忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はされていませんのでご注意を。 できれば一方通行でないお話をしましょう♪

   

ブログ犬 スタン

7月20日からDlifeで始まった、ワンコドラマ。
連れ子再婚一年の夫婦が子どもたちに仲良くなってもらおうと保護収容施設からワンコを迎えました。
一見ふつうのこのワンコ、実は人間の言葉がわかるのでした(ここのところは、「おかゆネコ」のツブとガツがしゃべり病であると学んでいたので問題ありません・笑。もうすぐ3巻発売)。
  
しかもそれだけではなく、会話もできてブログまで開設しているのです。
こんな秘密をパパが知ったら、本に書いたりしちゃってたいへんだから(パパは心理学者らしい)と、お兄ちゃんと妹はスタンを守るために仲良くなっていくのでした、というテーマのようです。

たとえぶちのメイク(もしかして三毛猫?)をしていても、素のスタンはかわいいです。
大きめの雑種で、垂れてるというか浮いてる耳、もふっと具合、キーボードに置いた前脚の丸っとした感じ、どれをとっても好みのワンコです。
プードル好きというのも共感できるし(笑)。
しかし、しゃべるワンコという設定上、会話している時は口や目に動きがないといけないのでしょう。
そのCGがですね…微妙に気持ち悪い(笑)。
ふだんのスタンがかわいいだけ、余計に気持ち悪いのですよ。
どうしようかなあ…
数を数えるのが苦手なところも、「The Buddy Files」のキング(とうかバディというか)を思い出して目じりが下がったり、「もしもし、わたしは君の上司だ、収容されている犬を解放したまえ」ってのも気に入ったけど…
へんてこなところもワンコが帳消しにするというドラマは多々あれど、かわいいワンコをCGが帳消しにしてしまうとは、私も考えたくはないのですけれど。
見たとしても「REX10」が始まるまでかな?という気持ちでいっぱいです。
つまり、私はできるだけ素のワンコが見たい、そういうことです。

拍手

PR

近況(7月第3週)。

ゴーヤーを収穫したことは先日書きました。
続けて収穫したものは中が赤くなっており、食べられるものの、やはり味はよろしくなかったです。
あばしゴーヤーだということを意識して、ずんぐりしていても収穫するよう、気を付けたいと思います。
前に100円ショップで買った乾燥用のネットもあるのだし、食べきれないようだったら切って乾燥させて保存すればいいのですよね。
梅雨が明けたらそうしようと思います。

姉が無料放送で録画したという「ゲーム・オブ・スローンズ」のブロンの登場部分を見せてくれました。
写真でチラ見したとおり、髪といいヒゲといい、ドレイクとあまり違わないです。
もちろん、着ているものはまったく違いますが。
ああ、かっこいいなあ。
それなのに、このドラマには食指が動かないのですよ。
なんなら、「リッパー・ストリート」の方をもう一回見たいくらいです。
きっと、私はドレイクという人が好きなのでしょうね。
7月26日(土)に、S1の一挙再放送があるようです。
また一挙放送かい…でもこれは見られなかった人をS2の放送に間に合わせるための方法としてはアリなのでOKです。
全話見たいけど、HDDキツイからドレイクの嫁になる人が出てくるエピソードだけにしようかしら。

NHKのラジオ語学講座「Enjoy Simple English」という5分番組を聞いてみました。
テキストを読んで、聞いて、読むという簡単な講座です。
毎日5分は正直面倒臭いので、土曜日に5日分まとめての再放送を録音しています。
多読っぽいことをやっていて、雰囲気で読めるとはいえ、いかんせん語彙の少なさを痛感しています。
ですが、この講座、知らない単語がほとんどないです。
ストレスまったくなく読んだり聞いたりできると気分が上向くなあと感じます。
これなら後々、シャドーイングの練習にも使えそうです。
とにかく簡単で、4月の講座開始時から聞いていなかったことが残念です。
今までどおりに読むのは別の素材で、この講座は自信をつけるために利用しようと思います。

  

拍手

収穫しました。

今年は主に自分が管理し、母には水やり担当となってもらったゴーヤー。
収穫できるようになりました。
あまり長くならないから放っておいたのに、どうやら長くならないずんぐりタイプのものだったようです。
そういえば苗を買った時、あばしゴーヤーとか書いてあったな、と今さら思い出すいい加減さです。
放っておいたわりには熟しすぎでもなく(切って中が赤っぽくなってるのは熟しすぎなのですってよ)、おひたし一回分にちょうどいい大きさでした。
同じ大きさくらいのがまだ2~3個ごろっとしているので、今度は炒め物にしようと思っているのですが…気温と湿気が高すぎて作るのに挫けそうです。

