忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

12月のまとめ


アメリカ大統領選挙があんな結果となった今読むと混乱します。
誰が見ても泡沫候補からの逆転劇、どうして他の候補者たちは白旗あげちゃったんでしょうかね。
でもこうやってみると、トランプは大統領になるべくしてなったのかなあ?という気もしてくるから不思議です。


新読書メーターのまとめ、改行位置がおかしくてなんかイヤです(笑)。
自分で直せる人はいいのでしょうが、コピーして貼り付けるだけなのでいかんともしがたいです。





12月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1649ナイス数:15さらば白人国家アメリカさらば白人国家アメリカ読了日:12月29日 著者:町山 智浩
ねこねこ日本史(3) (コンペイトウ書房)ねこねこ日本史(3) (コンペイトウ書房)読了日:12月27日 著者:そにし けんじ
独女日記3 食べて、忘れて、散歩して独女日記3 食べて、忘れて、散歩して感想ホントにこの人は、犬バカである。犬と暮らしてる人はみんなそうだけど。はなちゃんとふたりであっち行ったりこっち行ったりしている姿が浮かんでほほえましいったらありませんよ。読了日:12月18日 著者:藤堂 志津子
ちいさこべえ 4 完 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)ちいさこべえ 4 完 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)読了日:12月07日 著者:望月 ミネタロウ
ちいさこべえ 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)ちいさこべえ 3 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)読了日:12月06日 著者:望月 ミネタロウ
ミルク殺人と憂鬱な夏──中年警部クルフティンガー (ハヤカワ・ミステリ文庫)ミルク殺人と憂鬱な夏──中年警部クルフティンガー (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想表紙が気に入って読みました。こんなシーンはなかったけれど、警部の人柄が魅力的です。シリーズの続刊を期待します。読了日:12月06日 著者:フォルカー・クルプフル,ミハイル・コブル
読書メーター

拍手

PR

近況(~1月4日)。

あけましておめでとうございます。
今年もみなさまの助言のもとに書いていくことができたらいいなと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

一日に「今年の目標、体温を上げる」とつぶやきました。
が、年が明けてのこの4日間、毎日アイスを食べてしまいました。
目標頓挫状態です、三日坊主どころではありません。
買わないようにしたいのですが、何かいい方法はありませんか?(笑)

近所のスーパーで初売り日に、買い物レシート見せたら干支の土鈴をもらいました。
色付けもしてあるけっこうかわいいニワトリさんで、お土産として母にあげたら大喜びです。
が、その後がいけません。
チリチリ音がするので行ってみたら、用事を頼まれました。
それ、サービスベルじゃないからっ!
土鈴だからそんな響き渡る音じゃないけどさ、なんか操られたような気がします。
初ムカつきです。

昨年後半、ちょっとした変化があり日常のペースをすっかりくずしてしまいました。
そろそろ、新しくペースを作って掴んで、それなりに過ごしていけたらいいなあと思います。

拍手

近況(~12月28日)。

会ってもいつも面白くないことしか言わない私を不憫に思ったのか、姉からクリスマス・プレゼントをもらいました。
くまモンのボールペン、本体ひとつと、レフィル(10色)です。
あああああ~っ、なんてかわいいんだ!
もらってから、早速売り場を見に行って、本体はあと5つ、レフィルももう一種類あるのを発見しました。
これはプレゼントでよかったです。
もし自分で見つけていたら、どれにしてよいやらわからずに閉店までこの前に居座っていたかもしれません。
4色ボールペンも新調したばかりだったしね。
まあいいのです、だからくまモンボールペンは観賞用にできるのですから。
でもプレゼントは、これでもよかったかなあと思わないでもないです。
自分で買え!ですかね。




本当に今週になって、年末らしい掃除を何一つしていないことに気が付きました。
日々のことはなんとかペースをつかんできたけれど、それ以外がまったく疎かになってました。
それほど、私の許容範囲を超えている日々だったと言えるのかもしれません。
気付いたからといって、慌てて掃除をするかというと、そういうこともありません(笑)。
そんな感じで今年も終わっていくのだなあということです。
それではみなさま、よいお年を。



拍手

ウォーキング・デッド7(前半終)

連れ去られたり、出て行ったり、トラブルで戻れなかったりと、散り散り感が強かったですね。
みんなが生きるためにニーガンに従うのではなく、みんなが生きることのみを選ぶという、主役チームの心がまとまっての前半終了。
やはりですね、正しいリーダーであるリックが見たいですよ。
なので、あの集結シーンはちょっとよかったです。
みんなが慕っているのは、そういうリックなのだな、と。
でもさあ、ニーガンに屈したようでも、みんなの命を守るのもリーダーとしては必要なことだったのはわかってますよ、スペンサー以外は。
でも、これからやるのは命の犠牲も覚悟しなければならないわけですよね。
立ち向かうのは巨大な「ニーガン」。
これはリーダーの名前であると同時に、巨大組織というか共同体でもあるようです。
数ではとうてい太刀打ちできないので、どういった作戦をとるのかが後半の見所なのでしょうね。
夜逃げ同然に引っ越すとかないですよね、ユージーンが連れて行かれちゃいましたから。

ニーガンの人がどうしてリーダーでいられるのかがわからない、と書いたことがあります。
確かに、やっぱりわかりません。
荒くれ者が集まった組織なら、腕っぷし自慢が「俺ならっ!」と子分の根回しをして謀反を起こしそうな気がしますから。
ただ、スペンサーの汚い考えを見抜き、人間として「悪」と裁定を下すあたりに、馬鹿じゃないということはよくわかりました。
馬鹿じゃないどころか、ヘラヘラした部分を表に出すことで掌握術を隠しているというか。

続きは2月ですね。
リックと並んでアーロンも贔屓キャラなので、前半最終話の展開はハラハラしました。
後半は出番が増えることを願います。

拍手

アガサ・クリスティーの謎解きゲーム #3「もの言えぬ証人」

デヴィッド・スーシェさんがポワロの「もの言えぬ証人」は、ボブがとってもかわいく芸達者で、ポワロさんやヘイスティングスとのやりとりも楽しかったので期待してました(笑)。
ですが…ボブの出番が少なすぎっ!っていうか、ボブじゃなくてマックスだしっ!
名前はいいですが、マックスの証人ぶりが「頭に血がついてる、被害者と一緒にいたんだ」ってそれだけですか…。
霊媒師に犯人だと名指しされて驚く表情とか、ボブのような役者ワンコがフランスにはいなかったということでしょうか。
「頭に血がついてる」は、「REX」のチビちゃんエピソード(小さな証人)を思い出しましたよ。
お利口レックスがいれば、「マックスの頭を見て!」と早く伝わったのに。
この場合、伝わったからといってたいして進展なかっただろうけど(笑)。

というわけで、この「謎解きゲーム」は、ドラマ見たり本読んだりしている人向けなのかな?と思えてきました。
ポワロさんとヘイスティングスのほのぼの感とは違ったコメディ色も覚悟が必要なのかな?
そんな大袈裟なことでもないけど。
年明けから週一で放送のようなので見続けようかなと思います。

拍手

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]