忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

天才執事ジーヴス vol.1「ジーヴス登場!」&「犬のマッキントッシュの事件」




ばたばたしていて発売日を忘れてました。
本当に開けるまで何が来たのかわかりませんでした。
開けてびっくり、ジーヴスでした。

何気なく読んだウッドハウスのジーヴスシリーズがとても面白くて、訳者の方の「ドラマがある」というお話を聞いて、見たかったのですよ。
しかも、ジーヴス=スティーヴン・フライ、バーティー=ヒュー・ローリーとくれば俄然心は煽られます。
ただ、どちらかといえばヒュー・ローリーの方がジーヴスっぽいかな?という気はしていました。
ハウス先生のイヤな言い回しの印象のせいでしょうか。
が、ドラマとして1話通して見てびっくり、ヒュー・ローリーはバーティーでしかないし、スティーヴン・フライは紛れもなくジーヴスでした。
他の登場人物も、「あなたがアガサ伯母さん!」、「君がビンゴかっ!」と噂でしか知らなかった人に実際に会えたような、そんな感動がありました。
もちろん、マッキントッシュにもね。

ドラマとしては、楽しかったのですけれど、やはり私には敷居が高いようにも感じました。
言葉の応酬ですからね。
しかし、「犬のマッキントッシュの事件」で、マッキントッシュを取り戻す際、犬泥棒の間で流行っているアニス油をズボンに染み込ませるというエピソードは、映像で見られてよかったと心底思いました。
小説だとバーティーが臭いズボンを穿いて行ったというだけですけれど
映像だと、まずホテルに向かう道すがら犬たちがバーティー目掛けて群れてくるし、ホテル内でも行きかう人たちのバーティーを見る目ときたら!
とても愉快でした。

ヒュー・ローリーのピアノの弾き語りもまだまだ見られるだろうし、ドローンズ・クラブでの意味のないおふざけも気になるところだけれど、vol.2以降はどうしようかしら。
もう少し考えてみます、発売6月25日でまだ予約もできないし。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]