忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はされていませんのでご注意を。 できれば一方通行でないお話をしましょう♪

   

THE KILLING4(終)

スタンズバリー家皆殺し事件は、カイルの記憶の回復がキーでした。
事件前のカイルを知らないけれど、記憶障害の彼は妹を思い遣る穏やかな青年でしたよね。
あれが本当のカイルなのだと思いたいです。
名家だけれどどこかが狂っていた、その歯車にカイルも巻き込まれた、そんなことだったのかもしれないなあ、と最後のリンデンへの告白から感じます。
何よりも家族を欲していたカイルの闇、それには校長にも責任あるのに、我が子を守ろうとした行為が隠蔽でしかないという悲惨なエンディングでした。
校長は、スタンズバリー家の人間は殺してないけれど、生徒二人を殺してるし、ウソの供述はすぐばれるので、カイルとの親子関係を伏せておけるとは思えないし。

そう、事件のエンディングはかなり悲惨なものでした。
なのに、「THE KILLING」の締めくくりとしては、まさかのハッピーエンド!!!(笑)
付き合ってる検察の彼女が妊娠して、喜びと不安、スキナー事件の秘密の真相で押しつぶされそうなホールダーが生き残るとは!
スキナー事件の真相がレディックによって明らかにされるも、役職警官の不祥事とそれを射殺した刑事のダブル不祥事を公にすることを市がよしとせず…スキナーは連続少女殺人の発覚を恐れての自殺と処理されるのだとか。
リッチモンド議員が出てくるとは思わなかったですよ。
警察の面子を保つことを最優先にしたら、リンデンもお咎めがなくなった、とそういう結末です。
でもリンデンは警察を辞めました、「黙って辞めてくれ」ってことだったのでしょうけれども。
取調室にバッヂを置いて、鏡の向こうのホールダーと向き合ってるところはよかったです。
見えないけれど、そこにいることはわかっていて、このまま今生の別れかと思われましたが。

ホールダーの娘の年からすると、この別れから6年くらいでしょうか。
彼も警察を辞め、父親としては大丈夫なようですが、検察の彼女とはダメだったようですね。
「土曜日にはママのところ~」というのは少なくとも、同居はしていないということでしょうから。
そこへ久しぶりに姿を見せたリンデンです。
この数年で、ホールダーの存在を甚く噛み締めたようです。
いつもいてくれた、お互いに欲しかったのは家族、そして自分たち二人こそが家族だった、と。
ここ、ひじょうに重いです。
シーズンごとに相棒が変わっていたオリジナルとは違い、ずっとリンデンとホールダーの二人だったことの意味がずっしりとくるような気がします。
家庭を熱望してもうまくいかず(息子ジャックに同情されるとか、父親になることにつぶされそうでお姉さんと喧嘩しちゃうとか)、それでいて相手を非難したり守ったり、振り返ってみればこの二人は本当に素の家族のような会話してたのだなあと思えてきました。
再会後、いったん別れる時のハグ、あれが何よりも確かなものだったのでしょうね、後のすぐの再会の二人の表情からすると。
私は、家族であると響き合ったのだと理解したいのですが…どうでしょうか?
まあ、愛情で結ばれたことだけは間違いないのでしょうけれどね。

それにしても、事件を追っていると見せかけた、リンデンとホールダーの物語だったとは想像もできなかった「THE KILLING アメリカ版」でありました。

拍手

PR

近況(~3月1日)。

3月になりました。
月が替わると、海外ドラマファンとしては、AXNミステリーの先取り情報や、チャンネル銀河の来月の予定を見るのが楽しみです。
チャンネル銀河は、マードック・ミステリーやニュー・トリックスの新作を期待してますが、今回はかないませんでした。
そして、驚いたのがAXNミステリーですよ。
今月、来月の予定があるのは当たり前ですが、先取り情報のページですよ。
「現在、先取り情報はございません」って!!!
私がこのページを見るようになってから、初めてのような気がします、こんなお知らせ。
月半ばくらいでお知らせできる情報が得られるのか、本当に何もないのか。
ここで、「REXあるぞ!」とか思うのが楽しみなのになあ。
だから、あんなに一挙放送せずに小出しにすればいいものを…。

くまモンが好きです。
好きと言っても、100円ショップで買ったシールをメモ帳に貼って「くまモンノート」を作ったりする程度ですけれども。
それを知ってか知らずか、姉がこんなものをくれました。

