忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「プリズン・ブレイク」の記事一覧

プリズンブレイク4 #1「スキュラ」

他のドラマのように、覚書に数行でもストーリーを書こうと思ったけど無理だ(笑)。楽しめればそれでいいPB。

脱獄犯マイケルには15年の刑が待っている、兄ちゃんは殺し屋殺害の罪で逮捕、SONA丸焼けのどさくさで逃げたけど捕まったベリックとスクレ、ウィスラーと組織を破壊する計画を進行させていたマホーン元捜査官は組織の陰謀で妻子を殺され、ウィスラーも射殺、絶体絶命のそれぞれが国家安全保障局の肝煎りで組織壊滅チームを結成!成功すれば自由が得られ、失敗すればそれまで、という綱渡りチーム。失敗=刑務所じゃなくて、「死」だよね。
このチーム結成までが早いこと、早いこと。
普通(って何をして普通?)、襲われてるところを無駄に長引かせて「話があるっ!」ってマイケルが電話で力んだところで初回は終わり、チーム結成は次回でしょう(笑)。思い切りが良くていいね。
組織を潰すためにチームは働き、組織はスキュラという秘密ファイルカードを知る者を消す、というそれぞれの目的での攻防戦がこのファイナル・シーズンということのようだ。
チーム結成も早かったけど、サラが生きているとわかってからの再会も早かった。以前、「そ、それが計画?」とびっくりしたくせにマイケルを信じてついて行くサラは肝が据わったのか?
安全保障局に協力するか、刑務所か、「どうするの?」と聞くサラに「わからない」とマイケル。ウィスラーとグレッチェンに声を荒げるマイケルに失望気味だったけど、初回から「わからない」って言われちゃ許してやるしかない(笑)。このセリフが一番ぴったりだね。

メンバーいろいろ。
妻子を殺されたマホーンはお気の毒、でも彼は何かしらの影が漂っている方が雰囲気ある(負のパワーで魅せるタイプですよね?)ので設定はOKだ。
ベリックの「ママ~!」はいいですね。メンバー集結の時も何だか忘れたけど「ごめんよ~」と実に素直。S1からすっかり人柄変わっちゃってるけど。「いいんだ、スクレが刑務所で世話になったからな」とか言うマイケル(だったかな?)は生意気。
一人豪遊かと思われたティーバッグさん、そんなことはありませんでした。お金は取られたけど鳥図鑑だけは無事のようなので合流近し?
しかしウィスラーはあっけなかったなあ。

私がPB好きなのって、マイケルの顔のせいなんだなあと認識いたしました。ハンサムって意味じゃなくて(いや、ハンサムなのだろうけれど)。
サラが生きていると聞く、脱獄仲間の掲示板を見る、イレズミを消してもらう(翌日すぐに服着て大丈夫なのか?)、表情がわかりやすいのだ、大袈裟で。今痛いんだな、想定外で困ってるんだな、というのが手に取るようにわかって見ていて安心だものね。
本日一番笑ったのは、サラの生首が偽物だと聞かされたマイケルが兄ちゃんに電話で言った言葉。
「アニキ、何を見たんだ?」
うわ~、兄ちゃん傷ついちゃうなあ。

