忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

もう一人のバーナビー警部 ~#29

昨年放送された新シーズン29話までをようやく見終えました。
サイクスも元気に登場してくれてよかったです。
赤ちゃんにヤキモチやいてぬいぐるみを隠したり、自分だけ置いて行かれそうな旅行を察知して悪い子ぶってみたり、かわいらしいエピソードばかりでしたね。
特に、最終話の旅行のやつは、しつけのできてない悪い子のはずはないのに、「もう預けるペットホテルがない」と言わしめるほどのお利口っぷりです。
美容室で大暴れして飼い主さんが「もう行くところがない…」と言っていた、お友だち犬(女の子)のことを思い出してしまいましたよ。
警部の奥さんが、警部のへんてこな服をリサイクルという名の処分に回したの、「ジーヴスかっ!」とつっこみましたよね?(笑)
さて、サイクスですが、続きのシーズンでも出てくれますよね?
今回の放送、サイクスの猫背がとても気になったもので…猫背の犬って…(笑)。

今回放送分、出てくる人みんな仲悪くていやな感じでした。
対立してる中でも、誰かしら味方がいたりするものじゃないですか。
それが、みんなが一匹狼的に他の人と争ってるように思いましたよ。
村の人たちはもっと団結していて欲しいな、と思ってみたり(笑)。

村といえば、絵画教室、演劇、コーラス、祭り、庭コンテスト…と、どこにでもいたジョイスがいないのは寂しいですね。
祭りっぽいことやってると、「ジョイスが来てないはずはない」と思って、つい姿を探してしまいますね。
こんなに姿を見かけないのは、もうミッドサマーには住んでいないと思わないと不自然ですよね。

チャーリーと新しい検死のカムのライバル関係は続くのでしょうか、と思ったら!
まあいいです。
前の検死の人がいなくなったみたいに何かエピソードがあることを期待しますよ。
放送はしてくれるでしょうからね。

拍手

PR

1月のまとめ

「きのう何食べた?」を読んでいたのでこのくらいです。
読み終えた12巻は覚えているけれど、他のはよくわからなくなってしまったので日付登録はしませんでした。
唯一読んだ小説「そして誰もいなくなった」ですけど、ドラマ視聴後でもインパクト強かったです。
機会があったら他の映像でも見たいなあと思います。
ところで、先日、日本でも「そして~」のドラマが作られると聞いたような気がしましたが、それはどうしましょうか(笑)。



2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1372ページ
ナイス数:22ナイス

バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで (文春文庫)バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで (文春文庫)感想
「音楽性の違い」には、多くの物語があるのだなと感じられます。そして、ちょっと読みにくいところがあると思ったのは私だけでしょうか(笑)。
読了日:1月28日 著者:速水健朗,円堂都司昭,栗原裕一郎,大山くまお,成松哲
きのう何食べた?(12) (モーニング KC)きのう何食べた?(12) (モーニング KC)
読了日:1月24日 著者:よしながふみ
レディ&オールドマン 2 (ヤングジャンプコミックス)レディ&オールドマン 2 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:1月13日 著者:オノ・ナツメ
レディ&オールドマン 1 (ヤングジャンプコミックス)レディ&オールドマン 1 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:1月13日 著者:オノ・ナツメ
織田シナモン信長(2): ゼノンコミックス織田シナモン信長(2): ゼノンコミックス
読了日:1月12日 著者:目黒川うな
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)感想
NHKで放送された英国ドラマ(3話)を見てから読みました。元判事の「正義」、本のほうがより怖かったです。最初の若者の死を清々しくさえ感じたのは、あながち間違いでもなかったことにも驚きました。
読了日:1月9日 著者:アガサクリスティー

読書メーター

拍手

「フルモンティ」、久しぶりに見た。



久しぶりに見たのですよ、あるシーンを期待して。
ガズが仁王立ちで、地面にノームを叩きつけて割るヤツです。
でもですね、結果をいえばそんなシーンありませんでした。
ガズが、あの悪い顔でスカッとすることをやってくれていたような気がしていたのですけども。
練習に来ないデイヴを呼び戻すために、ガズがデイヴのノームを叩き割ったように記憶していたのに(かなり具体的だ)。
確かにデイヴも練習に来ないし、ノームも出てきて叩き割られるけど、別々のエピソードでした。
おかしいなあ?
肩透かしを食らったような感じですが、身体だけがお見事な内装屋さんが「ブラウン神父」の初代警部補だった!という収穫があったので満足です。

拍手

近況(~1月28日)。

お気に入りのブックカバーが見つからなかったのです。
手に馴染んできたのに、使わないでいる間に、本に押されてぐちゃぐちゃになっているのでは…と哀しくなっていました。
そうしたら、他のブックカバーの間に挟んであるのを発見しました。
大事にしてブックカバーにブックカバーをしていた状態です。
無事でよかったのですが、何かバカっぽいです。

年末の話です。
夜寝る時、寒くて寒くて、母が使わなくなった蓄電湯たんぽをありがたく使ってました。
でもある日ふと気づいたら、敷きパッドが夏物です。
とってあったそれのものと思われるパッケージを見ると、「接触冷感」とあります。
…寒いわけです。
大急ぎで取り替えたら、湯たんぽ、いらなくなりました。
う~ん、洗うことはしてたんですけどね。
それほど最近の私いっぱいいっぱいだったということなのかもしれません。
気付けたということは少しは余裕が出て来たのかな?と思うことにします。

それにしても、この話題のふたつとも、バカっぽいじゃすまないよ…。






今年も一番かなしい時期を乗り切りました。
正直なところ、いろいろあったので(継続中ですが)例年よりは落ち込まなかったような気がします。
それは決して、まさ君のことを乗り越えられたわけではなく、気にしなければならないことが山積みだからということなのでしょう。
来年はまた胸が苦しく、何も手につかないなんてことになっているかもしれません。

ところで、そのまさ君が通っていた近所の動物病院。
昨年末に前を通ったら建物のあちこちに錆が浮いているのを見つけました。
うちが通っていた頃に新築されたので、月日の経つのは早いものだなあと感じます。
まさ君がお星さまになってもう10年ですからね。
「わあ、まさ君とお友だちが軒並み通わなくなったからだ!」と思いました(笑)。
しかしその数日後、足場が組まれ何らかのお手入れ工事が開始されるようでした。
なるほど、新しい患者はいるわけだな。

拍手

文庫になってたのですね。「バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで」



元本が出た時気になっていたのですが、書店で見かけることもなくそのまま忘れてました。
ところが最近、見覚えのあるタイトルに注視してみたら、文庫となって登場とあるではないですか。
お手頃になったことだし、ね。

古いものから最近まで、日本だけでなく海外のグループまでも扱っているので、知らないものも多いです。
解散理由の、「音楽性の違い」に隠された多くの物語は、野次馬根性でみるにはたいへんに興味を惹かれます。
しれっと活動再開しているのも含めてです。

ただですねえ…。
交通事故の情報を求める立て看板、あるじゃないですか。
近所の道路にもあるのですが、それがどう読んでもどっちがどうなのか理解し難いのです。
「〇〇と〇〇の事故がありました」のような、定型文のあちこちを消して書き換えているので、何かすごいものになってます。
Aという車とBという車が当事者同士なのはわかりますが、そこに片方の車の付属情報が加わってごちゃごちゃとしてしまってます。
いっそのこと、定型文なくしてしまったほうがいいんじゃないか?とさえ思います。
この本にも、時折これと似たような感じを受けたのは私だけでしょうか(笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]