忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「プリズン・ブレイク」の記事一覧

プリズン・ブレイク #1「マイケル」 Pilot(再)

NHK BSプレミアムで始まったPB、第1話を見てしまいました。
ちなみに、日本テレビの放送を見ていた時は、3話まで様子をうかがっていたようでした

シリアスな脱獄サスペンスだと思っていたので、気付かなかった部分も多々あった。
イレズミ終わって、銀行強盗決行前夜、刑務所潜入計画のために集めた資料をバーッと剥がすところ、アブルッチやサラ先生の周辺記事もちゃんとありましたね。
ここ、後で出てくる人の情報だなんてわからなかった、一瞬だし。
サラ先生が「博愛なんとか」ってあるのはかわいそうでもある。
初回からウェストモアランドさんのお金を使おうとしていたのもびっくりだ(忘れちゃった?)。
自信満々に、「脱獄後の逃走資金も手助け要員も、計画バッチリ」というマイケルは、生意気であると同時に痛ましい(笑)。
フォックスリバー改装時に、内緒の下請け依頼が来て「自分もタイルを貼った」みたいなことも楽しそうに言ってましたね。
そうか、タイル貼ってたのか…安普請部分も計画の内だったのか…って建築検査ないのかよっ!
一番すごいのはやっぱりイレズミ。
刑務所入る時の身体検査では、みんながパンツ一枚姿を披露するのにマイケルだけそれがなかったのは、カワイコちゃんは脱がせないわけではなく、第1話の最後に全身イレズミのインパクトを持ってきたかったからなのですね。
でもさあ、入所の時に私たちに見せなかっただけで同期(笑)や刑務官の目に留まらないわけないよね。
目にしたら絶対時の人だって(笑)。
設計図を書き込んだというが、CGで浮かび上がらせたからこそ設計図だけれど、本人にしかわからないでしょ。
そういえば、痛い思いや費やした期間ほどは役に立たなかったような印象がある。
あれが脱獄計画の一番の自信作みたいで、兄ちゃんに微笑んでご披露するわけですが、もし私がリンカーンだったら「冤罪だけどもういいです、弟がどうかしちゃっているので弟を助けて下さいっ!」って言うかもしれない。
幸いなことにリンカーンは驚愕の表情止まりだ。

再見して、へんてこなところを力技でねじ伏せていたということがとてもよくわかった。
でもこれはドラマに必要なエネルギー。
だからこそS2途中までの輝きがあるのです(残りは?・笑)。
やはりとても素晴らしいドラマだったと再認識。
時間の都合上、これでもう見ないと思うけど、初見時の損した部分を取り戻せたと思うので満足だよ。
ありがとう、マイケル。
私が見なくても頑張ってくれると信じているよ。
そして、君はとにかく生意気な新入りだったということがよくわかったよ。

拍手

PR

マイケルと再会という不測の事態(笑)。

NHK BSプレミアムで4月から「プリズン・ブレイク」が放送されるらしい。
たいへん楽しんだこのドラマだけれど、初期の頃は楽しみ方がよくわからなかった。
シリアスなのか?、笑っていいのか?、と。
つっこんで笑っていいのだと判断してからの楽しさは忘れられない。
特にS1~S2の前半くらいですか(笑)。
なので、中途半端な視点だったS1前半を取り戻すためにもう一度見ようかしら(笑)。
そんなこといってもHDDさんのお腹の空き加減次第…。

ところで、最近のNHKはどこかで放送されたものを持ってくるのが目につきますねえ。
「グリー」、「キャッスル」、「リゾーリ&アイルズ」、そして「プリズン・ブレイク」。
確かに「キャッスル」はありがたかった。
何でFOXでの放送をスルーしちゃったかなあ、と後悔するほどに好みだった(「リゾーリ&アイルズ」は時間を間違えたのをきっかけに脱落したけれど)。
なのでラインナップが悪いというわけではない。
「ER」、「モンク」、といったものを買っていた頃よりは確実にライバル局が増えているので価格だってばかにならないのかもしれない。
でも、系列局がないNHKだからこその「これは!」というものを期待しちゃうのですけども。