拍手

PR

プリズン・ブレイク3 #13「駆引きの行方」

何から言えばいいのやら…。ティーバッグはティーバッグだったということかな?(笑)
結局プチクーデターで囚人のみなさんの信頼を勝ち得たということですか。
どうしちゃったの?趣味が違うでしょ、と心配したルチェロの女(シスター)への親切も「いつかのために」という長期作戦だったのね。計画=即興の人見てるからすごく優秀に感じる(笑)。
で、その後ろでおろおろしてるベリックというのがまたよし(笑)。
ティーバッグ天国(ちょっと違う絵が浮かぶ)に放り込まれたスクレの運命が心配。
だって命懸けで守ったマイケルはスクレのことなんか忘れてサラの復讐の旅に出ちゃいましたよ。
これがなんか違うところ。
マイケルは親しい人が困っているのを放っておけない病のはず、ここは何をおいてもスクレの心配でしょ。
あの電話でスクレに何かが起きているのを察してないなんて信じられないもの。
優先順位をつけろってことではないけれど、なんか違うんだよね。眉間にシワ寄せて苦渋の決断しなくちゃ。
どっちかというと一旦は別行動をとることにしたニイチャンがマイケルを放っておけなくて合流しそうだ。
で、ウィスラーは組織側の人間だったということでいいんですか?結局座標は必要なの?必要ないの?鳥の本は?とウィスラー関係は混乱のまま。
でもマホーンが選んだ人だからなあ(笑)。
足を痛めた演技も、甲斐甲斐しく面倒見てたのも、いつの間にやら二人に密約ができていたということでしたか。最終決断は銀行前バーだったみたいだけど。
なんだかどうでもよくなってきた感が強いが、「時間がない」と言い続ける組織が何したいのか、またマイケルの無計画な計画とか、確認してしまうんだろうな。
マクグレディくん家の能天気さにも呆れた。あんな大勢でお帰りパーティーはないでしょ。もう追っ手は振り切ったと本気で信じてるの?っていうか彼のパートはお終いにしたいってことか?
あ~あ、先週が最高だったな(笑)。
人質交換計画を変更するのに「即興でやるしかない」って言ってるのは笑ったけど。
エンディングのミニ・インタビューコーナーは初来日したマイケル登場。
S4は最高!ってまた言ってます。本気なのか、マイケル?

拍手

プリズン・ブレイク3 #12「天国と地獄」

これが作戦だ!やっぱりマイケルは鬼だった(笑)。
先に出たがるのまでお見通し、ルチェロ、ティーバッグ、ベリックは囮で彼らが捕まってる間に様子を見て逃げ出す作戦…成り行きじゃん!
SONAのうっかり警備を見越していたのなら作戦と言ってもいいが(笑)。
だいたい、拷問より先に「お前ら、どこから出てきた!」と出口を探しなさい。
ルチェロの部屋から順番通りに案内されて姿が見えないと「いません!」(笑)、穴から出たって言ってるんだから踏み込んで調べんかい、この横着者。
その後の作戦は隙を見てトラックの下をゴロゴロして(ドリフのコント?)金網にたどり着き、後はダッシュ。
とりあえず脱獄には成功だが、SONAの警備がああだからで、マイケルの頭脳は関係ないですから。
砂浜を掘り返した後とか足跡も警察犬でないと見つけられないんだものね。
海からどうする?と思ったらまさかの携帯酸素ボンベ。わからなかったなあ、シュノーケルだと思ったよ(笑)。
ほとんど計画通りに成功、不測の事態はスクレが捕まったことと、ウィスラーがトラックの下をゴロゴロしてる時に座標を印した本を落としたこと。
マイケルが事前に「ゴロゴロするから落とし物のないように」と言わないからだよ。
出てからもLJとソフィアの命がかかっているとは思えないカーチェイス。
ウィスラーと交換では全員消されるとの見解らしい。がうまくいくかなってマイケル言っちゃってますよ。
兄弟作戦がお気に召さないウィスラーは単独で逃亡、足を痛めたのはウソだったらしく(誰かさんよりも計画的)世話焼いてたマホーンさんがっかりだ。
とうとうマイケルもどうしたらいいかわからないと言ってしまいました!
さあ、次回はようやく(笑)最終回。
スクレはスクレだとバレ、ティーバッグはウィスラーの本を入手、バスケ少年(果たして最終回で名前を覚えられるのか)とパパは想像通りに検問で苦しみ、兄弟は困り、マホーン単独行動、一気に解決するんですか。
マイケル、日本に来てたらしいから聞けばよかったね。
でも最後のミニインタビューで「S3は最高」とか言ってますよ、この人たち。
確かに今回は本領発揮(笑)という感じで面白かったけど。

拍手

プリズン・ブレイク3 #11「7人の夜」

ここは消灯時間とかロックダウンとかないから作業がはかどるようで、24時間後に脱獄できる見通し。しかし、突然の雨でトンネルが陥没するかもしれないので「ホントは夜は危ないけど停電させて今夜決行」となる。外のニイチャンやスクレに日程の変更を告げ、協力を仰ぐ。

