忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

モフモフ紳士に会ってきた!

映画「パディントン2」、見てきましたよ!
映画秘宝で紹介されていた、
「社会派」の鋭利な爪はもふもふの手足に隠しつつ
という表現もとても気に入ってます。

ルーシーおばさんのお誕生日プレゼント「ロンドンの街並みの飛び出す絵本」を買うため、バイトに精を出すパディントン。
グローバーさんのお店で飛び出す絵本があるのを確認し、また明日頑張ろうと思った矢先、お店に泥棒が入るのを目撃。
追跡するも煙に巻かれ(文字通り)、あろうことか現場にいたことから強盗として逮捕。
裁判でも有罪になり、刑務所へ入れられることに。
果たして、パディントンの運命は?
ルーシーおばさんのお誕生日をお祝いできるのか?

そんな、ハラハラドキドキのストーリー展開です。
内容知っていても問題ないと思いますが、少しも知りたくないという方もいるかもしれませんので以下、少しあけますね。
あ、ついでに購入品を自慢しておきますね。







ホントに、笑って、涙して、パディントンはかわいくて、ブラウン一家はどこか詰めが甘くて、それらがぎゅうぎゅう詰まっていて、素晴らしかったです。
バイトを頑張るパディントンは、この前読んだ本のおこづかい値上げ騒動のことを思い出してしまいました。
ブラウンさんがお小遣いの値上げをしてあげていれば、こんなことにはならなかったのに!と、代わりに逆恨みしてあげましたよ。
お小遣い値上げしてくれていても、飛び出す絵本を買うためにバイトしただろうけど。
ブラウンさんたちは、パディントンのことを一生懸命考えてくれているけれど、どこかピントがずれていて詰めが甘いです。
今回も「冤罪を晴らすぞ!」と決めたらみんながそっちに行ってしまって、刑務所でみんなに会うことを楽しみにしているパディントンのことなんか忘れちゃうんですから。
あの夜の涙は、本当にかわいそうでしたよ。
家族、家を本当に求めているパディントンにはつらすぎる夜でしたよ。
でもね、あの脱獄告白の留守電(パディントンの「プリズン・ブレイク」)、「さようなら」はみんなには聞こえてなくて、「パディントンからの電話だ!」と真犯人の顛末をまくしたててるところで、伝わってるというか、電話だけにラインがつながってるのだな、とほっとしてみたり、ですよ。

最初の方で紹介されていたみんなの日常が、解決に向かって再集結してくるのも楽しかった!(リンゴ飴まで!)
お楽しみ映画はこうでなくちゃね。
終わり方も優しくてステキでした。

私、これまでヒュー・グラントは全くスルーだったのですが、やりすぎ感が最高でした。
吹替えで見たのですが、斎藤工さんも見事にやりすぎ感を踏襲していてとてもよかったです。
ほとんど満足なのですが、カリーさんの扱いはちょっと…かな。
前作では、クマを排除したいけど「剥製にする」と聞いたらかわいそうになって、ブラウン一家に助け舟を出したり、と愛すべき敵キャラだったのに、今回は終始パディントン排除派でしたよね。
カリーさんは排除したいんじゃなくて、利用したいだけの人なのに。
自警団の服(おそらく自前。ケチなのに)は似合ってたけど、行動はカリーさんっぽくないかなあ…と。

パンフレット見て驚いたのが、2017年4月に新作が刊行されていたということです。
マイケル・ボンドさんはその少しあとの6月にお亡くなりになっているので、最後までパディントンを書かれていたのですね。

あのシーン、このシーンと思うことがたくさんありすぎてまとまりません。
ただ、とにかく楽しいよ!とお伝えしたいです。

前作「パディントン」以来の映画館だったわけですが、やっぱり慣れてないと疲れます。
だらけた姿勢で見られないというだけでなく、音が強いですね。
身体の中に響いてくるというか。
これがけっこうきます。
でも、この音響があるからパディントンが時々発する獣の息づかいが楽しめるんですけどね(笑)。

