忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

プリズン・ブレイク4 #23&24「ファイナル・ブレイク(前後編)」

およそ90分、一気に見ました。

ケラーマンの用意してくれた免責特権で、自由を手に入れマイケルとサラは結婚。しかし、パーティーの場にFBI捜査官が現われ、サラをマイケルのママ殺害容疑で逮捕。拘置所が満員なので刑務所に入れられたサラを、マイケルは脱獄計画で救おうとする。
前回、4年後の彼らを見せられているので、脱獄は成功、マホーンは裏切らない、マイケルは死ぬ、とわかっているので安心して見ることができますね♪

免責とは…(笑)。クリスティーン殺害の件は、含まれていなかったのかな。
マイケル、兄ちゃん、スクレで計画を練るところに、マホーンが手伝わせてくれとやってくるが、どこか表情がぎこちない。これじゃ、病状悪化したマイケルにだってわかるよね。FBIは「マイケルたちを捕まえさせてくれれば、復職させてやる」とマホーンにもちかけていたのでした。条件を飲んだとみせかけて、「FBIが探っている」とマイケルに注意するが、それが二重スパイ作戦となってました。
監視カメラの位置、パラシュートでの落下作戦等、マイケル案がことごとく筒抜けと思わせておいて実は本作戦があり、例のごとく、それは私たちにもその時が来るまで内緒だ!車の下に転がり込んで…って、どこかで見たことあるぞ!(笑)

隣の男子刑務所に服役中のティーバッグさんの扱いも手馴れたもので、「金を振り込むから7時に火災報知機鳴らして!」と頼むが、最初から送金するつもりはなく、金が入らないことで刑務所長にマイケル作戦を密告することに賭けていた、というか100%信じていたようです。当たっているのがまた憎い(笑)。
結局は最後の扉が開かなくて、電気ケーブルぶちぶちちぎって、むき出しコードを接触ショート、電気制御解放となったドアからサラが逃げ出すという、やっぱり行き当たりばったりだ(可能性の中に入っていたみたいだけど)。
ここ、すっごいメロドラマの別れのシーンみたいだったけど、最初のドアをバナーであぶる時、マイケルはいい手袋してましたよね?何故素手でぶち切る?と思わないでもない。
すんなんり二人一緒に逃げられればそれでよし、うまくいかない時は自分が犠牲になる、とマイケルは決心していたようなので、そういうことなのかな。
でも、本人目の前で犠牲はよくないのでは…。しかもサラは医者。再発に立ち向かわずして匙を投げられたのでは傷つかないかな、と思うのですが…そうでもないようですね(笑)。
サラにもマイケルが乗り移ってしまったかのごとく、暗号手紙はすいすいと折り紙にしてメッセージを理解しちゃうし(折る向きとかは?)、めそめそ面会でも「教会に7時」とずばり正解。いつぞや「それが、計画?」と疑問を抱いていた彼女とは別人ですね。

純粋に疑問として、脱獄しても平和に暮らせるの?アメリカの法の及ばないところで暮らす、で解決できるのでしょうか。しかし、マイケルの墓はどこにあるのだ?

逮捕されて即刻刑務所?という疑問は「施設不足」で説明がついたようです。ホールのようなところにベッドが並べられているのは、OZの、中国からの密航船が摘発されてとりあえず押し込められたのを思い出す。…やっぱり刑務作業はしなければならないのだろうか。

グレッチェンがティーバッグさん化して、「連れて行け」というのはよかったですね。でも、彼女は自分を犠牲にするということを知っていて、そこがティーバッグさんとは違うところでありました。人の親である、ということを言いたかったのだろうか。
クリスティーナがでてきてからの将軍様のぐずぐず具合は相当でありましたが、刑務所に入ってそれが加速、ティーバッグさんの探りに何の疑いもなく表の部下の名前を教えたり、かなり間抜け。今までどうやってあの組織は持ちこたえていたのか、そのほうが不思議だ。最先端の医療技術もあてにならないし、スキュラもあやしいぞ!

