忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はされていませんのでご注意を。 できれば一方通行でないお話をしましょう♪

   

「いとしのムーコ 6巻」みずしな孝之

   

5巻同様、通常版と豪華版がありますね。
豪華版は、もっちりストラップ&ぷっくりシール&缶バッジ付き。
5巻はDVD付きを買ったので、ちょっと考えましたが(考えるんだ、私)、通常版にしました。

ムーコ、相変わらずかわいい♪
こまつさん、鬼度アップ、
うしこうさん、涙ダダ漏れ、そんな6巻です。
こまつさん、以前は犬心というかムーコ心がわからないだけだったのに、人としても問題でしょう。
ボーダーさんへの仕打ちといい、うしこうさんの乙女心も読み取れません。
でも、ムーコはこまつさんが大好き。
ムーコが大好きな人なら大丈夫なのですよね?
そう思ってもいいのですよね?
そんな不安を感じる6巻でした。

「ムーコちゃ~んっ!」とやってくる玲奈ちゃんがかわいくなってきました。
ムーコも同じなのか、これまでは一緒にきゃっきゃっした後、「あ、ムーコ、そんなに玲奈のこと好きじゃない!」となっていたけど、釣られたモノについて「コレ、そんなに好きじゃない!」ですからね。
ふたりの女の子が無邪気に遊ぶ姿はいいものです。
ムーコ、人年齢だと32歳だけど。

拍手

PR

THE BRIDGE 2(終)

なっ、なんてことっ!!!

これはあんまりなので、区切ることにします(笑)。

拍手

「近所の犬」姫野カオルコ



犬見に精を出す著者の私小説ということで、同じようにいろいろな理由で犬とは暮らせずに近所の犬を見ることが好きなので、ついつい手を出してしまいました。
表紙も裏表紙もかわいすぎるしね。
こんな子いた、あんな子いた、というほのぼの話を想像したけれど、これが案外きついものがありました。
猫のシャアとの話のラスト一行はぐさっときました。
それに、肉球愛。
これは私も、泥で汚れた足を洗う時に感じました。
肉球をマッサージするように洗っているその手を、まさはなめてくれていました。
自分の濡れた足をなめているつもりだとはわかっていても、私の手を、自分の方法でケアしてくれているようで、幸せな気持ちになったものです。
犬バカって、ワンコと一緒だととてつもなくしあわせであるのだなあと再認識いたしました。
そんな犬好きにはよくも悪くもこたえるエピソード満載ですが、「グレースとミー」は毛色の違ったオチがよかったです。

拍手

ウォーキング・デッド5 #4「朽ち果てた街で」Slabtown

ベスのいる場所がわかりました。
病院で、傷の手当をされていたようです。
病院を仕切るのは警官(?)たちで、そのリーダーはドーンという女性。
彼らはベスに「助けてあげたのだから、借りを返すように」と告げてます。
借りを返すとは、病院での仕事を手伝えということでしょうか。
どれくらい働いたら解放してもらえるのかは不明。
仲良くなったノアは一年いるっていうし。
人身売買の手引きしたところが、働いて借りを返せば自由になれるというのと似ている気がします。
つまり、自由にはなれない、と。
それに、ベスに対して、道端に転がされていてウォーカーにやられそうなところを助けてあげたというのも「?」ですね。
ベスをさらった車が病院の表にありましたものね。
ノアのお父さんが助けてもらえなかったというように、若くておとなしそうで使えそうな人を救助という名を借りて誘拐しているのかも。
誰かが助けに来てくれるまでの人員が必要ということで。
共に脱出しようとしたノアはなんとかフェンスを抜けていきましたが(彼、すごく細長いなあと思ってましたが、このためだったとは!・笑)、ベスは連れ戻されてしまいました。
でも、何かやる気です。
そこへ運ばれてきた人は…もしかしてキャロル?
IMDb見ると、他のいつもの人たちは credit only ですけど、キャロルだけ書かれてないですからねえ。
男性のようにも見えたのですが、前回ダリルと一緒に戻ってきてはいないみたいだったし。
キャロルであるほうがベスも脱出しやすくなるというものです。
終着駅でもそうだったように、微妙にキャロルがキーとなっていくのでしょうか。

