忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

そして誰もいなくなった(終)

全3話を二日間で見ました。
今回の放送に合わせて本も買いましたが、まだ未読です。
あまりにも有名な原作ですけど、私の予備知識は「孤島でひとりずつ殺される」くらいです。
きっと、話の筋を知らないのは私くらいかもしれませんけれど、内容に触れるので一応間をあけます。
改めてお断りしますが、私は、ミス・マープルやポワロはドラマで見ていて、クリスティーの小説は「アクロイド殺し」しか読んでいない初心者です。









謎めいた招待状で集まった人々、主が姿を見せない孤島の館、と、期待は高まりました。
さらに集まった人がみんな後ろ暗い過去を、別解釈(=ウソ)で弁明するのですから、怖いったらありません。
最初に殺された若造が、気持ちよすぎるくらいの正直者だったのもいいですね。
しかし、途中「ホラー?」な展開があって嫌な予感がしましたが、余計なお世話でした。
これは心理戦ですねえ。
「この作品がなければ後のミステリが~」と言われるのがわかるような気がしました。
おそらく、「デクスター」もなかったかもしれませんね(笑)。
ただですねえ、病気を抱えた年配者がやったにしては行動的過ぎるように思わないでもないです(レバーの件が気になっていたのですが、そうでしたかっ!「誰か隠れて食べてた?」と思いもしましたが、「なぜレバー?まずパンだろっ!」とひとりつっこみをしておりました・笑)。
でも、ひとり、またひとりと減るにつれて、どこかおかしくなっていく様子、語られる過去の真相、疑心暗鬼なところの緊迫感にはやられましたね。
「オリエント急行の殺人」と真逆なところも私には驚きでした。
先に本を読んでいたら、というか読みだしていたら怖くてストップしたかもなあ、と思うのでドラマ先行でよかったです。
ちょうどよく記憶が薄れてきたら、本の方を読んで怖がりたいと思います。
この内容の記憶が薄れるのか?という疑問はありますけどね♪




改めて、クリスティーを読みたくなりましたけど、冊数が多くて困ります(笑)。

拍手

PR

近況(~12月11日)。

また修理が必要になりました。
違う場所で、違う業者さんへの依頼です。
返事も早くて、以前に見積もりしたところとは違う判断だったのも好印象です。
親が、同じところに頼まずに、あちこち渡り歩くタイプなので、元のところに相談してよかったなあと思います。
できあがってみないとわかりませんけど。


よく聞いているラジオで、赤ちゃんパンダの名前を応募するだけでなく、「当てにいく」という企画をやっていたのです。
命名式の日程まで当てていたので、期待は高まります。
で、この前の火曜日の式で、見事当ててました。
なんだろうね、このすごさは。
いろいろとあやかりたいですよ。



買ったのは表紙に惹かれたからです。
だって、捜査中と思われる刑事が牛に警察手帳見せてるんですよ。
こういったシーンはありませんでしたが、たいへん楽しかったです。
最初は、ダルジール警視のような品のないお方を想像していたのですが、違ってました。
ちょっと間抜けで、人を思い遣る心も備わった、愛すべき中年刑事でした。
殺人事件なんて起こらない町なので、モーレツ刑事的な捜査でないのもいいです。
中でもよかったのは、張り込みです。
ピクニックかよっ!と自然に突っ込める、ウキウキ準備ぶりがたいへんにかわいらしいです。
ウキウキしすぎて失敗してるのも含めて、合格点です。
捜査チームや上司、奥さん、その友人を含めてキャラクターがかなりできあがっているので、これでおしまいではもったいないです。
本国ドイツでは、7作まで出ているうえにドラマにもなっているようなので、続刊&ドラマ放映を期待します。


病気の報告があっても、回復して戻ってきて、記念の年のイベントもあるのでは?と思っていたのですけどね。
続々リリース発表のすぐ後に、訃報をきくことになるとは思いもしませんでした。
残念です。

拍手

近況(~12月3日)。



知人が「読んだけどイマイチ…」と見せてくれた本に、「あ、フジモトマサルさんだ!」と著者ではなく、イラストのほうに食いついてしまいました。
で、その知人が「もういい」というので、ありがたくいただきました。
穂村さんや森見さんの本なら読むけれど、これはいくらフジモトさんが描いていても手を出すことはないと思うので、ありがたいです。
が、やっぱり文章読まないとイラストが楽しめないので、なんだかなあ…です(笑)。
いや、誰も悪くないのです。
悪いのは読まず嫌いの私です。

