忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

近況、ドラマ編。

ちょっと前に、NHKで若モースの放送があったのですね。
それを見ていたお方から拍手コメントいただきました。
ネタバレしてると思うのですが、少しでもお役にたてなのならうれしいです。
それをきっかけに記事を読み返してみると、「ストレンジ、制服姿が見たいから早く出世しないかな」と、先日のWOWOW放送分を見たあとにつぶやいたのとまったく同じこと書いてました(笑)。
私、モースというドラマに何を期待しているのでしょうか…。

というわけで、この前のWOWOW放送分の感想も書いていなかったので少しだけ、事件よりも人間関係を。

モースに他の署での空きを勧めるストレンジにやられました。
実にさりげない。
お前のためだぞ、なんて気配は感じさせず、さらっと大切なことを伝える姿に惚れ惚れしました。
クイズ大会後にお菓子をすすめるのと同じトーンでしたよね。
これはホントに大事なところだと思いますよっ!
モースが復帰するかどうかの時も、直接的なことは何も聞かないで、後で同僚と心の内を語る、そこともつながっていて、ストレンジという人をとてもよく表していたと思います。
オリジナルモースの最後を見る前に、若モースでストレンジとの関係を見たので、オリジナルモースのラスト近くは心に沁みました。
で、それがあるから今の若モースでの二人の関係性もいろいろ考えずにはおられません。

そしてもうひとり、警視正ですよ。
倒れた時は心配しましたが、次のエピソードでは復帰していたので一安心です。
が、入院中にご家族の気配がなかったのは別の意味で心配です。
そんな警視正、モースの他署への異動話に、それもいいかもという感じでした。
ここでは自分がこれ以上ひどい目に合わせることは食い止められるかもしれないけれど、未来もない、お互いにそれをわかっているという空気が流れてましたよね。

こんなにいい空気なのに、後のモースは何故…とやっぱり思ってしまいます。
ようやくWOWOWのを見終えたと思ったら、もうすぐまた新しいエピソードがあるんですか?
どんどん見るのが遅れていきます。
きっと、録画容量が大幅に増えたせいです。
どんなに遅れても見るものは見ます。

拍手

PR

どれを買ったらいいんですかっ!

「パディントン2」のブルーレイ&DVD、7月4日発売!とお知らせがありましたね。
近所では字幕版の上映がなかったので当然買います。
が、どれを買ったらいいんですか?
オマケがあるなしじゃなくて、ブルーレイとDVDがセットって!
確か、一作目のパディントンの時は、ブルーレイとDVDは別に売っていたと思うのですが、私、そんなにソフト業界から遠のいていたのでしょうか。
今、DVDはブルーレイのオマケ的な扱いになってるのですか?
複雑な世界です。





まだ決定ではないのでしょうが、走ってるパディントンがかわいいので下の方が採用されるよう願います。

拍手

3月のまとめ

「月明かりの男」、これ、何回も途中で読めなくなって、最初の方覚えちゃうくらいに何度も読み返してたんですよ。
つまらないわけじゃなくて、読みたいからほんのちょっとでも読み直して挑戦してたわけなんですけども。
この度、無事に読み終えて言えるのですが、まあ一気読みできなかったのが後悔ですよ。
読書メーターの感想にもチラッと書きましたけど、別人説に傾きすぎてその先の展開をそっちで描き始め、自ら物語に混乱を招いたりしてました。
これはいい具合に中身を忘れた頃に(何年後だ?)読み返したいと思います。
その前にマクロイの新刊出ちゃいますね。

ラジオのCMがきっかけで興味を持ち、クラウドで過去放送全部聞いてしまいました。
この4月からも新たな時間枠での放送が決まり、めでたいことです。
腐し芸のラジオパーソナリティとしてたいへんに好みですが、本業の方にはまったくの無知でして…。
ちょっと探して聞いてみたりもしましたが、これは…嵌ったらまずい世界じゃないですか。
一話モノや、連続モノでも一話ずつ楽しめるようにもなってたりしますが、聞いたらというか、嵌ったら最後という匂いがします。
近くに聞きに行けるところがないのが幸いとなるような、そんな感じです。
でも、機会があったらできるだけ聞いていきたいとは思わせる熱量があります。
いつもラジオではあんなこと言ってるけれど、なんて真面目な人なのでしょう。
例えば、いつぞやの弟子志願の青年への対応も笑いにしてましたけど、この本とWEBでのインタビュー記事を読むと、意味するところになんとなく導かれるように感じます。




