忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

「殺す風」マーガレット・ミラー




昨年の復刊フェアの時に買ったのを、ようやく読みました。

ロンは何処へ?で、進んでいくのかと思ったら。
半ばで見つかり、それがあっさりと処理され、話は特に強く関わった人たちの日々が綴られて…。
一見収まりがついたようでいながら、その実とっても不穏な空気が流れていてその通りの展開が最後に待っているわけです。
大きな驚きはないけれど、でもやっぱり子どもの名前のところでは驚かされ、そこからの壊れた感じはなんともいえないものがあります。
ちょうどよい「じわじわ感」が味わえました。
ラストの、彼らの選んだもの悲しさに比べて、真相を見つけてしまった友人の締めの言葉がどこかユーモラスでもありました。
ただですねえ、冒頭でロンは具合悪そうでしたよね。
私は「絶対、自宅で一服盛られてる」とかなり後半までその自説を信じていたので、やっぱりちょっと意外な結末だったかしら?
あれは何だったのさ、ロン!



拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]