忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「THE BRIDGE」の記事一覧

THE BRIDGE3 #10「セカンド・チャンス」(終)

前話で出て来た犯人らしき男が、そのまま犯人で正解でした。
でも理由はちょっと違ってました。
「息子がいるのにまだ息子が欲しいのかっ!」ではなく、「自分が生まれたことが間違いだから、それを含めて間違いを正す」でした。
ひどい里親、彼らのところに送り込んだ保護司、脱走を連れ戻したハンス、虐待を続けた男、そして何より自分に生を与えたフレディ、というわけです。
「復讐ではない、間違いを正す」というのが闇の深さを物語っていますが、一番連続殺人の意味を知って欲しかった男フレディには最後の最後まで伝わらなかったようで、彼の努力が報われなかったというか…。
すんでのところでサーガとヘンリックが間に合い、フレディ、赤ちゃん、エーミルも助かりましたが、エーミルは「正して終わらせる」ことが目的なので、わずかの隙をついて完遂。
これが、お母さん事件で起訴の可能性もあり、初めて葬儀に参列し、エーミルを助けることをためらったサーガを精神的に追い詰めました。
しかしそれを救ったのがヘンリック。
彼自身、奥さんの遺体だけが見つかったことで精神のバランスをさらに崩し、過剰摂取で倒れたりしたのに、です。
リリアンからの報告受けて、奥さんと子どもたちが一緒でないことが相当こたえたようです。
三人一緒だと思うことが拠り所でもあったわけです。
そんなたいへんな時期でありながら、警察官サーガを引き戻す、すばらしい呼びかけでした。
ラスト、車中で視線を交わすふたりでしたが、今後、お母さん事件がどうなろうとヘンリックがいれば大丈夫、ヘンリックもどんな結末がきてもサーガがいれば大丈夫、そんなやさしいエンディングでした。
傷をなめ合うような展開はいい結果をみないものですが(決めつけ?)、この二人だとそうは感じないのが不思議です。
マーティンとはまた違った心の通い合う人をみつけた、そんな感じでしょうか。

と、これでS3お終いです。
話は続いてもよさそうですが、スパドラのHPで「これがおそらくシリーズ最後になるだろう」とクリエイターが語っていたとあるので、それでいいような気がします。
ふたりの今後を脳内で描く、そんな終わりでいいじゃないですか。
S3の事件そのものは、エーミルひとりでは無理があると感じるのはもちろん、葬儀屋さんとか、娘がいじめられている活動家(いじめられている原因はあなたでは?)とか、ミスリード目的臭が強くてちょっと…でしたが、サーガがヘンリックと出会えたことが一番大切だったように思うので、問題なし!とします。



以下、余談です。
ほめまくりのヘンリックですが、最終話にしてちょっとまずいところを発見。
歯ですよ、前歯、ずいぶん間が空いてましたよね…びっくりしました(笑)。
いや、そんなのどうでもいいですけど。

ラスムスです。
彼がもう一度出て来た意味が不可解です。
確かリンは「私の覚えめでたき優秀な刑事」みたいに言っていたと思いますが、その彼に「応援を待てといったのに、それくらいのこともできないの?」と怒ってました。
だからサーガがそう言っていたじゃないの。
ハンスが彼を突き飛ばしていたのは、そういうところを知るからこそだったのかもしれませんね、自分の悪事が暴かれそうだからとかではなく(まだハンスを疑ってるのか、私)。
ラスムスは恥の上塗りのためだけに出て来たのでしょうか。
それとも、リンがサーガを信用できるとする理由のひとつにするためだったのでしょうか。


6月6日追記
スパドラのHPではS3が最後になるらしいと書いてありましたが、さんたさんのブログで継続か否かは決定していないが、作られてもS4までという情報を教えていただきました。
スパドラが載せた後にリリースがあったのかもしれませんね。
S4があるとすれば、サーガとヘンリックの物語を完結させるためでしかないですよね。
それと、紹介されていた記事によると、マーティン役の人は製作側との意見の食い違いで降板となったようです。
もうあの二人は見られないのだな…と思うと、ヘンリックを大切にしていただかないと!

