忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

プリズン・ブレイク #1「マイケル」 Pilot(再)

NHK BSプレミアムで始まったPB、第1話を見てしまいました。
ちなみに、日本テレビの放送を見ていた時は、3話まで様子をうかがっていたようでした

シリアスな脱獄サスペンスだと思っていたので、気付かなかった部分も多々あった。
イレズミ終わって、銀行強盗決行前夜、刑務所潜入計画のために集めた資料をバーッと剥がすところ、アブルッチやサラ先生の周辺記事もちゃんとありましたね。
ここ、後で出てくる人の情報だなんてわからなかった、一瞬だし。
サラ先生が「博愛なんとか」ってあるのはかわいそうでもある。
初回からウェストモアランドさんのお金を使おうとしていたのもびっくりだ(忘れちゃった?)。
自信満々に、「脱獄後の逃走資金も手助け要員も、計画バッチリ」というマイケルは、生意気であると同時に痛ましい(笑)。
フォックスリバー改装時に、内緒の下請け依頼が来て「自分もタイルを貼った」みたいなことも楽しそうに言ってましたね。
そうか、タイル貼ってたのか…安普請部分も計画の内だったのか…って建築検査ないのかよっ!
一番すごいのはやっぱりイレズミ。
刑務所入る時の身体検査では、みんながパンツ一枚姿を披露するのにマイケルだけそれがなかったのは、カワイコちゃんは脱がせないわけではなく、第1話の最後に全身イレズミのインパクトを持ってきたかったからなのですね。
でもさあ、入所の時に私たちに見せなかっただけで同期(笑)や刑務官の目に留まらないわけないよね。
目にしたら絶対時の人だって(笑)。
設計図を書き込んだというが、CGで浮かび上がらせたからこそ設計図だけれど、本人にしかわからないでしょ。
そういえば、痛い思いや費やした期間ほどは役に立たなかったような印象がある。
あれが脱獄計画の一番の自信作みたいで、兄ちゃんに微笑んでご披露するわけですが、もし私がリンカーンだったら「冤罪だけどもういいです、弟がどうかしちゃっているので弟を助けて下さいっ!」って言うかもしれない。
幸いなことにリンカーンは驚愕の表情止まりだ。

再見して、へんてこなところを力技でねじ伏せていたということがとてもよくわかった。
でもこれはドラマに必要なエネルギー。
だからこそS2途中までの輝きがあるのです(残りは?・笑)。
やはりとても素晴らしいドラマだったと再認識。
時間の都合上、これでもう見ないと思うけど、初見時の損した部分を取り戻せたと思うので満足だよ。
ありがとう、マイケル。
私が見なくても頑張ってくれると信じているよ。
そして、君はとにかく生意気な新入りだったということがよくわかったよ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by Anne
  • 2013/04/06(Sat)21:58
  • Edit
こんばんは!
1話目、楽しまれたのですね。私は結局何かとぶつかって、録画ができませんでした。でも1話目はさすが通った企画なだけあり、かなりおもしろいですよね。まだこの頃はマイケルがカッコよく見えていたような気もします。(よく覚えていませんが!)途中からは意味のない自信たっぷりな態度は疑ってかかるようになりましたが、最初のうちは信じてましたよね。

しかし、最初からすでに軽くツッコミどころがあるというのは素晴らしいですね。またこんなふうに熱く(?)なれるドラマが出てくるといいですね!

Re:No Title

  • by カクテキ
  • 2013/04/07 09:55
楽しかったです♪
確かにマイケルはかっこよくてハンサムですが、本当の彼を知っているのでおかしくてたまりませんでした。
そうそう、根拠がないのに自信たっぷりなのは初回からでしたよ。
私たち、よくマイケルのこと信じましたよね(数話だけですけど・笑)。
やはり人間、見た目が得をするということがよくわかりました。
つっこみどころも軽い伏線も、初回は見逃していたので少しは回収できた気がして満足した再見でした。
できればこのまま見たいのですけれど、時間と言うものがありますからね。
初めてご覧になった方には是非継続視聴をお勧めします!
はまればかなり面白いですものね。

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]