拍手

PR

12月のまとめ

読んだ本が、ムーコとパディントンだけとは!
本当にどうしちゃったのでしょうか。
本の山ばかりが大きくなっていきますよ。
パディントンを読んだことをきっかけにと思うのですが、「ルー・フォックオルメス」でそうなってるはずだったのに…。



これは1979年に発表されたのだとか。
その後2007年、2012年と一冊ずつ出ていて、あと2冊分の新作が読めるとはうれしいですね。
しかし、福音館の10冊読んで、アニメ見て、映画見てると、「この出来事、知っているような気がする」となることもあります。
キャラクターや背景が出来上がりすぎているということなのでしょうか。
本のタイトルにもなっている「パディントン、テストをうける」は、思ったように「ブラウンさん」として運転試験を受けることになっての騒動でした。
小学校に通う時のように、一目でクマなのに勝手に連れて行って、結果、「クマだから」と放り出されたのとは違い、最後は教官が特別車限定(いつも持ってるキャリーカート)の免許証を届けに来てくれるという、ステキなことが待ってました。
もちろん、もう運転テストを受けに来ないで!という気持ちが最大限に現れているわけですが、パディントンも教官も満足できる、にっこりエピソードですよね。

パディントンといえば、映画「パディントン2」が1月19日に公開ですよ。
うれしいことに、マスコットキーチェーン付きの前売り、いただいてしまいました!

これは見に行かねばなりません。
シネコン、隣の市にあるとはいっても、車がないとかなりのエネルギーを要するので今の私はちょっぴり自信がなかったのですよ。
なので公開が始まってから体調と相談して決めようと思っていたのですが、今から見に行くための体力作りに努めようと思います。



12月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:319
ナイス数:10

パディントン、テストをうけるパディントン、テストをうける感想
全然知らなかったけれど、福音館で出ているもの以降に新作があったのですね。あと二冊刊行予定だとか。 福音館の読んで、アニメ見て、映画見てると、キャラクターが勝手に歩き出してるような気がします。カリーさんのサウナの話は知っていたように思うのは気のせいでしょうか。
読了日:12月30日 著者:マイケル・ボンド
ムーコかたぬきカレンダー付き いとしのムーコ(12)限定版 (プレミアムKC イブニング)ムーコかたぬきカレンダー付き いとしのムーコ(12)限定版 (プレミアムKC イブニング)感想
読んだのは通常版だけど。こまつさんは相変わらず鬼で、うしこうさんはムーコの心を読み取ったことを多数発言。うしこうさんと暮らした方が幸せだと思えてならないですよ。でもムーコはこまつさんが大好きなんだものなあ…。高校時代のうしこうさんは、イケメンだからじゃなくそういった優しさもみんなが見てたんだよっ!と思いました。
読了日:12月24日 著者:みずしな 孝之

読書メーター

拍手

近況(~12月30日)。

みんな、無洗米って知ってる?(笑)
これ、便利ですね。
親戚からいただいたのですが、使う前は「専用の計量カップがない」とか(探したらあった)、その方が以前に送ってきたものの悪口が頭にぐるぐると浮かんできていました。
単なる、慣れないもの苦手の私の妬み嫉み僻みだったようです。
特に、今年は敏感肌になってしまったのか、冷たい水で肌トラブルが起きたりするので、なんともありがたいいただきものです。
さらに、私は「米を研いだあとの水切りが下手」ということも判明しました。
とりあえず、陽気が暖かくなるまでは無洗米でいこうかなと思います。


早いもので今年も明日一日となりました。
毎年、時間泥棒がいるのでは?という思いが強くなっております。
特に今年は「時間泥棒は現実にいる」と思えてなりません。
今年は今まで生きてきた中でかなり重要なことがありましたので、その影響があるのだとはわかっていますが。
ドラマも順番主義なので(笑)、まだ「リッパー・ストリート」一話も見てません。
録画はしてあるので絶対見ますけど。
ドラマ視聴はケーブルテレビの録画が主なので、こういった順番主義だとじれったい反面、遅れも理解できるのは利点かもしれません。
これでますますネット配信には手が出せないなあ…と思ってみたり。
でも、「検察側の証人」は録画忘れたので、見逃し視聴で見るつもりです。
レコーダーに録画と大差ないと思うけれど、こういう配信って期限があるじゃないですか。
それが怖くてね。