まあとりあえず、4月から「PB病」がぶり返さないよう注意しますわ(笑)。

拍手

プリズン・ブレイク4 #23&24「ファイナル・ブレイク(前後編)」

およそ90分、一気に見ました。

ケラーマンの用意してくれた免責特権で、自由を手に入れマイケルとサラは結婚。しかし、パーティーの場にFBI捜査官が現われ、サラをマイケルのママ殺害容疑で逮捕。拘置所が満員なので刑務所に入れられたサラを、マイケルは脱獄計画で救おうとする。
前回、4年後の彼らを見せられているので、脱獄は成功、マホーンは裏切らない、マイケルは死ぬ、とわかっているので安心して見ることができますね♪

免責とは…(笑)。クリスティーン殺害の件は、含まれていなかったのかな。
マイケル、兄ちゃん、スクレで計画を練るところに、マホーンが手伝わせてくれとやってくるが、どこか表情がぎこちない。これじゃ、病状悪化したマイケルにだってわかるよね。FBIは「マイケルたちを捕まえさせてくれれば、復職させてやる」とマホーンにもちかけていたのでした。条件を飲んだとみせかけて、「FBIが探っている」とマイケルに注意するが、それが二重スパイ作戦となってました。
監視カメラの位置、パラシュートでの落下作戦等、マイケル案がことごとく筒抜けと思わせておいて実は本作戦があり、例のごとく、それは私たちにもその時が来るまで内緒だ!車の下に転がり込んで…って、どこかで見たことあるぞ!(笑)

隣の男子刑務所に服役中のティーバッグさんの扱いも手馴れたもので、「金を振り込むから7時に火災報知機鳴らして!」と頼むが、最初から送金するつもりはなく、金が入らないことで刑務所長にマイケル作戦を密告することに賭けていた、というか100%信じていたようです。当たっているのがまた憎い(笑)。
結局は最後の扉が開かなくて、電気ケーブルぶちぶちちぎって、むき出しコードを接触ショート、電気制御解放となったドアからサラが逃げ出すという、やっぱり行き当たりばったりだ(可能性の中に入っていたみたいだけど)。
ここ、すっごいメロドラマの別れのシーンみたいだったけど、最初のドアをバナーであぶる時、マイケルはいい手袋してましたよね?何故素手でぶち切る?と思わないでもない。
すんなんり二人一緒に逃げられればそれでよし、うまくいかない時は自分が犠牲になる、とマイケルは決心していたようなので、そういうことなのかな。
でも、本人目の前で犠牲はよくないのでは…。しかもサラは医者。再発に立ち向かわずして匙を投げられたのでは傷つかないかな、と思うのですが…そうでもないようですね(笑)。
サラにもマイケルが乗り移ってしまったかのごとく、暗号手紙はすいすいと折り紙にしてメッセージを理解しちゃうし(折る向きとかは?)、めそめそ面会でも「教会に7時」とずばり正解。いつぞや「それが、計画?」と疑問を抱いていた彼女とは別人ですね。

純粋に疑問として、脱獄しても平和に暮らせるの?アメリカの法の及ばないところで暮らす、で解決できるのでしょうか。しかし、マイケルの墓はどこにあるのだ?

逮捕されて即刻刑務所?という疑問は「施設不足」で説明がついたようです。ホールのようなところにベッドが並べられているのは、OZの、中国からの密航船が摘発されてとりあえず押し込められたのを思い出す。…やっぱり刑務作業はしなければならないのだろうか。

グレッチェンがティーバッグさん化して、「連れて行け」というのはよかったですね。でも、彼女は自分を犠牲にするということを知っていて、そこがティーバッグさんとは違うところでありました。人の親である、ということを言いたかったのだろうか。
クリスティーナがでてきてからの将軍様のぐずぐず具合は相当でありましたが、刑務所に入ってそれが加速、ティーバッグさんの探りに何の疑いもなく表の部下の名前を教えたり、かなり間抜け。今までどうやってあの組織は持ちこたえていたのか、そのほうが不思議だ。最先端の医療技術もあてにならないし、スキュラもあやしいぞ!