3月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1090
ナイス数:10

絶滅危惧職、講談師を生きる絶滅危惧職、講談師を生きる
読了日:03月30日 著者:神田 松之丞,杉江 松恋
月明かりの男 (創元推理文庫)月明かりの男 (創元推理文庫)感想
途切れ途切れに読んだの、後悔したわー。途中の別人説にも振り切れちゃったし、なんだか冷静でなかったわー。
読了日:03月26日 著者:ヘレン・マクロイ
妖怪ギガ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)妖怪ギガ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)
読了日:03月14日 著者:佐藤 さつき
よれよれ肉体百科 (文春文庫)よれよれ肉体百科 (文春文庫)
読了日:03月10日 著者:群 ようこ
ギガタウン 漫符図譜ギガタウン 漫符図譜
読了日:03月07日 著者:こうの史代
オハヨー! 半世紀高校(1) (ワイドKC モーニング)オハヨー! 半世紀高校(1) (ワイドKC モーニング)感想
肉じゃが、探して食べな!(笑)
読了日:03月03日 著者:大橋 ツヨシ

読書メーター

拍手

近況(~3月17日)。

ラジオクラウドばかり聞いています。
もともと、好きな番組は録音して聞いたりしていたのですが、最近お気に入りのを見つけてしまい、クラウドで過去放送を聞きまくってます。
今までもCMで番組情報入っていたはずなのに、なんで聞いてなかったかなあ、私。
これが、実に私好みで止まりませんよ。
もう少しで今の放送に追いつくので、そうしたらこの方の本業も聞こうかなあ、と。
でも、4月以降、番組続いてくれるのかなあ…。

少し前から料理の制約が減りました。
これからはグラムとかあまり気にせずに好きなように作れるのかな、とほっとしてたんですよ。
しかし、実際はそんなことなくて、かえって何を作ったらいいのかわからなくなっています。
肉や魚のグラム数だけじゃなくて、主菜、副菜、もうちょっと、といったバランスもどうしていいやら…です。
じゃあ、前の状態に戻せばいいじゃないとも思いましたが、何をどうとかではなく、張りがないというのが正解なのかもしれません。
ラジオを聞きながらしのぐことにします。


拍手

ギガ、ふたつ。


発売日に、まだワゴンにあるのを、買ってきました(ちゃんと店員さんに許可はとりました)。
いや、これを目指してじゃなく、他にも用があったんですよっ。
でも楽しみにしていたのは事実です。
一話完結と並行して、クロとご主人の物語があります。
ご主人が好きになった娘がなかなかにいい娘でよかったです。
クロの想いもしっかり受け止めてくれるし、クロのこれまでがはじけた最後のあのページで一応の完結といってもいいのではないでしょうか。
一話完結の方で好きだったのは、「小豆洗い」です。
扉絵の形相とは違い、実にナイーヴな心の持ち主です。
いったい、どこ見てるんだよ!という研いでる姿勢もかわいらしいです。
よほど気に入ったのか、私、小豆炊いちゃいました(笑)。



こちらは、鳥獣戯画の面々のキュートな日常とでも申しましょうか。
みんなの性格付けが、しっかりわかりやすくて愉快です。
私はカエルのあおい君のファンです。
季節で学帽が変わってるのもお気に入りです。
後半、うさぎのみみちゃんがやりすぎになっていくのもよかったです。
そして動物のほのぼの漫画であると同時に、「漫符図譜」でもあります。
漫画特有の表現記号を、一話ずつに使いながら解説してくれるというものです。
これがほのぼの漫画にとてもマッチしています。



拍手

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]