とにかく(笑)、それぞれが望んだ自由を手にして、新たな日々に向かうのでした、と私たちが大好きだったプリズン・ブレイクもこれでお終い。
これで終わりかと思うと、まだまだつっこみ足りません(笑)。
早いうちからマイケルがビデオレター作ってるのとか、想像させすぎだし。
まあこれほど楽しませてくれるドラマだとは、始まった当初は思いもしなかったので、感謝するべきなのかもしれません。
みんながマイケルの味方だった、という素晴らしいドラマだったと思います。
ありがとう、そしてさようなら、プリズン・ブレイク!

刑務所にパラシュートで着地するという偽計画、見たばかりの「華麗なるペテン師たち」でもやっていたので、「マイケル、足折っちゃうよ!」と心配でした(笑)。
向こうで「役が違うのに東地さん同じこと言ってるよ!」と大笑いしたのですが、今度は本家で向こうで使ったパラシュート作戦が話題になるとは!東地さん、笑わなかったのだろうか。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2010/02/14(Sun)17:49
  • Edit
終わっちゃいましたね。
ファイナル・ブレイクはなくてもよかったかも…って気もしないでもないですが、最後に脱獄劇をもう一度楽しませてくれたことと、組織の力なんて大したことがないこと、そしてマイケルの墓の中は空っぽなこと(それとも遺体回収してほっさんが調査したかな?)など付け足してくれたのはよかったかもしれません。もうひとつ、グレッチェンがいつの間にかいい人になってたことと。
臭すぎる展開の中でマイケルがマホーンを全面的に信じてくれたのが嬉しかったです。でも最初にビデオレターを見せてしまうのは反則です。
4シーズンたっぷり楽しませてもらいました。めでたしめでたし。

Re:Garotoさん

  • by カクテキ
  • 2010/02/15 09:17
私もこっそり告白しますが、ファイナルブレイクなしで弾けてくれたほうがyかったように思います。
しかし、最後はどうしてもプリズンをブレイクするという初心にこだわりたかったのかもしれませんね。
グレッチェンがいい人になったり、メロドラマチックなところも少し引きますが、ティーバッグさんは最後までティーバッグさんだったことには感心いたします。
あと、マホーンの男気も!
これでお終いとは寂しいですが、4シーズンも笑いを振りまいてくれた彼らに感謝です!

無題

  • by りり・か
  • URL
  • 2010/02/15(Mon)18:28
  • Edit
こんにちは!
>やっぱり行き当たりばったりだ
このいつものマイケルの作戦にマホーンはやっぱり不安だったのでしょうね。マホーンのいい考えを貸してもらえなかったらいつものごとく刑務所内にすら侵入できなかったことでしょうね。90分で終わるにはマホーンの案が必要不可欠だったわけとしっかり証明してくれたともいえるかも知れません。(爆)

刑務所ではやっぱり将軍よりもティーバッグさんの方が優勢でしたね。

ペテン師とPBこの同じ時期の放送だったものでとっても両方が可笑しかったです。マイケルもきっとマホーンの知恵がなければ足の骨折っていたことでしょうね。それも面白かったかも。(笑)

Re:りり・かさん

  • by カクテキ
  • 2010/02/17 10:49
どうしてもマイケルには、行き当たりばったりというイメージしかありません。
どこらへんが緻密な計画だったのかはさっぱりわかりません。
今となれば全身イレズミも、先走ってしまっただけに思えます。
もっと早くにマホーンに出会えていたなら…(笑)。
ペテン師とリンクしすぎていて、大笑いでしたよね。
図面とかパラシュートとか、東地さんの心境をお聞きしたいです。

無題

  • by さとうさんた
  • 2010/02/16(Tue)00:27
  • Edit
カクテキさん、こんにちは。
途中離脱したワタシですが、"蛍の光"のCMにつられ、彼らの勇姿を見届けることができました。
何だか"タイタニック"を見ているような、マイケルの愛に不覚にもウルっと来てしまいましたよ。(笑)

