か姉が持っていたはずなのできいてみたら、数か月たって他の本もつけてやってきました。
豊田徹也さんはこの3冊しか描かれていないのだとか。
出てくる山崎という探偵が、リリー・フランキーさんに見えて困ります。

武田砂鉄さんの本、好きです。
取り上げられているコンプレックスの元のいくつかにあてはまるので、興味深かったです。
天然パーマのところで、「ストレートパーマならわかるが、ふつうのパーマをかけるのは許せない」的なことを語られていて、共感しました。

11冊中10冊マンガだ!
どれも面白かったからいいんです。
「空が灰色だから」は、ちょっともういいかな…?だけど。


10月の読書メーター
読んだ本の数:11
読んだページ数:2289
ナイス数:17

空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:10月25日 著者:阿部 共実
ごはんのおとも 2ごはんのおとも 2
読了日:10月25日 著者:たな
ごはんのおともごはんのおとも
読了日:10月24日 著者:たな
妖怪ギガ 1 (少年サンデーコミックス)妖怪ギガ 1 (少年サンデーコミックス)感想
子どもの頃、暇さえあれば妖怪図鑑をながめていた自分を思い出しました。ほのぼのからキツイものまで、いろんな角度で楽しめます。クロとご主人様がどうなるのか、早く2巻を読みたいです。
読了日:10月23日 著者:佐藤 さつき
コンプレックス文化論コンプレックス文化論
読了日:10月15日 著者:武田 砂鉄
カフェでカフィを (集英社クリエイティブコミックス)カフェでカフィを (集英社クリエイティブコミックス)
読了日:10月11日 著者:ヨコイ エミ
血の轍 1 (ビッグコミックス)血の轍 1 (ビッグコミックス)
読了日:10月10日 著者:押見 修造
ゴーグル (KCデラックス アフタヌーン)ゴーグル (KCデラックス アフタヌーン)
読了日:10月10日 著者:豊田 徹也
アンダーカレント  アフタヌーンKCDXアンダーカレント アフタヌーンKCDX
読了日:10月09日 著者:豊田 徹也
珈琲時間 (アフタヌーンKC)珈琲時間 (アフタヌーンKC)
読了日:10月08日 著者:豊田 徹也
沢村さん家のこんな毎日 平均年令60歳の家族と愛犬篇 (文春文庫)沢村さん家のこんな毎日 平均年令60歳の家族と愛犬篇 (文春文庫)
読了日:10月04日 著者:益田 ミリ

読書メーター

拍手

9月のまとめ

先日の近況で書いた、妙な偶然にまだ酔ってます。
件のブログはまだ見てませんけど。

「オリエント急行の殺人」は、ブログに書こうと思っていたのですが、ごたごたしてまして時機を逸してしまいました。
が、今思い返しても、犯人を知っていてもこの展開はすごかったなあと思います。
ただ、読書メーターのミニ感想にも書きましたが、スーシェ版のエンディングのポアロの苦悩を目にしてしまうと、最後あっさり引き過ぎでは?となります。
スーシェ版は、始まりでの人種攻撃やら理不尽な暴力にポアロが胸を痛めていたことが、ラストの苦悩につながっていたのですから、それがない分、「それではこれで…」的なセリフがしっくりきているとも言えますけども。
っていうか、やっぱりこれがオリジナルだからっ!
これから公開されるケネス・ブラナー版がどうなっているかも楽しみですね。

最近、これまでとは違った意味でごはん作るのがストレスです。
ストレスというか、どうしたらいいかよくわからなくなってしまいました。
「きのう何食べた?」の史朗さんみたいに、食材の使いまわしやら何やらに嬉々とできるのがうらやましいです。
ちょっとあやかろうとして、小松菜のスープをやってみました。
目新しいことはないのに、何か新鮮でした。


9月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1060
ナイス数:13

波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンKC)
読了日:09月27日 著者:沙村 広明
きのう何食べた?(13) (モーニング KC)きのう何食べた?(13) (モーニング KC)
読了日:09月25日 著者:よしなが ふみ
恋の法廷式 (朝日文庫)恋の法廷式 (朝日文庫)
読了日:09月10日 著者:北尾 トロ
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)感想
読む前にスーシェさんのポアロで見てしまった…。確かに何の情報もなく読めることが一番だろうけれど、結末を知っていても十分に楽しめました。スーシェ版でのポアロの苦悩を思うと、ラストはあっさりしすぎと言えないことはないが、こっちが元ですから(笑)。
読了日:09月03日 著者:アガサ クリスティー

読書メーター

拍手

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]