携帯電話が自由に使えてよかったね。
刑務所内に看守おいてないのはわかったけど、要注意人物に見張りもつけないで好き放題に面会させてくれるのも自由でいいよね。

で、マイケルの頭にはパナマに雨なし!
この前は曇っただけで大慌て、今回の雨には天変地異くらいの衝撃があったような顔。
そりゃ、マホーンに「前回曇って失敗だったって?」と追及されるよ。
さらによくよく話を聞いてみればトンネルから出た先ってバリバリに敷地内、出た後は「それぞれご自由に」だ。
確かにウィスラー以外は無理矢理くっついてきた人だけど、バスケ少年には根負けして自分から誘ったよね?
マイケルの中では「外に出してもいい人」ということなのだろうか。
で、連れていかなかければならないウィスラーは出してもいい人なのかどうかわからない。
「決断することにも、その結果にもうんざり」と全身から語るが、うんざり比重が増えないことを祈ってあげようか。
でもさあ、サウナ拷問の時スクレに「もう関わるな」とか言っておいて、自分から電話して協力させるのってどうかな。そのせいでスクレは偽名がばれそうでピンチですよ。
あれはスクレだとわかってしまったのか、借りてる名前の人がたまたま犯罪者だったのか、どちらだろう。

そんなこんなで(毎回こうやってまとめてる・笑)ニイチャンがバスで電信柱を倒して(他に方法はなかったのかな?)停電開始、さあ出るぞ!となればお約束のプチ・クーデター。
便乗犯ルチェロ、ティーバッグ、ベリックが先、マホーンは人に背中を向けたくないから最後にするらしい。
この順番が吉か凶かは、マホーンがベリックを家族として迎えてくれるかと合わせて次回のお楽しみ。

で、また「最初からそうすれば…」なことが。
欲しいのはウィスラーじゃなくて座標なのだったら、マイケルなんか(笑)頼らないで、最初っからソフィアを楯にして交渉すればよかったんじゃないの?
もちろん、地下から出す必要はあったのだろうけどさ。あ、無料で船も出させる気か(笑)。

拍手

プリズン・ブレイク3 #10「裏切り者に死を」

サミーは明智光秀よりも短い天下、脱獄志願者急増、スーザンは猿芝居をお見通し、ニイチャン意外とキザ、等イベントは多々ありましたが話は足踏み状態。

いくらなんでもそんなにうまくスーザンがスクレ+ニイチャンの計画にひっかかるのはへんでしたね。
スクレの家族を握る逆作戦にひっかかってました。
置いてきた爆弾はどんなタイミングで使うつもりだろう?今度こそスーザンは気付いてない?(笑)
前回震えていたマホーンさん、急にしっかりなさってキレ者ぶりを発揮してマイケルといいコンビネーション。
もしかしてティーバッグさんに一回分お願いしたのか?と思うほどだ。
「俺は本当に漁師だ」としつこく繰り返すウィスラーへの「聞きたくない、仕事しろ!」はお気に入りシーン。

穴掘ってる工事現場なのだから、サミーも迂闊なヤツですね。
テレビの前ではおそらくみんな「来るよ、来るよ!」と思っていただろうに。
PBのコントドラマたる所以を見たような気がした(笑)。
しかしこの砂ドバーッ作戦は、マイケルが仕組んだことだった。
ネジ抜いてサミーがのぞくのをまっていたわけだ。
計画が珍しく成功したのに(笑)浮かない顔の理由は、積極的に人を殺してしまったことに慄いているから。
それに気付いて声をかけるマホーンさんはカッコイイけど、この激変ぶりはすごい。

サミーとその仲間が消え、穴掘り作業に没頭できるし、志願者も増えたのであと3話もいらないんじゃないか?
次回タイトルが「7人の夜」。マイケル、ウィスラー、マホーン、ルチェロ、ティーバッグ、ベリックに今回志願して断られたバスケ少年も加わるってことか。
あと一人増やせばフォックスリバー8に並ぶ(笑)。

おまけ
ニイチャンは「あいつの代わりに」とか言ってソフィアにエッフェル塔をプレゼント。キザ~。
ソフィアもコロっとやられて(笑)ウィスラーの写真伏せちゃいました。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]