返品が迫ってきているから、との理由で買ったそうです。
もう、かわいすぎるっ!
イラストのくまモンって、ぺったり平面だけど(角川のハッケンくんは、丸っとしてる)このトートバッグのくまモンは、やわらかく丸みを感じさせてくれます。
ただ、このトートバッグ持って歩いても大丈夫でしょうか。
ニヤニヤしていると想像できるので、人として大丈夫でしょうか。
もう3月なのにカレンダー…とも思いましたけど、なんと、来年の3月まであります。
まあ、カレンダーなくてもポスターブックとして見続けますけどね。

拍手

2月のまとめ

パンダの本を2冊も読みました。
くまモンといい、私はクマが好きなのでしょうか、犬好きだと思ってましたが。

「5アンペア生活をやってみた」。
冷蔵庫がない生活は無理なので、5アンペアなんて想像できない。
が、親に読ませたい。
電気やテレビのつけっぱなしは当たり前、暖房してても開いてる戸には関知せず(換気とは違う)、水は出しっぱなし、掃除機を手放す時もスイッチ切らず…と、一緒に住んでいて何故にこんなにも価値観が違うのかと思うことばかり。
エコとかそういうこととは別にしても、私たちはあの大震災でエネルギーの何たるかを知ったはずなのに。
まあ、こんな人はこの本読んだからって何かを変えるとは思えないけれど。
この本、著者が失敗してるところが好感もてます。
アパートならともかく、一戸建てじゃきついだろ…とか想像できて、その通りだった時の気持ちよさ(笑)。
とりあえずブレーカーが落ちただけで、すぐ克服してましたけどね。




2015年2月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1540ページ
ナイス数:29ナイス

パンダ――ネコをかぶった珍獣 (岩波科学ライブラリー〈生きもの〉)パンダ――ネコをかぶった珍獣 (岩波科学ライブラリー〈生きもの〉)感想
「パンダをふやせ!」とは違った切り口で面白かった。白黒を取り去ったパンダを載せるのはズルい(笑)。
読了日:2月26日 著者:倉持浩
5アンペア生活をやってみた (岩波ジュニア新書)5アンペア生活をやってみた (岩波ジュニア新書)感想
いろいろと共感できる想いはあります。5アンペア生活は無理だけど、考えながら電気を使う心が芽生えればそれでいいじゃないかと思う。
読了日:2月24日 著者:斎藤健一郎
アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)感想
やっぱり、映像よりも小説で先に知りたかったな…と。でも、終わり方は小説の方がアリだと思うのでOKです。
読了日:2月21日 著者:アガサクリスティー
言葉尻とらえ隊 (文春文庫)言葉尻とらえ隊 (文春文庫)
読了日:2月17日 著者:能町みね子
アドベンチャーワールド パンダをふやせ! (このプロジェクトを追え!シリーズ)アドベンチャーワールド パンダをふやせ! (このプロジェクトを追え!シリーズ)感想
パンダ、すごい。飼育員さんたちもすごい。永明は偉大な父さんパンダだ。
読了日:2月14日 著者:深光富士男
泣いたの、バレた?泣いたの、バレた?
読了日:2月12日 著者:酒井順子
おかあさんの扉4  セクシー四歳児 (オレンジページムック)おかあさんの扉4 セクシー四歳児 (オレンジページムック)
読了日:2月10日 著者:伊藤理佐

読書メーター

拍手

ルイス警部8 #1 Entry Wounds

脳外科医アリステアが殺された。
彼は、救急で呼び出され、酔った状態でありながら手術をし、患者を人として壊してしまった過去があったが、裁判ではミスが認められず、医師としての仕事を続けていた。
しかし、その医療裁判でアリステアの飲酒はなかったと証言したトムも殺されて…。

有能な片腕であった看護師が、件の手術の結果が許せず…という展開でした。
「怖くなくなったら医者を辞めるべき」と掲げているアリステアこそが辞めるべき時だと思い、ノーラン家の悲劇を代弁するのを使命としてしまったのですね。
アリステアがお金を遺すくらいなので、看護師として本当に優秀だったのでしょう。
犯人の心情、S7 #3の新薬研究の博士と通じるものを感じます。
 
そして、いつものチームの面々です。
ルイスは、本当に退職して、ホブソンと同居して余暇は孫と遊ぶためにカヌーを作ってます。
ハサウェイは、警部に昇進しましたが(巡査部長から警部補へ昇進した記憶がないのですが…笑)、気難しさ故か、部下が2週間しかもたないとか。
今回の部下マドックス(女性)も既に異動願いを提出済み…。
人をつかうことがハサウェイは苦手なのでしょうね。
そこで白羽の矢が立ったのがルイスです。
イノセントは、「人手が足りない」とルイスにフレックスタイムの刑事を打診しました(ニュー・トリックス化?)。
ルイス、ホブソンに相談なしで決めてしまったのですね。
カヌーとか合わないのでしょう、家庭菜園と同様に。
イノセント、さすが人の上に立ち慣れてます。
捜査そのものもそうだけれど、部下と組むことのなんたるかをルイスから学んでもらおうという魂胆ですね。
私が、私が、と全部やっちゃうハサウェイと一緒では、みんなやりにくいでしょうね。
と、こんな具合でコンビ復活です。
これはこれでマドックスもやりにくいでしょうが、書類の山でもやらせてくれるのをよしとしなければ。
結婚もしていて、彼女の方がハサウェイよりも大人な感じなので大丈夫かな?と思います、出続けてるみたいだし。

