忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ウェイワード・パインズ #7「反逆の始まり」 Betrayal

びっくりしましたねえ。
保安官とべバリーの件から、主要人物の今後に確証はないと実証済みですからね。
街の秘密を聞いたベンが、お母さんとの登校に穏やかになってたのも伏線だったのでしょうか。
いや、今後が決まったわけではないですね。

それにしても、反乱分子の本気具合を目の当たりにしたのだから、彼らにだけでも真相を伝えた方がいいのでは?
と、思ったのはイーサンも同じ。
だから、そう伝えたら「イーサンはヤツらに洗脳された」としか思われないという悲劇…。
テレサにもそう思われちゃいましたからね。
確かに。
イーサンは「実際に見たことを伝えているだけだ」と言いますが、それだって洗脳技術のひとつかもしれないし。
もしかしたら、そういう壮大なドッキリという可能性もまだ捨てきれませんね♪
だって、ふつうの大金持ちは間近に滅亡を示されたら、自分が寿命を全うできるだけのシェルターを作るんじゃないのかしら。
人類を守るために街ごとシェルターとか、どれだけ大金持ちなんだよっ!
でも、今のところのピルチャーさんは本心で街のこれからを大切に想ってるみたいなので、これが本当の大金持ちなのかもしれません。

元爆弾技術者や元会計士のケイとの夫と面談した結果、「反乱分子のリーダーはケイト」と特定したイーサン、ちょっとかっこよかったです(笑)。
さすが、見込まれて街にやってきただけあるな、と。
でも他のみんなも、見込まれてやってきた人のはずなんだけど。
大人は脆く、子どもは順応力があるっていうのも、逆に怖いですよ。
あの学校が洗脳学校としかみえないですよ、あ、先生のせいか(笑)。

以下、ちょっとネタバレ気味なのでご配慮ください。



拍手

PR

近況(~7月4日)。

なんと、サウスランドがAXNで8月から放送されるのだそうですよっ!
さきほど、garotoさんのブログで教えていただきました、ありがとうございます♪
ワーナーTVでの配信のみだったので、もっと多くの人が見られる環境に移してほしい…と願っていましたよ。
かなり好きなドラマだったので、嬉しいです。
また見てしまうかもしれません。
同じくAXNで放送中の「ゴッサム」のベン効果で放送決定したのでしょうか。
ベンに感謝しなくちゃいけないのですけれど、「サウスランド」では「敵キャラ」というか「憎キャラ」なんだよな…(笑)。
ちなみに贔屓は、ラッセルとデューイですっ!あ、ジョンも!
趣味の似ているところがあると少しでも思った方は、是非!!


みなさん、薬ってうまく飲めますか?(笑)
私は子どもの頃から飲みこむことが下手くそで、今でも一回で成功することの方が少ないです。
この前見たポワロの「スペイン櫃の秘密」で、自分のためにみんなが不幸な目に…となったマーゲリートが自殺しようと薬を一気に飲んでました。
その時の手順です。
薬を口に入れる→コップの水を口に含む→コップを口から外して上を向いて飲む
水を口に含むところなんて、ほぼ真っ直ぐな状態ですけど、これがふつうなのですか?
私はコップの水を口に入れるところから上向いてるんですけど。
人が薬飲む姿など、そうそう意識してませんでしたけれど、もしかして、だから私は飲むのが下手くそなのかもしれないと思ってしまったのです。
でも長年続けてきた習慣を変えるのは難しく、マーゲリートを真似してみたらばいつも以上に飲めませんでした。
しかも、胸元びちゃびちゃです。
もういいや、飲み方なんてどうだってっ!!!


最近「猫ピッチャー」にたいへん入れ込んでますけれど、本物の猫に出会ったら怯んでしまいました(笑)。
おかしいなあ…ミーちゃん大好きなんだけどなあ。

拍手

6月のまとめ

べつやくれいさん、たいへんに気になります。

この本の、最初のところで感じた三崎さんのブラックさを期待して読み始めたら、イラスト担当のべつやくさんの方が気になったというのが始まりです。
その後、とってる新聞の週一連載等でいつも見ている感は高かったのですが、ついに本に手を出しました。
それが「ばかスイーツ」です。

