忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「エバーウッド」の記事一覧

エバーウッド2 #29「信じる心」

ほとんど1週遅れながら見てるんですけど、どうもブラウン先生がいただけなくて…(苦笑)。
パーティーシーンで躓いたふりしてニーナが足踏めばいいのに、と本気で思いました。
今回も牧師さんに対する思い遣りのなさが実に腹立たしい。
牧師さんは積極的な治療を望まなかったが、新しい治療法もあるからと医者としてすすめるのはわかる。
でもですね、牧師さんは「見えるうちに愛する人の花嫁姿を見たい」と言ってるのですよ。
週末に結婚式を予定しているなら月曜でしょ、治療の日は。
さらに「式の日まで見えることを祈って下さい」に渋い顔ですよ。
ブラウン先生に信仰心がないのは勝手だが、患者の信仰心を「理解できない」と言える心をこっちが「理解できない」。
「デッドウッド」でスミス牧師の脳の病気に心を痛め、私の信仰心は薄いですが彼をお救い下さい、と言うドクターコクランを思い出してうっすら涙しましたよ。
前回、デリアのお友達のトルエン中毒の原因についてリンダに言われたことなんて忘れちゃってるのでしょうか。
こんなブラウン先生だもの、アボット先生が「リンダに別の人を!」と躍起になるのを支持します(笑)。
そしてエイミーにエフラムとの関係を「いつまでも待ってはくれないよ」とアドバイスできる素晴らしいお兄ちゃんブライト。
「哀しいけどコリンはいない」、何気ないけれど今後の彼らにはとても大切で深い言葉。
こんな素敵な部分を感じているのがお子様たちばっかりだなんてもったいなさ過ぎます。
牧師さんの結婚パーティーでブライトと踊りたくて小学生が列作ってますよ(笑)。

ブライトのアドバイスでエイミーはエフラムに心を開きかけましたが、偶然「その場の勢い」を見てしまい「自分のことは忘れて他の人と前に進むと約束して」と伝えてしまいました。
オニイチャンの言葉通り検定試験の前にエイミーが来ていたなら…と切なさいっぱいのダンスでした。

というように、私にとっての最近のエバーウッドはブラウン先生のなんだかなあ…なところをアボット父子が補って余りあるという感じです。

拍手

PR

エバーウッド2 #25「壁」

それぞれの進路問題。
一度は打ちひしがれたエフラムがお父さんの言葉で再挑戦する姿にこの親子の成長を見ました。
そして口論中とはいえオツムの可能性をお父さんに否定されてしまっても意思を変えずに勉強を頑張れるブライトはやっぱり素敵な子だ。
今までやらなかっただけで実は…なんてことに? 
コリンの死を利用するようなことはしたくない、そんな心を持てる子なら勉強なんてできなくたって私的には一向に構わないんだけど(笑)。
アボット先生はブライトを気にかけていないのではなく、フットボール推薦が頭の中に出来上がってたのでしょうね。
だからつい娘が心配ってことでは?
第一希望の人生は絶対にかなわない、そう思われていることへエイミーは応えられるのかしら?
ブライト兄ちゃんは新しい可能性に挑戦し始めましたよ。

ドラマの中のことなのに、豊胸娘のイイグサにムカッ!ときた。
誰かを殺した医者だと思うなら診てもらいにくるんじゃありません。
エバーウッドにはもう一人お医者さんがちゃんといるのですから。
でもアボット先生がブラウン先生を医者として元通りにするきっかけとなったのだからまあいいか(笑)。

拍手

エバーウッド #24「夏の終わりに」

町のみなさんの反応は残酷。
子ども同士では仲良くしてるのに親が入るとだめだなんて、よくも悪くも小さな町の親密さを感じました。
エイミーがコリンの死をブラウン先生の責任だと思っているのは町のみんなのそれとはちょっと違うと思う。
「一度助けられたのだから今度だってできたはず」という根拠のない信頼が裏切られた感じというのが町のみなさんだとすれば、エイミーはそれプラス延命拒否の取り決めを自分が知らなかったこと。
知らなかったから、ブラウン先生が力を出し切らなかったのではないか?と疑念を持ってる。
疑念というより感情をぶつける悪人が欲しいんだろうけど。
「感情を出してくれるだけいい」とアボット先生の言うようにいい方向への通過点であるならそれでいい。
コリンに夢中すぎるのが鼻につくエイミーですが、今シーズンは彼女がブラウン先生やエフラム、そしてコリンの気持ちを受け止められるようになって欲しい。
だって、エイミーはアボット先生の娘でブライトの妹ですよ(笑)。
それにしてもエフラムは大人だ。
S1終盤のエバーウッドに来た理由の件はもっと早くても遅くてもだめ、あの時でなければならなかったのだな、と改めて思う。
「町のみんながお父さんを責めているからイヤなの!僕も肩身が狭いじゃない!」ではなく、「自分のせいではないのに閉じこもっているお父さんが許せない」ですよ。
ブラウン先生はこれから何でもエフラムに打ち明けた方がいいかもしれない。
追悼式で言葉を述べられたのもエフラムの言葉があったからだと思うもの。
そうなるとまたエフラムの役が増えてしまうけど(笑)。
追悼式で町のみんなのブラウン先生へのしこりは解けたようだがエイミーだけはだめだ。
エフラムの「時間が経てば…というのは嘘」を聞いてもだめだ。
それでも「エフラムとは友だち」って言えたことを希望と思いたいけど、冷静に考えればやっぱり拒絶なのかなあ…

随分と待たされたけど、アボット先生もそのままに再会できて本当によかった!
ブライトが小学生女子に大人気なのも(笑)。やはり子どもは同じ匂いがわかるんだな。

拍手

エバーウッド#23「最高の思い出」

やはり心が揺れていないはずはなかった。
コリンは手術を受けることを決意。
必ず戻ってくると信じながらも、みんなが何かしらの想いを抱いています。

拍手

エバーウッド#22「悪魔の予感」

あっちこっちの心のすれ違いは終息に向かってますが、ご両親、このまま放置で悔いはないのか?

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]