忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「ニュー・トリックス」の記事一覧

ニュー・トリックス12(終)

ようやく見終えました。
最終話の放送からだいぶ時間がたっているので大丈夫と思いますが、ネタバレかもしれないので以下ご注意願います。







若かりし頃のジェリーの事件、新メンバー加入、スティーヴの金欠、ダンがフィオナの栄転について行くか?と、今シーズンもいろいろありました。
その中、最後にUCOS解散の危機も告げられ、ああ、解散でおしまいかあ…と寂しくなりましたが、そこはいろいろ裏を嗅ぎ取るのが得意なストリックランドのおかげで乗り越えられました。
が!
なんと、現メンバーで残る人がひとりもいないという意外な結果です。
サーシャは他部署へ、ダンはフィオナの転勤に付いていき、スティーヴは探偵、テッドは当初の予定通りパットとキャンピングカー旅行…とのことです。
最後、さらっと言ってましたが本当のことでしょうか。
特にダン。
彼はその少し前に、フィオナに「娘との関係は無理そうな妻を残せない」と訴えてましたよね。
それがあっさりと栄転について行くとか、拍子抜けしました。
スティーヴの探偵もそうです。
金欠なのに、息子と海外とか、信じがたいなあ…と。
あれ、他部署への異動&出世をためらってたサーシャを気遣ってたの?と思いさえもしました。
出世をためらっていたサーシャも、突然受け入れたり、不自然といえば不自然な気もします。
もしかして、メンバー全員相手側を気遣った結果なのでしょうか。
これ以降作られていないようなので、これでおしまいにするためにまとめちゃったのかなあ…とも考えますが、このドラマらしいようならしくないような、すっきりまとまったような釈然としないような、不思議な気持ちでいっぱいであります。

そんな中、空いた席にストリックランドが昇進するというちゃっかり具合は、とても納得がいくものでした。
この人、本当にちゃっかりしてますよね。
いつぞやも、ヨットクラブの会長関連の事件を調べさせ、会長を失職させ自分が後任に就いてたこともありましたよね。
それと同じで、「さすが!」と言わずにはおれませんよ。
しかし、万年副警視監だったのに警視監になるとは。
やっぱりこのドラマはここでお終いなのですね。
出世したストリックランドなんて「ニュー・トリックス」には似合わないですから。

オリジナルメンバーの頃には及ばなかったかもしれないけれど、楽しみにしていたので残念ではありますね。
でも、ジェリーに代表される、メンバーの送り出し方もきちんとしていたような気がして私は好きでした。
ほら、いろんなドラマでは、やたらと殉職させるじゃないですか。
特にこのドラマは「高齢」がキーワードでもあるので、現場でなくてのそういう退場がチラチラしているのに、そうはならなかったですからね。
面白かったんだから、このままAXNミステリーでも最後まで放送してくれればいいのに、と思います。

拍手

PR

ニュー・トリックス12 #1&2「Last Man Standing」

ジェリーの最終エピソード、ようやく見ることができましたよ。
若い頃に巻き込まれた警察内部の汚職に、時を経て当時の事件の容疑者がジェリーとなるよう周到に準備されていたとは…。
それをUCOSがチーム一丸となって濡れ衣を晴らすという、本当のシリーズ最終回でもいいんじゃないかと思えるエピソードでした。
年齢的には悲しいことがあっても仕方ないだろうに、このシリーズは、退場させる時も悲壮な話はないですからめでたい解決を想像してました。
それが!まさかのお葬式!
そんな…と思わせてのエンディングはすがすがしくさえありました。
っていうか、ストリックランド、UCOS好きすぎだろ(笑)。
ギャングの大物逮捕にジェリー、スティーブ、ダンと一緒に向かってるの、UCOSの若手新人だったよ。
若い頃から血気盛んで不正には牙をむく、そんな正しい警察官ジェリーがみられてよかったです。
同時に、「11年一緒にやってきて彼が犯罪を犯すとは思えない」と、具体的な根拠なくジェリーを信じ、あんなお膳立てをしてみせるストリックランドもよかったです。
ダンに「具合が悪そうだな」と早退を促したり(早退を願い出たスティーブには「君は元気そうだ」・笑)、とにかくこの話は忘れろとか、ここだけのことだというのが多くて、サンドラによく叱られていたシリーズ最初の頃を思い出しました。
そして、スティーブが犬を飼い始めたとか、犬の話題で原点回帰!と、ファン心理をくすぐる演出だったとしか思えません。
本当にそう思ってしまったけど、最終回じゃないですからね。
あくまでもオリジナルメンバーのジェリーが最後だったというだけで。
こんなに喜んじゃって、#3から、私、大丈夫でしょうか(笑)。