今度の病院も、この前の終着駅も、リックたち以外の生き残りの人たちの作った共同体が興味深いです。
ゾンビの呼び方も、ウォーカー、バイター、腐人、と様々だし、生きていくことへの姿勢もそれぞれです。
生きていくためには食べなければいけない、いつになるかわからない助けを待つ間に人員が必要、それが共同体の性格であるわけですね。
改めて、主役グループたちは健全だったなあと思いますよ。

ベスの行方がわかり、新たなグループの存在があったりで、いいのですけれど、贔屓のお方が見られないのはちょっと不満。
私の場合、CM明けに姿が見られるだけいいのかしら?(笑)
 

拍手

近況(~11月13日)。

買い替えた掃除機、ホースもしなやかで本体も転がりにくいし、ヘッドもモーターなのでスイスイ、私的には買い替え正解。
が、思わぬところで我が家向きではなかったことが発覚。
サイクロン式なので、ゴミはプラスチックカップの中に回転圧縮されてたまります。
そのカップが、ホコリを拭いても洗っても、曇ったままになってしまいました。
原因は、おそらく、米粒による傷。
うちは小さい子もいないのに米粒が落ちている率が非常に高いのです。
そこにそのまま掃除機かけるとバチバチって音がしてましたが、こんなことになるなんて…。
確かに、ダストカップ破損の原因になるのでピンだとか固いものは吸わないようにとの注意書きはありましたけど、米粒でこんなことになるなんて。
おまけに、ダストカップの掃除を母が嫌がります、面倒臭いからと。
なので、私が掃除機持たないと掃除をしなくなりました(=私にダストカップの掃除をさせればいいから)。
こんなに使いやすいのに、我が家的な正解はモーターヘッドの紙パック式だったような気がします。
買い替えたばかりなので、まだ数年はこのままか…。

イマジカのポワロ、見てます。
他のはいろいろ遅れてますけど、これは放送された週には見るようにしています。
ちょっと前のものだということもありますが、安心して見られるのがまたいいです。
本のところにも同じようなこと書きましたけども。
名指しされた犯人が「バカな、私は手袋をしていた」とか思わず言ってしまい、ハッとするなんて今の時代では逆に新鮮すぎます。
「ポワロのクリスマス」で、長男が何かを書きつけていて、「何をしているのか?」との嫁の質問に「父親の失礼な振る舞いに抗議文を書いているのさ、強い調子でねっ!」とか言うのですよ、長男が。
「何やってるのよっ」って感じで嫁が握りつぶして捨ててしまい、ひどい嫁だなあと思った直後、「強い調子で抗議文って…」と、嫁の態度が正しい気がしてきました。
これがあってから、長男のキャラクターが深みを増したように思えて、実に楽しかったですよ。
このエピソードでは、ジャップ警部からポワロへのクリスマスプレゼントの件もよかったです。
趣味に合わない手編みの手袋でしたが、警部の奥様の手編みと聞いて、「特別な日用」と理由をつけることができてほっとした感じのポワロがかわいかったです。
今いろいろ人気の俳優さんたちの若い頃が見られるのも好きです。
ビルボロー警部以前の、Christopher Eccleston が見られるなんて思いもしませんでした。
後ろから見た耳の形も確認でき、くだけた服装でなかったのも、たいへんに満足でした。
今後も、どんな人が登場するのか楽しみです。
ただ、イマジカの放送順、AXNミステリーのとは違うのですね。
順番にうるさいタイプなので、これだけのことでちょっと怯みましたが、イマジカでの放送順は守っているということで気にしないようにします(笑)。

拍手

最新コメント

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

読書メーター

カクテキさんの読書メーター

カクテキの最近読んだ本

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]アルバイト 結婚式