忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「映画・DVD」の記事一覧

どれを買ったらいいんですかっ!

「パディントン2」のブルーレイ&DVD、7月4日発売!とお知らせがありましたね。
近所では字幕版の上映がなかったので当然買います。
が、どれを買ったらいいんですか?
オマケがあるなしじゃなくて、ブルーレイとDVDがセットって!
確か、一作目のパディントンの時は、ブルーレイとDVDは別に売っていたと思うのですが、私、そんなにソフト業界から遠のいていたのでしょうか。
今、DVDはブルーレイのオマケ的な扱いになってるのですか?
複雑な世界です。





まだ決定ではないのでしょうが、走ってるパディントンがかわいいので下の方が採用されるよう願います。

拍手

PR

モフモフ紳士に会ってきた!

映画「パディントン2」、見てきましたよ!
映画秘宝で紹介されていた、
「社会派」の鋭利な爪はもふもふの手足に隠しつつ
という表現もとても気に入ってます。

ルーシーおばさんのお誕生日プレゼント「ロンドンの街並みの飛び出す絵本」を買うため、バイトに精を出すパディントン。
グローバーさんのお店で飛び出す絵本があるのを確認し、また明日頑張ろうと思った矢先、お店に泥棒が入るのを目撃。
追跡するも煙に巻かれ(文字通り)、あろうことか現場にいたことから強盗として逮捕。
裁判でも有罪になり、刑務所へ入れられることに。
果たして、パディントンの運命は?
ルーシーおばさんのお誕生日をお祝いできるのか?

そんな、ハラハラドキドキのストーリー展開です。
内容知っていても問題ないと思いますが、少しも知りたくないという方もいるかもしれませんので以下、少しあけますね。
あ、ついでに購入品を自慢しておきますね。







ホントに、笑って、涙して、パディントンはかわいくて、ブラウン一家はどこか詰めが甘くて、それらがぎゅうぎゅう詰まっていて、素晴らしかったです。
バイトを頑張るパディントンは、この前読んだ本のおこづかい値上げ騒動のことを思い出してしまいました。
ブラウンさんがお小遣いの値上げをしてあげていれば、こんなことにはならなかったのに!と、代わりに逆恨みしてあげましたよ。
お小遣い値上げしてくれていても、飛び出す絵本を買うためにバイトしただろうけど。
ブラウンさんたちは、パディントンのことを一生懸命考えてくれているけれど、どこかピントがずれていて詰めが甘いです。
今回も「冤罪を晴らすぞ!」と決めたらみんながそっちに行ってしまって、刑務所でみんなに会うことを楽しみにしているパディントンのことなんか忘れちゃうんですから。
あの夜の涙は、本当にかわいそうでしたよ。
家族、家を本当に求めているパディントンにはつらすぎる夜でしたよ。
でもね、あの脱獄告白の留守電(パディントンの「プリズン・ブレイク」)、「さようなら」はみんなには聞こえてなくて、「パディントンからの電話だ!」と真犯人の顛末をまくしたててるところで、伝わってるというか、電話だけにラインがつながってるのだな、とほっとしてみたり、ですよ。

最初の方で紹介されていたみんなの日常が、解決に向かって再集結してくるのも楽しかった!(リンゴ飴まで!)
お楽しみ映画はこうでなくちゃね。
終わり方も優しくてステキでした。

私、これまでヒュー・グラントは全くスルーだったのですが、やりすぎ感が最高でした。
吹替えで見たのですが、斎藤工さんも見事にやりすぎ感を踏襲していてとてもよかったです。
ほとんど満足なのですが、カリーさんの扱いはちょっと…かな。
前作では、クマを排除したいけど「剥製にする」と聞いたらかわいそうになって、ブラウン一家に助け舟を出したり、と愛すべき敵キャラだったのに、今回は終始パディントン排除派でしたよね。
カリーさんは排除したいんじゃなくて、利用したいだけの人なのに。
自警団の服(おそらく自前。ケチなのに)は似合ってたけど、行動はカリーさんっぽくないかなあ…と。

パンフレット見て驚いたのが、2017年4月に新作が刊行されていたということです。
マイケル・ボンドさんはその少しあとの6月にお亡くなりになっているので、最後までパディントンを書かれていたのですね。

