忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

HOUSE#23「父親探し」

シーズンファイナルなのですね。12月も見る気でいました(笑)。

12月1日追記
シーズンファイナルというのは私の勘違いで、次回が最終回です。驚かれた方、申し訳ありませんでした。
教えてくださったjosetangelさん、ありがとうございました。

ハウスの古い友人クランドルの16歳の娘が飛行機で発作を起こし来院。しかしその血縁関係に疑いを持つハウス。カディは精子バンクを利用しての体外受精を決意。

クランドルは娘に3日前に会ったばかり。カトリーナの被害で母親を亡くし、父親と聞かされていたクランドルを頼ってきたらしい。
ハウスが娘に追及した「嘘」とは被災時にどこにいたかということ。シェルターとスタジオでどう違うのかよくわからないが、病気の特定と治療が可能になり助かる見込み。
内密で行った鑑定結果によると血縁関係なし。血色素症らしいので本当の親子だと思ったんだけどな。それでもハウスは娘に「親子だ」と告げる。娘が主張するのは「嘘」ではなかったのではないかな?と思う。母親に聞かされたまま信じていたのではないかな。幸せな親子が誕生するのならそれでいいじゃない。
クランドルの人の良さにほろっときた。親子だと認定されても疑いを持ったという事実が嫌だ、と鑑定を拒否。愛した女性の娘なのだからと父親になる決心が全身から出てた。PTSDごと受け止めてあげてほしい。

カディが精子バンクの候補をハウスに見立ててもらうなんて迂闊(笑)。その証拠にドナーを病院の面接と嘘ついて連れて来ちゃいましたよ。釣り書きは上等でも会ってみたら…ということを言いたかったんだろうけど。「好きなヤツの子を産め」と進言。クランドルのことと重ねて親子に大切なのは何なのか考えさせられる。
後日、ハウスに正装して(神妙だったからそう見えただけ・笑)「ありがとう」とお礼を言うカディの決断は…?次シーズンに続く?

異動を願い出ていたチェイスも何もなかったような顔してチームに戻ってるし、フォアマンも反対意見を唱えるし、キャメロンはキャメロンだったし、いつものチームに戻っての終了でめでたし、めでたし、かな?
ハウスの足の痛みはひどくなっているようだけれど。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by josetangel
  • URL
  • 2007/11/30(Fri)15:46
  • Edit
シーズンフィナーレは来週ですね。
今回はハウスはよほど足が痛くて、ストレスが溜まって今まで以上に患者の「嘘」に固執してしまったのかなと思いました。

> PTSDごと受け止めてあげてほしい。

そうですよね。実の子であってもそうでなくても時間をかけて「親子」になっていくのでしょうね。
クランドルの言葉がそのままカディに向いたかも知れないですね。

無題

  • by yasishi
  • 2007/12/01(Sat)08:59
  • Edit
◇josetangelさんへ
>シーズンフィナーレは来週ですね
12月も見る気でいて正解だったのですね。FOXのエピソードガイドを見たら「父親探し」でストップしていたので、これで終わりなのかと勘違いしました。
最終話を見逃すところでした。教えていただきありがとうございます。

ハウスの足の痛みはどこからくるのでしょうね。以前、カディに生理食塩水の注射をしてもらって落ち着いたように心理的なものなのでしょうか。それにしては今回深刻そうでした。

TRACKBACK

Trackback URL:

Dr.HOUSE(HOUSE,M.D.)2 #45Who'sYourDaddy?

  • URL
  • 2007/11/30(Fri)
「父親探し」ハウスに長年の友人(音楽評論家?)がいたとは驚きです。20歳頃、ハウス自身ピアノを弾き音楽活動をしていて、憧れていたジャズピアニストの娘とバンド仲間のクランドルが付き合って生まれた娘が、その後ハリケーン・カタリーナの被害に遭い、母親を失って...

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]