昨年と比べて、葉っぱもわさわさと茂り、日除け効果もありそうです。
が、雄花ばかりで雌花が少なすぎるのが気になってました。
栄養状態が良すぎて、種を保存しようとする本能を妨げてしまったのかしら?とか考えました。
日除けメインで、実は食べられたらラッキーくらいに思っているのでいいのですけども。
この前、姉にそのことを話したら調べてきてくれたみたいです。
日が強すぎるとか、栄養状態がとか言っていたようですが、そこから判断すると、どうやらゴーヤーは実をならせるためと日除けでは育て方に微妙な駆け引きが必要な、そんな風に思えてきました。
ある程度育ってしまえば虫もつかず、たいへんに育てやすいですが、やはり園芸の道は難しいな、ということがわかりました。
葉はけっこう茂っていますが、収穫量は昨年より微増程度かな?
でもこれもまた楽し、です。

拍手

サウンド・オブ・ノイズ



謎の6人組が、街中のものを楽器に見立てて勝手に演奏しては去っていく、そんな音楽テロ事件を担当するのは、音楽一家に生まれたものの音痴で刑事となったアマデウス。
アマデウスは犯人たちに、迫れるのか?

面白かったですよ~、6人組が病院、銀行、音楽ホール外、送電線で音楽を披露していくのが。
あらすじ紹介みても、いまひとつ想像できないでいましたが、第一楽章の「ドクター、ドクター」で「そうかっ!」とたいへんうれしくなりました。
まわりの様子を見計らって演奏開始するタイミングもいいです。
大真面目に楽器以外のもので演奏する姿が、とてもすばらしいです。
第二楽章の銀行強盗も、お札をシュレッダーにかけたのを見た銀行員の絶叫も演奏に組み込まれているようで、大好きです。

音楽テロメンバーと、音痴刑事の追いかけっこなのかと思ったら、「音楽家一家の音痴刑事」というのもテーマのひとつだったようです。
幼少時のプレッシャーやトラウマなのか、音楽が苦手なだけでなく耳血を出してしまうらしいアマデウス。
彼らに楽器にされたものの音が聞こえなくなるという特異な現象も起きて、私的にはこっちテーマは「?」でした。
ただただ、追いかけっこを見続けたかったなあというのが素直な感想です。
最後の、アマデウスの安堵はテロメンバーによって音楽を聴こえなくしてもらったということなのかしら?といまひとつわかってないし。

なんでもこの映画、「アパートの一室、6人のドラマー」という2001年の短編がもとになっているのだとか。
そちらも探して見ましたが、あるアパートに忍び込んだ6人が、キッチン、寝室、バスルーム、居間と場所を変えてセッションを繰り広げるというもの。
アパートの住人が犬の散歩に出るのを見計らってる姿、映画を観た後ではここからもうわくわくしてしまいました。
ただひたすらにやり通す姿に、引き込まれます。
ラストの余韻(?)もすばらしいし。

余談
アマデウスのお母さん、「スウェーデン国家警察」のフルティーンでした。
ちゃんと女性っぽかったです(笑)。

拍手

ザ・フォロイング2 #1復活の時

ボート小屋が燃え、キャロルが死んだと思われたのも束の間、クレアと安堵を見出そうとしたその矢先にお隣りさんフォロワーに刺され、クレアを失ってしまったライアン。
あれから1年、彼は再びFBIから離れ、大学で授業を持っていた。
そんな時、地下鉄でキャロルの面を被った三人が「キャロルは復活する、ライアン・ハーディは防げない」と唱えながら殺傷事件を起こす。
FBIから協力を求められたライアンだが、「もう関係ない」と辞退する。
が、彼は姪っ子の助けを得ながら、キャロルとフォロワーを独自に捜査していたのだった。

あの三人組は、キャロルを誘き出すためで純粋なフォロワーではないのですね?
ホントのフォロワーの彼(ボーディだ!)は、利用されてるだけですね?
残党のエマたちも彼らのことは知らないようで、存在の薄気味悪さが気になります。
あの「ひとり双子」(笑)は、キャロルになりたいとか?

地下鉄殺傷事件、元フォロワーを追跡して車に撥ねられるライアン、歪んだ信奉者の引き起こす事件と盛り沢山でした。
が、キャロルが足りません…と思っていたところに、「私は一切事件に関わらない」とか言っていたライアンのニュース映像に「ほう、そうか」と発したキャロルに全部持って行かれましたっ!
「ほう、そうか」この一言のなんと素晴らしかったこと!
ハウス・オブ・カード2 #1の最後、フランクがやっと私たちを見てくれたことに匹敵するかのようです。
やっぱりこのドラマ、吹き替えだからこそ見られているような、そんな気がします。
字幕版見てないのですけどね。


拍手

最新コメント

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

読書メーター

カクテキさんの読書メーター

カクテキの最近読んだ本

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]通販 英会話