ホントにくだらないです。
でも、やってることがいちいちツボです。
ドクターペッパーと牛乳は本当に杏仁豆腐味だし、
クリスマスケーキのスポンジ部分は、私の好きな蒸しケーキがおすすめだし、
ばかっぽさ全開でスカッとした気分になれます。
なんといっても、この私にドクターペッパーを初めて飲む気にさせたのですから(笑)。
番外編の「どこの店の氷が食べやすいのか」、ファストフードの飲み物の氷をガリガリやって、どこのものが一番食べやすいか?を実験するわけですよ。
新宿と渋谷には、ほとんどのファストフード店が集まっているので実験しやすい、でも渋谷は店と店の間隔が狭いから新宿を選択、というのもまたいいです。
氷ばかり食べて体が冷えるだろうから歩く距離のある方を選んだのでしょうが、それでも甘かったというオチがいいですね♪
食べもので遊んじゃいけないなとは思いますが、食べてるからOKです。
そんなこんなで、「ばかごはん」も読みたいな♪と。



書影がないほど古い「警察犬物語」。
姉が処分しようと思う本を持ってきて、そこから私が読みたいのを探すという定例会から抜き取ったマンガです。
調度「容疑者」を読み始め、プロローグで途方に暮れそうになったところだったので、警察犬が登場する似たテーマのマンガを読んでみたわけです。
時代が時代なだけに、どうかな?と思うところもありますけれど、楽しかったです。
なんといっても、主人公のパートナーとなる警察犬はレックスとアルフという名前なのですよ。
オーストリアの犬刑事が活躍する「REX」と同じなので、優秀に決まってますね。
ドラマを投影して読んでましたけれど…コチラは警察犬で、「REX」のレックスは犬刑事だなっ!とその違いを再認識しましたよ。



2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:2670ページ
ナイス数:39ナイス

トロピカル性転換ツアー (文春文庫)トロピカル性転換ツアー (文春文庫)
読了日:6月29日 著者:能町みね子
国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)
読了日:6月27日 著者:ヤマザキマリ
猫ピッチャー ミーちゃんブック猫ピッチャー ミーちゃんブック
読了日:6月26日 著者:
ばかスイーツばかスイーツ感想
くだらなくて素晴らしいレポートです。
読了日:6月25日 著者:べつやくれい
容疑者 (創元推理文庫)容疑者 (創元推理文庫)感想
マギーの、なんと賢くて感情豊かなこと。おもしろく読めましたが、プロローグには勝てなかった感が若干あります(笑)。
読了日:6月23日 著者:ロバート・クレイス
二度寝とは、遠くにありて想うもの二度寝とは、遠くにありて想うもの感想
フミヤート、バームロール等、個人的にツボな単語が(笑)。
読了日:6月21日 著者:津村記久子
警察犬物語 3 (ジャンプスーパーコミックス)警察犬物語 3 (ジャンプスーパーコミックス)
読了日:6月12日 著者:石川サブロウ
警察犬物語 2 (ジャンプスーパーコミックス)警察犬物語 2 (ジャンプスーパーコミックス)
読了日:6月12日 著者:三木孝祐,石川サブロウ
警察犬物語 1 (ジャンプスーパーコミックス)警察犬物語 1 (ジャンプスーパーコミックス)
読了日:6月11日 著者:三木孝祐,石川サブロウ
やりたいことは二度寝だけやりたいことは二度寝だけ
読了日:6月8日 著者:津村記久子
ねこねこ日本史 (コンペイトウ書房)ねこねこ日本史 (コンペイトウ書房)感想
歴史苦手だから、新鮮にお勉強になったわ~。各人物の一言紹介がまたいいです(遷都癖とか)。そして、やっぱり西郷どんは強そうだ。
読了日:6月6日 著者:そにしけんじ
オカザキ・ジャーナルオカザキ・ジャーナル
読了日:6月5日 著者:岡崎京子
珍犬デュカスのミステリー 2 (双葉文庫 さ 17-5 名作シリーズ)珍犬デュカスのミステリー 2 (双葉文庫 さ 17-5 名作シリーズ)感想
日常の謎もありますけど、基本、物騒な町です(笑)。でも玉緒さんがいれば安心だな♪
読了日:6月3日 著者:坂田靖子
珍犬デュカスのミステリー 1 (双葉文庫 さ 17-4 名作シリーズ)珍犬デュカスのミステリー 1 (双葉文庫 さ 17-4 名作シリーズ)
読了日:6月2日 著者:坂田靖子

読書メーター

拍手

ウェイワード・パインズ~出口のない街~ #6「選ばれた者たち」Choices

ピルチャーは、ようやくイーサンのこの街の秘密を明かしましたね。
街の中心的な仕事を任せる人には、もっと早くに教えた方がいいと思うのですけれど。
まあ、時期を見計らっていたということなのでしょう。