拍手

PR

THE BRIDGE3 #9「息子」

やっぱり、エーミルかっ!
「兄弟」の意味は、フレディが人工授精クリニックに精子を提供した結果の「兄弟姉妹」ということだったようですね。
「人工授精で子どもを何人も授かってるのに、さらに血縁子を欲しがってんじゃねえよっ!」ってことですか。
でも、フレディは何歳の時からそんなバイトしてたんですか。
優秀な遺伝子は積極的に受け継いでいただかないと、という驕った方だったのでしょうか。
エーミルたちの里親は、補助金ほしさで次から次へと子どもを受け入れていたよくない人たちだったかもしれませんが、きちんとお医者さんになっている人もいて、なんだかほっとしましたよ。
でも、エーミルとか葬儀屋さんとかも確実に育ててしまったわけですからね。
なるほど!な要因があらかた揃ったので、最終話でのエーミル、もしくは犯人(まだ疑ってるのか、私)が説明してくれるのを待ちたいと思います。

ということは、クラーエスは何ですか?(笑)
ただの、嫉妬心滾らせ男だったのですか。
スコップ持って意味深に現れてみたり、ミスリードがすぎるというものです(笑)。
あれってお父さんを埋葬するために買ってきた、ということなのかもしれませんね、ピカピカだったし(自分で掘るのか?ということは置いておいて)。
葬儀屋さんもただのストーカーで、それならクラーエスとお似合いじゃないですか。
でも、葬儀屋さんも監禁されていたわけですから、何かしら事件に関与していたのでしょうかね。

それにしてもフレディ、金持ちだから高くていい服を着ているはずですよね。
でも、それを感じさせない、休日のお父ちゃん的な雰囲気があるので、鼻持ちならないところがあっても憎めません。
特に、カーデガン姿ですよ。
肩の丸みが強調されて、かわいさすら漂ってます(笑)。

今回のサーガとヘンリック、やっぱりいい感じです。
ごはん食べたり、泊まるのがふつうのことに見えます。
でもそれが、ヘンリックの奥さんだけが戻ってきていないことの理由なのかも…と思うと切なくなります。
「どうしてテレビをつけてるの?」に「子どもたちが戻ってきたから…」とか、他のドラマだったら泣いてるセリフだよ…。

ヨアン、地味だけどいい役ですよね。
サーガと一番付き合い長いから、接し方もやさしいです。
前のエピソードで、調べた画像をヘンリックに見せる時、さりげなく「ココに座って」と示しているのも、ヘンリックの表情と合せてステキなシーンでした。

拍手

THE BRIDGE3 #8「第一容疑者」

クラーエスのスコップ、あれは葬儀屋さんを片付けてきたってことですか?
葬儀屋さんが一連の事件に関わっているのとは無関係に、ストーカー行為と父親殺しの口封じのためになのでしょうか。
でも、クラーエスは元嫁の妊娠偽装を知ったら即売ってましたからね、フレディへの復讐心はメラメラのようです。
これまで、フレディ周辺でも低体温気味だと思っていたら、何かをつかむチャンスをうかがっていただけなのでしょうか。
だとすると、葬儀屋さんを操っていた可能性もアリです。
黄色い車を乗り回してパソコン奪還していた人は男性にしか思えないし、身重のシャネットを誘拐するにしてもそうですし。
でもそんな偶然、ありかしら?

