忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

HOUSE5 #9「Last Resort」

久しぶりに見たHOUSE。
もちろんゲストのZeljko Ivanek 目当て。
この2年間で16人の医者にかかったが病気が特定できず、自棄になって一番腕のいい医者に診断させようと銃を持って患者、看護師、医師を人質にして立てこもる男ジェイソンという役。
わあ、本当に病人みたいだ(笑)。
呼吸困難、動悸、胃痛、不眠、発疹…とあらゆる不快な症状を訴えるジェイソンの主張は「とにかく病名を知りたい」。
その結果、刑務所に入ることになっても、刑務所で腐っていくならそれでもいいと言ってますよ。
どこが悪いのかはっきりしないと保険も下りないとか、仕事に集中できずに花形プロジェクトを下されたとか、そんな背景も想像できますが…そんな無茶な!というのが正直な感想。
ゼルさんが演じるならなおさらです(笑)。
ラスト、フロリダに行ったことがあることから類鼻疽との推測で、抗菌薬が効果を表し、深呼吸できるようになり、満足そうな顔をハウスに向けるジェイソンを見ると、本当に「知りたかっただけ」のようで如何とも…。
家には戻らないつもりで片付けまくっているのも、何事もきっちりしていないと気が済まないというジェイソンの性分だったのかもしれません。
その性分で人質になった人たち、中でも命の危険にさらされた女医さん(ハンチントン病なの?)は災難でした。
病気を特定するために用いられる薬の実験台にされ続けるのですから。
この病気の女医さんが予期しない死との対面で、病気に立ち向かう決心をさせるというエピソードだったのかもしれませんね。
ジェイソンはそのために登場したのだと思えば、無茶も仕方ないか。

立て籠もりの緊張感あふれるエピソードなのに、弱々しい呼気でライターの火が消せない、ほっぺたを膨らませてみろと言われてぷぅ~っとしてみたり、とかわいい部分も堪能できました(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by りり・か
  • URL
  • 2010/09/14(Tue)16:25
  • Edit
こんにちは!
観ましたよ、Zeljkoさん!
待合室の椅子でちょこんと腰かけてるZeljkoがかわいらしく映っていたと思ったらなんと大胆な行動に出ることやら。でも相手が悪かったですね。あのハウスですからね。ハウスにかかれば玩具にされているようでおかしかったです。でもそんな玩具なZeljkoが可愛かったです。満面の笑みとかほっぺふくらませとかほっぺひっぱたかれたりとか・・・。(笑)
私的にハウスのドラマの中で飛行機の中の診断と同じ位面白かったです。ハウスとZeljkoさんのコンビストーリーもう一度ないかしら?
しかしZeljkoさんってこういう病人の役ってピッタリですね。(笑)

Re:りり・かさん

  • by カクテキ
  • 2010/09/15 10:25
本当に病人にしか見えませんでしたね。
怯えたような目をしてちょこんと座っている姿も、ほっぺをぷっくりと膨らませたり、吊りバンドを外したりかけたりといった姿等、愛らしいところがたくさんで、とても楽しめました。
それなのに銃を突き付けて立てこもるというのは結びつきにくいのですけど(笑)。
ラストの、病名がわかって力ないながらの満面の笑みはかなりポイント高かったです(笑)。
しかし、ゼルさんが出るから見る私って…。

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]