グレッツェンの豹変は見続けている皆様でも謎だったのですね。まあ彼女でしたら自力でプリズンブレイクできるかな。

ツッコんで楽しめるドラマが終わって寂しいです。早くREXの続きを放送してもらわなくては・・・・。(笑)

Re:さとうさんたさん

  • by カクテキ
  • 2010/02/17 10:54
さんたさん、離脱されてたのですね…
確かに最終シーズンは「笑う」ということを頭に浮かべてから見ないと別世界へ連れて行かれそうになりましたから(笑)。
>"蛍の光"のCM
最高でしたね。
みんなで飛行機を見送るシーンが入っていることが、楽しみ方は間違っていなかったというへんな自信をつけさせてくれます。
私、調子にのってWEBで完全版CMを見てしまいましたが、
テレビCMの尺が調度よかったような気がします(笑)。
今のところ、他ドラマはふつうに楽しいので
やはり早期のREX放送開始が待たれますね。
シュトッキーがいないのはさみしいですが。

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2010/02/19(Fri)23:24
  • Edit
こんばんは。
カクテキさんは前後編、一挙に観たのですね。
そのほうが正解だったかも。前編が終わったところで、
どうにも腑に落ちない気分になってしまいました。
マイケルの女子刑務所潜入作戦はお粗末でしたが、
無事サラもすくえたし、よしとするべきですよね。
逃がすためにあえて、という展開は微妙でしたが、
最後ですし、大目に見ることとします。
ちなみに手袋のシーンは気がついていませんでした。
また今度、ちょっとチェックしてみます。

PBがなくなってしまうのはやっぱり寂しいですが、
4年間楽しませてくれたので、よかったです。

Re:Anneさん

  • by カクテキ
  • 2010/02/20 10:45
華麗なるペテン師たちとの合わせ技で、たいへん楽しめました。
が、単体で見た場合ちょびっと減点でしょうね。
PBにメロドラマはいらん!と思っている私たちだけでしょうか。
>手袋のシーン
もしかしたら、バーナーから手を守る耐熱素材だけで、配線ぶち切る時の感電には用をなさなかったのかもしれません。
マイケルのやることなすことにつっこみを入れたいから、そう見えてしまったのかもしれません。
これはかなり稀有なドラマでしたので、もう見られないのは残念ですよね。
同じようにつっこっめるお仲間の存在もかなり支えになりました(笑)。

TRACKBACK

Trackback URL:

Prison Break S4-#24 「ファイナル・ブレイク(後編)」

  • URL
  • 2010/02/14(Sun)
あまりにクサ過ぎる展開 勘弁して! いきなりマイケルのビデオレターにドン引き。 こりゃ間違いなく「さようなら」の暗示です。 TW「別れ...

プリズン・ブレイク 「ファイナル・ブレイク 後編/Free」

  • URL
  • 2010/02/15(Mon)
繝励Μ繧コ繝ウ繝サ繝悶Ξ繧、繧ッ 繝輔ぃ繧、繝翫Ν繝サ繝悶Ξ繧、繧ッ [DVD](2010/02/03)繧ヲ繧ァ繝ウ繝医Ρ繝シ繧ケ繝サ繝溘Λ繝シ繝峨Α繝九け繝サ繝代?繧サ繝ォ蝠?刀隧ウ邏ー繧定ヲ九k PRISON BREAK 繝励Μ繧コ繝ウ繝サ繝悶Ξ繧...

プリズン・ブレイク4 第24話 ファイナル・ブレイク(後編)

  • URL
  • 2010/02/19(Fri)
Prison Break4 #24 Free 刑務所に送られてしまったサラを助け出すため、新しい計画を立てるマイケル。 監視カメラの死角をつぶされてしまい、...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]