とにかく(笑)、それぞれが望んだ自由を手にして、新たな日々に向かうのでした、と私たちが大好きだったプリズン・ブレイクもこれでお終い。
これで終わりかと思うと、まだまだつっこみ足りません(笑)。
早いうちからマイケルがビデオレター作ってるのとか、想像させすぎだし。
まあこれほど楽しませてくれるドラマだとは、始まった当初は思いもしなかったので、感謝するべきなのかもしれません。
みんながマイケルの味方だった、という素晴らしいドラマだったと思います。
ありがとう、そしてさようなら、プリズン・ブレイク!

刑務所にパラシュートで着地するという偽計画、見たばかりの「華麗なるペテン師たち」でもやっていたので、「マイケル、足折っちゃうよ!」と心配でした(笑)。
向こうで「役が違うのに東地さん同じこと言ってるよ!」と大笑いしたのですが、今度は本家で向こうで使ったパラシュート作戦が話題になるとは!東地さん、笑わなかったのだろうか。

拍手

プリズン・ブレイク4 #22「決着!」 Killing Your Number

タイトルに偽りアリのことが多いので信じてませんでしたが、今回は本当に決着がついてしまいました。ぬぬぬ…?(笑)
ポールはやっぱりケラーマン(護送中の襲撃、やっぱり救出班だったようだ。当時、「どこの組織だ?パパがいたところか?」と自分が書いていたのにびっくり・笑)。
「スキュラを渡せば自由にしてやる」ってこれまで何回聞いた言葉だろうか。それでも今回は兄ちゃん大ケガ、マイケルも撃たれている、マホーンもスクレも捕まっているので、本当かどうかとか、スキュラを手にした人(国連事務総長?顧問?)がどうするのかとか気にしている場合ではない。裏切られても今とそう変わりないので、ここはひとつ、信じてみることにしたマイケル…とみせかけて、この期に及んでもチップをひとつ抜くという小賢しいことを(笑)。結局は真実の取り引きで、スキュラを渡したらティーバッグさんを除く全員に免責を認める書類が渡され、あとは受理されるのを待つだけとなりました。
でも海辺でサラと幸せを確認し合うマイケルは鼻血…再発か?将軍様の最先端の医療もマイケルの特殊な脳には歯が立たなかったということでしょうか。

なんやかんやで、ラストはその4年後。
マホーン、スクレ、リンカーン、サラとマイケル・ジュニアそれぞれ幸せな日々を送っていたようです。そして、再会を喜び合って訪ねたのはマイケルの墓。やっぱり最後は病気モノかいっ!あと2話でマイケル埋葬までの4年間に何があったのかを見せてくれるということでしょうか。死因が病気でないことを祈る。
とりあえずは将軍様は死刑、ティーバッグさんは刑務所(ポケット君をゲット)、セルフは生きてはいるものの一人では身動きとれず、ケラーマンは議員さん、ということはわかりましたけども、グレッチェンは?とか、マホーンが妻パムと別れてかつての部下と一緒ってどういうことよ?とか、PBらしいまとめだとは思う(=謎は残る)。
今回も、偽スキュラを持ち込んだマホーンさん、リンカーンに爆弾の威力を聞かれて「C4なみらしい」と答えてましたよね。同じ部屋でC4並みの爆弾の被害に遭ったクリスティーナが、子分が楯になったとはいえ、服が汚れたくらいで生きてるのってすごいよ。それとも、C4なみってマイケルの誇大広告だったのかしら?そもそも、そんなもの作れるわけないか。

日本テレビ予告(というかタイトル紹介)が、次回は「#23ファイナルブレイク 前編」となってましたけど、S4はまだあと2話あって、ファイナルブレイクは○○を●●するという話のはず。むむむ、混乱を招くタイトルだ。それとも残り2話を残してコレを放送するということでしょうか。