新警部、髪型が久々の骸骨カットです!
この髪型が私は一番好きです。
あと、丈の長いジャケット、これも好きだったのですが、ずっとスーツの上のコートだと思ってました。
最後に羽織った時、アレ一枚だったみたいで、ちょっと驚きました(笑)。
スペインに旅行ではなくウォーキングに行ったのだとか、大聖堂の隣村までで帰ってきたとか、難しい人っぷりのエピソードもお気に入りでした。

ルイスのカヌーは、誰かにやってもらったらしく、孫を乗せる前にハサウェイで実験です。
やってもらったのなら大丈夫だったでしょうけれど。
このカヌーのシーン、以前にどこかのサイトで見てました。
ルイスがスーツじゃないけど…?と気になったのを思い出しました。

アリステアの嫁が近代五種のチャンピオンとか、無理にくっつけなくても…と思ってしまうのは、チームの面々を見ているのが好きだからなのでしょうか。

拍手

ルイス警部7 #3 Intelligent Design

飲酒運転で死亡事故を引き起こし、1年の刑期を終えた大学教授シーガーが、自分の車の下敷きになって死亡。
死亡事故の被害者家族が疑われるが、シーガーは刑務所から大学関係者らに長い手紙を送っていたことが判明して…。

ああ、アダム、気の毒…。
希望する学校には、お父さんが裏から手を回すしかなかったなんて。
自分が学業について行けないのは努力が足りないからではなくて、素質がなかったと突き付けられたようなものですからね。
そしてシーガー事件の本質。
刑務所で、正義感に目覚めてしまったシーガーが、裏口入学や留学生の事故からの新薬研究に関わった人に脅迫まがいの手紙を出していたからなのでした。
警察でこれらのことを喋られたら、アルツハイマーの薬の研究が遅れてしまう!と、ある意味研究者ならではの理由のような気がします。
マーサの命を奪うのも「つらかったけど(研究のために)仕方なかった」と、完結させているところとかですね。
夫が大学の裏口入学に加担していたと知って「詐欺師!」と罵った自分は殺人者…。
微妙なオチです。

で、本題ですが(笑)。
ルイスが退職したい、と。
ホブソンよりも先にハサウェイに話すところがいいですね。
自分の席が空くので昇進の機会だ、と話すものの、仕事がつらくなってきているハサウェイはルイスなしでは刑事をやっていくつもりはなさそうです。
ここらへんの理由を濃くするために、手の中で関係者死んだりとか、むち打ちカラーで危機一髪とか、今回の自分の言葉がアダムを追い込んだのでは?とか、ぎゅうぎゅう詰めてきたのでしょうか。
でも、かなり最初の方で「ルイスが辞めたら自分も辞める」と言っていたので、こんなにいじめなくてもよかったのに…。
教会に行ってしまうあたりに、やはり新シリーズ「破戒僧ハサウェイ(仮)」の匂いを感じずにはいられないのですが(笑)。
最後の、ビールで乾杯!のシーンはよかったです。
「私が部下でよかったですか?」、「ロビーと呼んで」ですから。
よかったに決まってるじゃないの。
ひけらかすではなく、引き出しを開けたらそこに入っていたという感じで披露する知識、部下なのにちょっとした仕草に垣間見える上司感等、かわいい部下だったに決まってます。
モースよりは難しい人ではなかったでしょうし。
本当にここでお終いになってくれてもかまわなかったとさえ思います。

二人とも警察を辞める方向を見せて終わったS7ですが、S8はどうなるのでしょうか。
イノセントが一度に二人も手放すとは思えませんからね。
とりあえず、ルイスは引退させてハサウェイは引き留められそうな気がします。
でもそうしたら「ルイス警部」じゃなくなってしまうけれど…?
そう思って、IMdB見たら、S9が予定されているじゃないですかっ!
あんたたち、いつまでルイスをこき使う気なのさ?(笑)

拍手

最新コメント

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

読書メーター

カクテキさんの読書メーター

カクテキの最近読んだ本

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]保育士 テナント