忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「HOUSE」の記事一覧

HOUSE5 #9「Last Resort」

久しぶりに見たHOUSE。
もちろんゲストのZeljko Ivanek 目当て。
この2年間で16人の医者にかかったが病気が特定できず、自棄になって一番腕のいい医者に診断させようと銃を持って患者、看護師、医師を人質にして立てこもる男ジェイソンという役。
わあ、本当に病人みたいだ(笑)。
呼吸困難、動悸、胃痛、不眠、発疹…とあらゆる不快な症状を訴えるジェイソンの主張は「とにかく病名を知りたい」。
その結果、刑務所に入ることになっても、刑務所で腐っていくならそれでもいいと言ってますよ。
どこが悪いのかはっきりしないと保険も下りないとか、仕事に集中できずに花形プロジェクトを下されたとか、そんな背景も想像できますが…そんな無茶な!というのが正直な感想。
ゼルさんが演じるならなおさらです(笑)。
ラスト、フロリダに行ったことがあることから類鼻疽との推測で、抗菌薬が効果を表し、深呼吸できるようになり、満足そうな顔をハウスに向けるジェイソンを見ると、本当に「知りたかっただけ」のようで如何とも…。
家には戻らないつもりで片付けまくっているのも、何事もきっちりしていないと気が済まないというジェイソンの性分だったのかもしれません。
その性分で人質になった人たち、中でも命の危険にさらされた女医さん(ハンチントン病なの?)は災難でした。
病気を特定するために用いられる薬の実験台にされ続けるのですから。
この病気の女医さんが予期しない死との対面で、病気に立ち向かう決心をさせるというエピソードだったのかもしれませんね。
ジェイソンはそのために登場したのだと思えば、無茶も仕方ないか。

立て籠もりの緊張感あふれるエピソードなのに、弱々しい呼気でライターの火が消せない、ほっぺたを膨らませてみろと言われてぷぅ~っとしてみたり、とかわいい部分も堪能できました(笑)。

拍手

PR

HOUSE3 #1

S2最終話がほとんどハウス先生の幻覚であったのと同じようにこれもそうなのでは?と思えるのですが。
足の回復もそうだけれど患者の前に姿出しすぎ(笑)。最後の最後に登場して「あなたは…?」と言われてこそのハウス先生なのに。撃たれたことと麻酔の効果で足の痛みを感じなくなったからこその変化といえばそうなのでしょうが。
ヨガの先生はともかく、脳腫瘍の手術後車椅子生活になった男性の話は切ない。本人の中では思考も感覚もはっきりしているのに伝える方法がないなんて。ホルモン注射で手足が動かせるようになった理屈はわからないが、カディもウィルソンも「偶然」を強調しているからそれでいいのかな。
ハウス先生も彼と同様に希望をもったはず。だから走るし、スケボーをするし、キャメロンにフェイントもかます。しかし痛みが再発。ウィルソンの言うように筋肉の使いすぎだと思うけど。もともと手術で筋肉とられてるのに40代だもの。それでも筋肉痛かそうでないかの感覚は本人にしかわからないのだろうからなあ。
ドラマで見たのか本で読んだのか忘れたが長年の誤診が判明(あるいは長患いの突然完治)し、解放感と同時に今さら言われてもその間の自分は何だったのか戸惑うというのを見た気がする。
ハウス先生も仕事に復帰して杖なしで仕事をする自分に戸惑って、ない痛みを感じているのかもなあ、という気もする。オフィスの床の血の跡も原因かも(カーペットくらいカディに頼んで取り替えてもらいなさい!笑)。自分でバイコデンの処方箋を書くあたりかなり深刻か。でも筋肉痛説を支持したいな。
復帰初日の患者選びも車椅子男性患者の見立てが正しかったことを隠すのもウィルソンなりの友情なのかな。褒めるだけではためにならない、と。
あれこれ試したがるハウスにみんな否定的だったけれど今までだってそうじゃないのかな?患者の病状と検査オーダーのバランスがおかしいということなのかな。
で、検査を指示するハウスにフォアマン「ノー」、キャメロン「ノー」、チェイス「何ミリで?」。オチですよ、チェイスはオチに使われてますよ。頭でボールも弾まされてたし。復帰初日のハウスの肩をぽんぽん叩いて歓迎を示すっていうのも空振り。初っ端がこれだもの「名探偵モンク」と続けて見たせいでチェイスがディッシャーに見えて困りました。

拍手

HOUSE2#24「幻覚」

今度こそ本当にS2の最終回。何か…すごかった。

患者の病状会議をしていると男が入ってきてハウスを銃で撃つ。男はかつての患者の夫でハウスの根掘り葉掘りの問診が夫婦の不和をもたらし、妻が自殺したことを恨んでの犯行。ハウスは手術で助かり、入院着のまま仕事に復帰。痛い脚は楽になったがチームとの会話に違和感を感じ、幻覚症状に悩む。

結局はそういうことだな、というエンディング。ハウスが撃たれたところまで本当、これから手術というところでのクリフハンガー。脚の痛みがないのも、幻覚も、患者の恐るべき症状もすべて痛みにうなされて見た悪夢。
ほっとしたよ〜。幻覚で診察ができないハウスも困るけど、あの舌が腫れた患者さんの病状が本物でなくてよかった。舌が腫れて口に納まらず、脳圧が上がりすぎて目玉が飛び出して睾丸破裂、それでも原因がわからなくて死にかけているなんてかわいそうすぎるもの。あっ!もしかしたらハウスの手術が終わったらそうなってる可能性も?キャー!
チーム内の話でチェイスが医者のような優秀な発言をしているのが気になったが、それには悪夢というからくりがあったとは。チェイスに冷たかったという罪悪感があるのかな。チェイスだけに限らず、チームが従順だったり、キャメロンへのセクハラ手術(?)があったり、痛みもなく歩けることへのとまどいみたいなものがあってハウスの内面の複雑さがみられたような…?
ハウスを撃った男は悪夢通りの素性の持ち主なのかな?だいたい冷静に考えれば、空きがないとはいえ犯人と被害者のベッドを並べておくはずないな。
撃たれる前、患者がうまく喋れないのを面白いから同じ質問を繰り返してやった、というのは本当にあったことでいいのかな?フォアマンの言うとおり、かなりの性悪だ。
さて、来期は術後のハウスから始まることになるのでしょうが、ケタミンの効果と副作用はどうなってるでしょうか。その前にカディが使用を許可するかどうかだ。そしてあの患者の舌の腫れがひいていることを祈る。

拍手

HOUSE#23「父親探し」

シーズンファイナルなのですね。12月も見る気でいました(笑)。

12月1日追記
シーズンファイナルというのは私の勘違いで、次回が最終回です。驚かれた方、申し訳ありませんでした。
教えてくださったjosetangelさん、ありがとうございました。

拍手

HOUSE2#22「罪悪感」

フォアマン復帰はめでたいけれど。人を心配させておいて!(笑)
罪悪感ってのは、患者夫妻、キャメロン、チェイス…?
ハウスは少なくとも表向きは感じてない(笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]