追記
気になって、ファイナルシーズンのDVD話数を確認したら22話、今回で最終回ということですね。ということは、IMDbでS4は24話となっているは…?それぞれにThe Old Ball and Chain、Free とタイトルまでついているのに。この2話とファイナルブレイクは同じものということでしょうか?
全面的にIMDbを信じているわけではないけれど、あそこ見ると別物という印象だったんだけど。

で、調べていたらこんなことをやっているのを発見。http://finalbreak.jp/ 
マイケルからの挑戦状もクイズもクリアしましたよ。飛行機乗り遅れたところ、最高だったな~(笑)。
で、あれも教えていただきました、折らないけど(笑)。
トップ画面に次々現れるファンの言葉を読むと、自分が異端児だと思い知らされてちょっぴりへこみますよ(笑)。

1月31日 追記の追記
Anneさんにコメントいただき、PBのエンディングをもう一度確認。
確かに次回の原題はThe Old Ball and Chain と書いてありました。
ということは、私の勘違いで、これからの2話がファイナル・ブレイクという邦題のものとなるわけですね。
すっきりしました。Anneさん、ありがとうございました。
S4のDVDが22話で、プラスもうすぐ発売になるファイナル・ブレイク(これから放送されるもの)で完結、ということなのですね。
プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク [DVD]
「プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク [DVD]」
 [DVD]
 レーベル:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
 発売日:2010-02-03
 by ええもん屋.com

拍手

プリズン・ブレイク4 #21「究極の選択」 Rates of Exchange

真っ先に助けにくるのはスクレだと思っていたら見事に外れました。
証人保護の必要がなくなった、と見捨てられそうなシーノートが、新しい保護先からスキュラを手に入れることを条件に(またかいっ!)、兄弟ら丸ごとの保護を保証すると持ちかけられているとか。で、一番最近まで親交のあったスクレを頼ってきた、ということらしい。派手にニュースになってる兄弟よりも、地味に潜伏しているスクレを見つけられるなら自力で探せそうな気もするけど。ああ、連絡を取るのにまずスクレということか。助けたいリストに入っているわけだし。
シーノートが連れてきた今度の人は、いったいどんな組織の人なのでしょうか。そして「ポール」?…死んでなかったのかっ!
って書いてから当時の記事読み直してみたら、私、彼が死んだなんて思ってなかった!(笑)ただ見ないから忘れちゃっただけみたい。

死んでなかったといえば、前回セルフが海から這い上がってきたこと失念して死んだと思ってたんだよね(笑)。FBI捜査官から兄弟確保の協力を求められて連絡をとるも一端の会話後は完全無視される(笑)。そうこうしているうちにニセ医者(クリスティーナの一の子分。この人大忙しだ)に薬剤投与されて今度こそ本当にさようならだろう。しかし、捜査官に向かって「国の口約束なんて信用できるか、書面にしろ!」ってセルフの口から聞くとは思わなかった。あの捜査官たちも「逆探知しにくい電話を使ってる!」とか随分と○○だ。

で、肝心のマイケルの究極の選択ですが…やっぱり「二人とも助ける」でした(笑)。
将軍様には空のケースで誘き出し、その隙に連れては来ないとふんだサラを壁をよじ登って救出。ここの警備してる将軍様の手下もやっぱりマイケルの味方かってくらい○○だ。
クリスティーナには、マイケルと仲違いした(と思わせた)マホーンが一部抜き取ったスキュラを渡し、確認作業の間に爆破して逃げる計画らしい。死にそうな兄ちゃんは耐えられるのか?

マイケルがとにかく「両方助ける」と言うだけで何も説明しないのはイラっとくる。そしてその計画も作戦と呼ぶには引っ掛かるほうがどうかしているようなものだし。埠頭での「来いよ!」って母ちゃんに凄むのも顔が「ここに仕掛けがあります」って言ってたよね(笑)。
でも一つだけ、サラにお腹の子のことを「君も望むなら…」とかモゴモゴっと言っていたのは少しだけかわいかったかも(笑)。

シーノートは出てくるし、おそらくポールとはあの人だろうし、フィナーレへ向けて総出演になるのかな。グレッチェンも出てきてもう一暴れすればいいじゃない。

拍手

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]