秘密を知ったイーサンは、どういう街かとか、西暦何年とか関係なく「住民の命を守る」という使命を全うすると決意したようです。
ということは、探しに来たはずのケイトとも対立することになっていくのでしょうか。
ケイトの夫は気のいいおもちゃ屋さんなだけかと思っていたら、反乱分子だったのですね。
おもちゃ屋の作業場は、反乱分子のアジトだったのか!
あれ、爆弾ですよね。
無差別に攻撃するつもりでしょうか。
反乱分子が何かするであろう情報はピルチャーもつかんでいるので、使命を守る保安官イーサンは、彼らを阻止する、となるのでしょう。
でも、命を守るために秘密は明かせないから対立が深まっていくのだろうと想像できます。
でもさあ…選ばれてこの街にやって来たはずなのに秘密を教えてもらえないなんて、気の毒。
しかし、これもおかしな話。
冷凍保存に金も場所も(笑)贅沢に使っておけるのに、チップを外している人を特定できないものなのかしら?
それに、不動産屋の人は誰が反乱分子か見当ついてるじゃないの。

順応力を信じて、子どもには秘密を明かすというのも…
あれ、家族の命を盾にした、精神的な人質だよね。
それはそれで不健全なのではないでしょうか。
これまでの世界を維持していくための最小限の犠牲だということなのでしょう、マッド・サイエンティストには。

この世界の西暦が覚えられなかったのですが、4028年でしたね。
2014年の倍ってことでしょうか。
そう考えると、アビーたちは進化が遅くないですか?
2014年までには紀元前もあるからですか?
生きるために必要な本当の進化の形がアビーたちで、滅びるまでにあった文明は過剰なものだったという訴えなのでしょうか?
なんか、筋に関係なさそうなことが気になってきました(笑)。

本来、苦手なはずのジャンルですけれど、今毎週毎週のドラマが特にないのでこのまま見ようかなと思います。
本は一冊だけにとどめておきますけども(笑)。

拍手

私立探偵 ジャクソン・ブロディ(終)

イマジカのitvコレクションのひとつ、「私立探偵 ジャクソン・ブロディ」全6話をようやく見終えました。
もう、イマジカではエピソード紹介のページにたどりつけないくらい寝かせてしまっていたようです。

ジャクソン・ブロディは、かつて警察官だったがいろいろあって今は私立探偵。
元同僚モンロー刑事に無理矢理協力させて、持ちかけられる事件に向き合っていくのでした、といったものです。

持ちかけられる事件に、自分のお姉さんやお兄さんのこととか、不本意な別の事件のフラッシュバックがきたりと穏やかではないです。
でも基本、彼は真面目でいい人なので任せておけば安心です。
「ここに来てよかったね」と依頼者に言ってあげたくなったりもしました。
犬を痛めつけている男をぶん殴ったのが、彼をひじょうによく表現していると思います。
だって、犬を痛めつけていた男、ただの通りすがりですよ。
そりゃ、ワンコちゃんもついて行っちゃいますよ。
余談ですけど、このワンコちゃん、達者でしたね~。
でも、ジャクソン・ブロディと初めて行ったお宅のドア前で何か食ってました(笑)。
そこにいさせるためだったのかなあ?と微笑ましかったです。

随分と間をあけてしまったので、お姉さんやお兄さんのこと忘れてました(#1&2を見た時のもので思い出しました)。
そうなると、最終話、次の仕事依頼の電話を受けて終わった感じでしたけど、お兄さんのところにいってほしかったなあと思います。
仕事の依頼者については希望の持てるものでしたけれど、彼はある仕事のためにモンローと素直に向き合えなくなってしまい、自分の子どもを授かったかもしれないのに「手伝ってくれたただの友人」だし、大金は持ち逃げされるし、デボラは他所に行ってしまうし、最終話に娘は出て来ないし…と、ジャクソン・ブロディはジャクソン・ブロディであるだけというおしまいは、少しさみしくも感じました。
でも、ああ、そうだよな…という気持ちの方が大きいとも言えますけれど。
キャラクターは好きなので、もっと見たい気もしますけれど、このラストを見ると続いて欲しくないですね。
特に、やっと気持ちが通じたモンローには近づいてはいけなくなった切なさは、心の中にしまっておきたいほどです。

原作も読んでみたいですけれど…(笑)。

拍手

最新コメント

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]