拍手

ニュー・トリックス11 #5「失われた川」London Underground

捜査に行き詰っているサーシャの元夫が、ストリックランドを通じて手を借りに来ましたが、「あくまでもこの被害者が証人だった過去の事件を捜査するのみ、逐一報告」とどこか高飛車。
被害者のブログも見つけられなかったとか、間抜けすぎでしょう。
被害者が証人だったのだから、どこかでつながってしまうのもないわけではないのに「こっちの事件に手を出してくるな」とわからず屋もいいところです。
確かこの前は、よりを戻したいともとれる接近を試みていたのに、です。
個人的な悪態を吐いたサーシャを支持し、このままの捜査を言い伝えるストリックランドは大人に見えましたよ(もともと大人だけど)。
しかし、きちんと警察組織の人間で「今度上司にあんなことを吐いたら居場所はないぞ」と釘を刺すことも忘れません。
UCOSのメンバーチェンジもあったせいか、ストリックランドが頼りがいがあるようにみえてなりませんよ。
「彼もそのうちUCOSだな…」なんて思った自分を誰か叱って下さい。

フリート川をたどる様子は、どこか「ブラタモリ」を見ているようでした。

拍手

ニュー・トリックス11 #1「わが街 Bermondsey Boy 」&#2「傷の疼き Tender Loving Care 」

新シーズン、始まりました。
今回は週1話ずつでたいへん助かります。

わが街
ジェリーの古い友人が、服役中だった時の孫の転落死事件再捜査を頼んできました。
この友人の奥さんがジェリー元彼とか、娘の結婚相手が気に入らないとか、ジェリー主役でした。

傷の疼き
外科医の家庭に育ち自身も外科医のリディアが自宅アパートで殺された事件。
近所の子どもと隣人の目撃証言から再捜査となりましたが、家族の秘密(リディアの出生&妹の怪我)、患者を死なせてしまった手術…と謎を呼びましたが、最終的には理想的な家族を得たかった同僚の偏執的感情だったということでしょうか。
理想的な~と言うにはあまりにも一方的に地位だけを狙っているようなものでしたけれど。

で、この新シーズンですが。
なんですか、UCOSの仲良しぶりは(笑)。
確かに、仲が良いから言いたいこと言った結果のようなプチ喧嘩はありましたよ。
よくパブに行ったり、食事会したりとかも。
ですが、このシーズンだとみんなでビリヤード行ったり、ダンが元気ない理由を聞きだし、元気づけるために「お楽しみボックス」やってますよ。
これさあ、ダンにかこつけて自分たちが遊びたいんだよね。
サーシャが元夫に意見されてる時も、ナイト然としてましたよね(特にジェリー)。
紅茶絶ちしていたサーシャに、事件解決のお祝いとしておいしい紅茶をいれてあげるとか、仲良きことは美しき哉、ですが。
またそのうち、小さなことでもめてみせるのでしょうね。
そうすると、こういうところがまた楽しくなるのかも、と思います。
ところで、このドラマの目の保養(笑)、ストリックランドは出ないのですか?
と思ったら、次回出ますね。
楽しみにしておきます。

拍手

ニュー・トリックス10 #9&10(終)

#9「掘り出された殺意」
サンドラの後任としてサーシャ登場。
「新入りは上層部のスパイ」だとか、「チーム内に受け入れてもらえない」とか、張り合うような探り合うような微妙な関係でスタート。
でも、結局は夜の市民農園に忍び込むという、無意識に同じ道を選んだことでOKということになりそうです。
この事件、#6&7に出て来た戦争犯罪捜査の人向きだったみたいだ。

#10「無謀なる正義」
尊敬される医者の見下げだ根性と、疎まれるギャングの愛情と、二つの正反対の出来事がサーシャを苦しめました。
かつて、サーシャの相棒を殺したのはギャングのモンローの組織。
刑務所に入っていてもらいたいけれど、警察官として曲がったことはできないと苦渋の決断をするサーシャでした。



#9ではぎくしゃくしていたメンバーと新入りサーシャですが、#10のお終いではサーシャの気持ちを汲んだメンバーが、当該事件では犯人ではないモンローは釈放されたが、サーシャの相棒事件でしっぽをつかんでやるぞっ!とすでに次の事件にしていました。
チームはまとまった、ということですね。
#9と#10の間で、サーシャは即行離婚したようなので、これもまとまりの要因だったりして。
まあ、警察官同士の夫婦でうまくいってるなんて不自然だしね(笑)。

ダンの奥さんの話も出ましたね。
離婚しての死別か、入院中では?と想像しましたけど、入院中の方でした。
精神病院とは予想しませんでしたが。
これはジェリーもスティーブも初耳だったようでしたね。
そういえば、ダンだってUCOSに来たばかりだし。

スティーブの息子の話は…どうなんでしょう?
じゃあ、この前ラグビー見に行った時どうして気付かなかったんだよ?
この前の子と別人だったのかしら?と調べてみたら、同じ子でした(笑)。

ストリックランドは相変わらずストリックランドでした。
マスコミに情報漏らしておいて、上層部には「どこから漏れたんでしょうね」ですから。
以前にも、上への仕返しにそんなことしていたような覚えがあります。
結局彼は策士で、でもこれ以上の出世はなさそうな、そんなところがたいへんに好感もてます(笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]