というわけで、更新少ないですけどとりあえずまだやってますというご挨拶でした。


拍手

ニュー・トリックス12(終)

ようやく見終えました。
最終話の放送からだいぶ時間がたっているので大丈夫と思いますが、ネタバレかもしれないので以下ご注意願います。







若かりし頃のジェリーの事件、新メンバー加入、スティーヴの金欠、ダンがフィオナの栄転について行くか?と、今シーズンもいろいろありました。
その中、最後にUCOS解散の危機も告げられ、ああ、解散でおしまいかあ…と寂しくなりましたが、そこはいろいろ裏を嗅ぎ取るのが得意なストリックランドのおかげで乗り越えられました。
が!
なんと、現メンバーで残る人がひとりもいないという意外な結果です。
サーシャは他部署へ、ダンはフィオナの転勤に付いていき、スティーヴは探偵、テッドは当初の予定通りパットとキャンピングカー旅行…とのことです。
最後、さらっと言ってましたが本当のことでしょうか。
特にダン。
彼はその少し前に、フィオナに「娘との関係は無理そうな妻を残せない」と訴えてましたよね。
それがあっさりと栄転について行くとか、拍子抜けしました。
スティーヴの探偵もそうです。
金欠なのに、息子と海外とか、信じがたいなあ…と。
あれ、他部署への異動&出世をためらってたサーシャを気遣ってたの?と思いさえもしました。
出世をためらっていたサーシャも、突然受け入れたり、不自然といえば不自然な気もします。
もしかして、メンバー全員相手側を気遣った結果なのでしょうか。
これ以降作られていないようなので、これでおしまいにするためにまとめちゃったのかなあ…とも考えますが、このドラマらしいようならしくないような、すっきりまとまったような釈然としないような、不思議な気持ちでいっぱいであります。

そんな中、空いた席にストリックランドが昇進するというちゃっかり具合は、とても納得がいくものでした。
この人、本当にちゃっかりしてますよね。
いつぞやも、ヨットクラブの会長関連の事件を調べさせ、会長を失職させ自分が後任に就いてたこともありましたよね。
それと同じで、「さすが!」と言わずにはおれませんよ。
しかし、万年副警視監だったのに警視監になるとは。
やっぱりこのドラマはここでお終いなのですね。
出世したストリックランドなんて「ニュー・トリックス」には似合わないですから。

オリジナルメンバーの頃には及ばなかったかもしれないけれど、楽しみにしていたので残念ではありますね。
でも、ジェリーに代表される、メンバーの送り出し方もきちんとしていたような気がして私は好きでした。
ほら、いろんなドラマでは、やたらと殉職させるじゃないですか。
特にこのドラマは「高齢」がキーワードでもあるので、現場でなくてのそういう退場がチラチラしているのに、そうはならなかったですからね。
面白かったんだから、このままAXNミステリーでも最後まで放送してくれればいいのに、と思います。

拍手

あ、新しいのが?



ネットをうろついていたら、びっくりするものを見つけてしまいました。
これ、新作というか未訳だったものがあったということですか。
それなら、出すなら最初の映画の時だろうがっ!と思わないでもないですが、とりあえず新しいものが読めるのなら大歓迎です。
前に出していたところはもう新作からは手を引いてしまったのでしょうか。
でも映画用の帯付けて売ってますよね?

タイトルになっている「パディントン、テストをうける」、
手違いからパディントンが運転免許のテストをうけることになってしまった
とあります。
どんな手違いだよ!と内容紹介からつっこめるなんて幸せなことです。
「学校に通ってない子どもがいる」という話の時も、一目でクマだとわかるだろうに、そのまま通学することになるんですよね。
パディントンは見た目はクマだけど、人間としてみんなも見ているのかな?と思ってしまいそうですが、結果、トラブル続出で音を上げた学校側が「クマだから学校来なくてよい」となるんですよ。
運転免許のテストも、とりあえず受けさせるんだろうな~とワクワクです。

未訳のものはあとどれくらいあるのでしょうか。
とりあえず、来年にもう一冊出ることは決まっているようですが。




拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]