あのシーン、このシーンと思うことがたくさんありすぎてまとまりません。
ただ、とにかく楽しいよ!とお伝えしたいです。

前作「パディントン」以来の映画館だったわけですが、やっぱり慣れてないと疲れます。
だらけた姿勢で見られないというだけでなく、音が強いですね。
身体の中に響いてくるというか。
これがけっこうきます。
でも、この音響があるからパディントンが時々発する獣の息づかいが楽しめるんですけどね(笑)。

拍手

「フルモンティ」、久しぶりに見た。



久しぶりに見たのですよ、あるシーンを期待して。
ガズが仁王立ちで、地面にノームを叩きつけて割るヤツです。
でもですね、結果をいえばそんなシーンありませんでした。
ガズが、あの悪い顔でスカッとすることをやってくれていたような気がしていたのですけども。
練習に来ないデイヴを呼び戻すために、ガズがデイヴのノームを叩き割ったように記憶していたのに(かなり具体的だ)。
確かにデイヴも練習に来ないし、ノームも出てきて叩き割られるけど、別々のエピソードでした。
おかしいなあ?
肩透かしを食らったような感じですが、身体だけがお見事な内装屋さんが「ブラウン神父」の初代警部補だった!という収穫があったので満足です。

拍手

来たよっ!



「パディントン」のDVD、来ましたよっ!
8月3日発売なので、朝から「届いた、届いた」とお喜びの声を目にする中、うちにはなかなか来てくれませんでした。
玄関先に放置されているのでは?
誤配達されて誰かが得しているのでは?
などと、不安な気持ちでまったく落ち着きませんでした。
ようやく届いたのは、夕方6時ごろでした。
玄関チャイムを聞き、「パディントン」だと確信している私は印鑑を握りしめて玄関へGO!
ドアを開けると運送屋さんが「いや~、事故があったらしくて遅くなっちゃいました」ですと。
事故と聞いて、「それは、品物が?車が?」と尋ねてしまいました。
運送屋さんは怪訝な顔して「…どこかの道で車が」とおっしゃいました。
ああ、運送途中にあるトラックが通る道で事故があって渋滞にはまってしまったということだったのですね。
トンチンカンですみません、それほど待っていたということでお許しを。

結局悩んだ末、おまけ付きにしたのです(いや、あまり悩まなかったな…)。
イギリス国旗を窓風にくりぬいて、おまけマスコットのパディントンが「こんにちは!」と、のぞいているのがかわいいです♪
きっと本当なら、帽子を片手で持ち上げて挨拶していることでしょう(箱の反対側、まさにそのポーズでした・笑)。
顔はあんまり似てない風ですが(笑)、かわいいし、ちゃんと帽子とダッフルコートがオリジナルカラーなのでたいへんよいです。
ふわふわポーチは、思ったよりも大きくて頼りがいのあるふわふわさです♪
どちらも具体的な使い道が決まるまでは包装をとりません!
下手に触って手脂がついて変色したらいやですからね。
ブックレットも豪華で満足です。
あとは憧れの字幕版を見るだけです。
ちょっとだけ見ましたけれど(ペルー部分だけ)、英語のパディントンは礼儀正しい子どもクマといった感じですね。
吹き替えは小さな紳士といった感じがよくでていたのだなあと認識いたしました。
全部見た後の印象も楽しみです♪



 
おまけ付き、まだあるかな?
 
 
 

拍手

パディントンがやって来るっ!



8月3日にBlu-ray & DVDが発売されるパディントンですが、なんと7月28日に我が市の文化ホールで上映会が行われるそうです。
映画館がない市で、隣りの市にシネコンができたのも1年半ほど前という、映画過疎地域なので、この文化ホールで時々映画上映会はやっておりました。
それが、夏休み特別上映会として「パディントン」が選ばれたもようです。
しかも、座席数が1,200の大ホールで、です。
映画館で見た時のスクリーンよりも大きいと思われます。
一日のみで、5回上映というスケジュールですが、みんな来るのかな?
集まる人を見るために行ってみようかしら。
なんたって、自宅から歩いて行ける距離ですから(笑)。
母が図書館でチラシをもらってきたのですが、「まさかの大ヒット」などと、とても失礼な言葉が書いてありました。
字幕もあったら大スクリーンで見たいから行ったかもしれないけれど、夏休み~と銘打って吹き替えのみでお子様集めっぽいし、こんな失礼なことをのたまっているので見には行きません、DVD買うし(笑)。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]