忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「映画・DVD」の記事一覧

続編も見たい「実験刑事トトリ」

 

珍しく見届けた日本ドラマ、「実験刑事トトリ」のDVD & Blue-ray のBOXが発売になったのですね。
見届けたといっても全5話なのですけども。
著名な動物学者トトリが警視庁の中途採用試験に応募し見事に合格、43歳の新人刑事として28歳の先輩刑事安永と共に得意の実験を駆使して完全犯罪に挑む、そんなドラマです。
ある脳科学者の方っ!モンタルバーノではなく、このドラマこそコロンボ風の倒叙ミステリです!
シリアスではなくてコメディタッチで、会話の楽しさはもちろん、実験に没頭するトトリはまるっきりの変人で、実験の真意に置いてけぼりの安永の不安定さがとっても愉快でした。
二人の上司もすっとぼけているのですが、安永を操縦する技は実に見事です。
いい加減な対処が安永にはわからない、ここはもう様式美とさえいえると思います。
シリアスものの三上さんは私にはヘビーだったのですが、トトリはすっごくツボでもっと見たいですよ。
最終話に出てきた学者時代の教え子羊田くんと安永による、トトリの取り合いもいい感じだったので続編をかなり期待しているのですけれど。
続きがあるかどうかは、このBOXの売れ行き次第!なんて、ジーヴスみたいなことないでしょうね?

ジーヴスのDVD、vol.2の発売は決まっているけれど、vol.3以降はvol.1の売れ行きにかかっているらしいのです。
この前は「続きは保留」なんて書いたけれど、見ます!買います!
なのでまだジーヴスをご存じない方も、一度ご覧になることをおすすめします。
私と喜ぶポイントを共有していただける方なら、絶対に楽しめますっ!


拍手

PR

天才執事ジーヴス vol.1「ジーヴス登場!」&「犬のマッキントッシュの事件」




ばたばたしていて発売日を忘れてました。
本当に開けるまで何が来たのかわかりませんでした。
開けてびっくり、ジーヴスでした。

何気なく読んだウッドハウスのジーヴスシリーズがとても面白くて、訳者の方の「ドラマがある」というお話を聞いて、見たかったのですよ。
しかも、ジーヴス=スティーヴン・フライ、バーティー=ヒュー・ローリーとくれば俄然心は煽られます。
ただ、どちらかといえばヒュー・ローリーの方がジーヴスっぽいかな?という気はしていました。
ハウス先生のイヤな言い回しの印象のせいでしょうか。
が、ドラマとして1話通して見てびっくり、ヒュー・ローリーはバーティーでしかないし、スティーヴン・フライは紛れもなくジーヴスでした。
他の登場人物も、「あなたがアガサ伯母さん!」、「君がビンゴかっ!」と噂でしか知らなかった人に実際に会えたような、そんな感動がありました。
もちろん、マッキントッシュにもね。

ドラマとしては、楽しかったのですけれど、やはり私には敷居が高いようにも感じました。
言葉の応酬ですからね。
しかし、「犬のマッキントッシュの事件」で、マッキントッシュを取り戻す際、犬泥棒の間で流行っているアニス油をズボンに染み込ませるというエピソードは、映像で見られてよかったと心底思いました。
小説だとバーティーが臭いズボンを穿いて行ったというだけですけれど
映像だと、まずホテルに向かう道すがら犬たちがバーティー目掛けて群れてくるし、ホテル内でも行きかう人たちのバーティーを見る目ときたら!
とても愉快でした。

ヒュー・ローリーのピアノの弾き語りもまだまだ見られるだろうし、ドローンズ・クラブでの意味のないおふざけも気になるところだけれど、vol.2以降はどうしようかしら。
もう少し考えてみます、発売6月25日でまだ予約もできないし。

拍手

矢能はすでに映像化されていたのか!




 

発売中の「映画秘宝 6月号」。
映画「藁の盾」が公開される、原作者の木内一裕さんへのインタビューが掲載されています。
「藁の盾」は刊行された時に読んだので細かなことは忘れてしまってますが、犯人を移送する刑事の一人を女性にしたことでどうなっているのかしら?と興味ありますね。
犯人が藤原竜也さんというのもちょっと意外だったので、同じくここも気になりどころ。
ただ、懸賞金欲しさの不特定多数と犯人を守る護送する人たちという図式が、「S.W.A.T.」と似ているという話には…。
木内さんは「S.W.A.T.」のことを「酷い!、甘い!」と。
…監督、クラーク・ジョンソンなんだよね…(涙)。
「藁の盾」、読み返した方がいいかしら?

これもショックでしたけど、もっと驚いたことが。
木内さんの小説2作目「水の中の犬」は、著者ご本人が監督した映画「鉄と鉛」の小説版であるということを初めて知った。
そうだったのか、こんなに惹かれてしまった矢能を映像でも見たい!と思ってましたけど、映像が先でしたか…。
しかも1998年とか、そんな以前にとは。
DVDになっていないらしく、なかなか見られなさそうなのがまたツライ(笑)。
「藁の盾」効果でDVDになることを祈りましょうか。




拍手

ジーヴスのDVD、本当に発売!「天才執事ジーヴス」というタイトルらしい

ウッドハウスの小説、ジーヴスシリーズのドラマ、「jeeves and wooster」のDVDが発売されるとにせみさんに教えていただいておりました。
春頃というお話だったので、「もう春だよな!」と調べ始めました。
そして見つけました、「天才執事ジーヴス」というタイトルで5月発売だそうですよ(amazonでは5月15日と日付も。でもまだ画像借りられない…)!
国書刊行会のHPで予告編も見られます。
リンク先貼っても大丈夫かしら?いいよね、宣伝だもの(笑)。
国書刊行会様
http://www.kokusho.co.jp/np/isbn/9784336056528/

スティーブン・フライも、ヒュー・ローリーも若い!
とても楽しみなのですが、5月発売の vol.1には2話だけのようです。
予告編の最後に「vol.2 6月発売」とあるので、毎月小出しにされるのでしょうか、〇ィアゴスティーニみたいに(これは週刊か)。
特典映像と解説小冊子付きということでありがたいのですが、ボックスで全話まとめて手に入ると思っていたのでこれはちょっと予想外です。
ちょっとずつ買って最後にボックス出したりしないだろうな…とか自分の貧乏根性が情けないですよ(笑)。
とにかく日本語字幕付きで見られる日がくるなんて夢のようです。
全23話、発売されることを期待してますよ。

拍手

正月映画第二弾は「宇宙人ポール」



正月映画として「アンストッパブル」が正解だったので、もうひとつ正月らしいものを、と。
これも正解。
私的には映画を観ている絶対数が少ないので、ネタもとに気付かないところも多かったと思いますが(映画秘宝 2011年12月号で勉強したけど)。
最後の大ボスが彼女であることくらいはわかったよ(笑)。
イヤなヤツだと思っていたポールが、不良で下品だけれども愛すべき人物(?)なところがステキです。
グレアムもクライヴも、RVパークのオネエチャンとお父さんも、ゾイル捜査官も、60年前に知り合ったタラも、みんなポールに何かを気付かされて…ハッピーな映画でしたっ!
ポールが下品だからおしつけがましくなくていいですね♪
リュックの中身には感動さえ覚えましたよ。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]