先週、雪が降りましたよね。
南国千葉でも降りました、というか、ちょっと積もって慌てました。
外出しなければならない日だったので、前日からハラハラしてました。
起きた頃は雨で、ほっとしたのも束の間、時間が経つにつれて雪になりました。
でも出掛ける頃には雨っぽくなっていたので、やれやれ…と出掛けたら、目的地に着く頃には結構な降りに逆戻り。
ちょこちょこと合間に外を見ると積もっている!
帰り、どうしよう…と頭を抱えていたけれど、用が済んで帰る頃には雨で道路の雪は解けてました。
結果、何も問題もなかったのですが、気を揉んでたいへんに疲れました。

拍手

最近見たドラマ、いろいろ。

AXNミステリーの先取り情報にあったのですが、チャンネル銀河でS11まで放送している「ニュー・トリックス」が放送されるのですね。
何故今?という気がしますが、局のカラーを考えると遅いくらいですよ。
S1&2とわざわざ断り書きしているのは気になりますが、とりあえずめでたいです。
S1とか見たらジェリーが若くて笑っちゃうんだろうな♪


もう一人のバーナビー警部
#22「ミッドサマーバラッド」まで見ました。
この回の、サイクスがマズルのあたりを手(前脚)でく~っとなでる姿がたまりませんでした。
警部はもっと家にいた方がいいと思いました。


ヒンターランド2(終)
S1も見ているのですが、つながりがあまり思い出せず…。
マサイアスに「調査委員にも部下にもそんな態度をとるな!」と意見する警視正は、真っ当な人だと思ってたのですが、S2の最終話では政治屋警察官としかいいようのない言動でしたね。
私は思い出せないのですが、イワン・トーマスとか、S1&S2の事件関係者話もチラホラ出てきて、一話完結ではない大きなつながりを明らかにしてお終いか?と思わせて、「続きはS3!」。
一話一話はともかく、このつながりを忘れてしまっているのでそこが残念でした。
それだけでなく、他のドラマを見るつもりで間違って選択してしまってそのまま見続けた時、セリフがない部分を早送りで見るということをしてしまいました。
そしたらなんと、視聴時間が1時間15分程度でした。
CM込みの全編だと1時間40分程度ですよね。
静かなところに浸る部分の多いドラマなのだな、ということ認識いたしました。


ウォーキング・デッド7
5話まで見ました。
ゾンビの出番、減ったよね(笑)。
とにかく、ニーガンが何故それほどまでに力を持っているのかがわかりません。
あちこちでコミュニティができて、リーダーが必要になるのはわかります。
リックとか、アレクサンドリアやヒルトップの町長だったり、そういった人が必要ですよね。
「王国」の、トラを連れた国王もリックたちのそれとは違った意味でわかるように思います。
前職から任されたりするのがリックたちのような場合で、王国では「トラを連れていた」ということが重要だったのですよね。
理由はともかく、何か特別な力を持った人が必要だった、とかね。
でも、ニーガンは…。
あそこのグループは荒くれ者ばかりじゃないですか。
それなのに誰もニーガンの寝首をなんとかしようとする人がいないのですかね。
5話でヒルトップに来た人とか、あのままあのグループ連れてニーガンをやっちまえ!とか思わないのでしょうかね、荒くれ者なのに。
ドワイトみたいに逃げ出すだけで、内紛とかないのですかね。
そんな時期は過ぎてしまった結果が今なのかもしれませんけど。

拍手

11月のまとめ

「声」、よかったです。
刑事の今の、子どもの頃の、容疑者の、被害者の、刑事と心の近づいた女性の、と、家族のかたちがこれでもか!と責めてきます。
しかし、こんな時期に重めのものは読まない方がいいかな…と思いました。
読んじゃうんだろうけど。

ムーコは、こまつの鬼っぷりがすさまじいです。
もはや、ムーコの心を汲む能力が鈍いの域を超えていると思います。
なんでこんなやつに…とウシコウさんでなくても涙してしまいます。

読書メーターのサイトがリニューアルされたようです。
この前、一瞬リニューアルとなったけれど、不具合のため調整中だったのが本格スタートになるみたいです。
一瞬リニューアルの時は使ってみる間がなかったけれど、評判はあまりよくなかったふうなので多少の不安はあります。
まあ、私は新しいものに馴染むのが遅めだったりするので、徐々に適応していけらいいなと思います。



11月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1116
ナイス数:18

波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)
読了日:11月27日 著者:沙村 広明
いとしのムーコ(10) (イブニングKC)いとしのムーコ(10) (イブニングKC)
読了日:11月23日 著者:みずしな 孝之
ちいさこべえ 1 (ビッグコミックススペシャル)ちいさこべえ 1 (ビッグコミックススペシャル)
読了日:11月23日 著者:望月 ミネタロウ,山本 周五郎
ちいさこべえ 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)ちいさこべえ 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
読了日:11月22日 著者:望月 ミネタロウ
声感想
心にささる、いくつもの家族の形があります。
読了日:11月21日 著者:アーナルデュル・インドリダソン

読書メーター

拍手

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]