突然出て来た里子たちも…これが「兄弟にやられた」の真相なのでしょうか。
殺人兄弟ではなく、里子兄弟だったとか。
確かに、エミールと葬儀屋さんと同じ里親宅にいたという人、何か含んでいそうでしたからね。
でも、里親でもないかぎり彼らを称して「兄弟」なんて言うかしら?という疑問も。

ハンスはお亡くなりになりました。
最期のお別れで、サーガが彼をひっぱたくのは最大限に感情をぶつけたというか。
S2事件でハンスを疑っていたのですが、これで真相がわからなくなった、というか見当違いだったのかな?と。
でも、エミールはハンスの写真を見て「知らない」と言ってましたが、見ている「間」をなんとでもとれるような気もするし。

あと2話で答えはわかる、ということで。
確かに、事件の動機やら何やらは知りたいですけれど、それよりもサーガとヘンリックの思いやり具合が見られればそれでいい、そんなS3になりつつありますってもう終盤だけど。

拍手

THE BRIDGE3 #7「最後の一人」

人、死にすぎ…。
情報提供者でしかないと思われていたフレディの美術館職員が、急に重要参考人となりました。
もうこれで決まりそうですが(もう7話だし)、そうでは収まらないのでしょうね。

シャネットのお腹の子の父親は、フレディでいいのですね?
奥さんは特に血のつながりを気にしているようで、ふらふら歩いてるシャネットを責めてましたけど、奥さん、あんたの方が迂闊だからねっ!
海外ドラマや映画を見てるとよく思うけれど、何故にみんなカーテンを使わないのでしょうか。

サーガのお母さん事件は、お母さんが仕組んだのかしら?
「脅迫」の正体が真相なのはわかりますが、内務の人が人当たりがよすぎるだけに気になります。
ラスムス程度の人なら思いっきり敵にできるのに。

ヘンリックのパート、切ないです。
「奥さんと子どもが出て来ない」って。
サーガの言うように、ヘンリックの心が決まってきたからなのでしょうか。
このふたりの関係が好きなので、サーガと出会えたことがよい方向へ向かったのだと思いたいです。
なので、クスリが見つかりませんように。

ところで、ハンスは脳死状態だそうです。
でもさあ、ちょうど通りかかったとはいえ、廊下で立ち話ですませることかなあ?
このドクターも、サーガの内務の人みたいに、人当たりだけがよすぎて無神経です。

画面の明るさ、もうこのままなのでしょうね。
せめて、シーズン最初からだったらそれほど気にならなかっただろうに。
あまりにも明るくて、会話してる人たちが「口パク」に見えて仕方ないです。
いや、吹き替えなんだから「口パク」なんだけど。

拍手

THE BRIDGE 3 #6「コレクション」

ちょっと内訳(笑)が混乱してます。
フレディ・ホルスト(ブク大臣)につながることが多いということがわかってきました。
でも、そういうのってたいてい本人が画策したわけではなく、仕組まれてますからね。
フレディは悪人そうですけれど、一連の事件を計画してはいなさそうに思います。
シャネットに対してもやさしそうですから。
単に、奥さんにうんざりしてきただけだったりして。

サーガのお母さんが自殺って、信じられません。
「脅迫」というのも何のことだか。
ラスムスとの面談後というあたり、彼の無神経な発言があったのでは?と推測したくなりますけども。
自殺なのかなあ…?サーガへの嫌がらせの可能性も捨てきれないなあ…と、ナナメに見てしまいます。

自殺と言えばもうひとり。
ベンヤミンの手がバスタブにつかってない!と言いましたが、もう片方の手がつかっていたのでしょうね。
また、不倫画像の流出はベンヤミンからのメールでカメラマンが動いたとのこと。
今は、本人ではなさそうとしか言えませんね。
ところで、ヨアンの子連れデートの相手って、この女性カメラマンだったの?
そんなつながり、後に意味あるのでしょうか。

ちょっと今回のエピソードと話はそれますけど、私、S2の事件の黒幕としてハンスを疑っていたのを思い出しました(笑)。
人影と声がハンスっぽかったのですよね。
そして、ラスムスを必要以上に毛嫌いしていたのも、他の人には想像つかなかった真相へのヒントを彼自身もそれとは知らずにつかんでいたからなのでは?と。
今回ラスムス再登場も、ノレーン家の過去の事件を洗っているはずが根っからの余所見体質で、何か真相に近づいてしまうのかしら?と思ってみたり。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]