忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「HOUSE」の記事一覧

HOUSE−13「父と息子」

空き家に忍び込んで背伸びをして遊ぶ12歳の少年達。背伸びをしつつも子供だからコックリさんもやります。「この中の誰が来年死にますか?」にGABEとの答えが。ゲイブは翌日から熱、咳、発疹に悩まされ診断がつかずにハウスのもとへ。

コックリさんの途中で手を離したから呪われた、と信じるあたりお子様。原因不明の発疹を見たら大人の頭もかすめるかも。
いつものような手順で検査→治療→好転?→悪化→検査…と繰り返される。始まった頃は見ているこちらも患者サイドも圧倒されていたから口を挟む人は少なかったけれど、最近「それは確かなのか?」と食い下がる人がほとんど。これが普通でしょ。
ゲイブの病気はお父さんが秘密にしていたインド滞在が原因のハンセン病。炭そ病の治療をしてしまったため症状が悪化したとか。お父さんは発症が遅れていただけなので同時に治療される。
正しい治療で病状は好転するものの、息子を救うために嘘を訂正したら家族の信用を失ってしまったという皮肉な結果。
ゲイブのお母さん、だいたいいつも泣いてる役だ。
「友達には感染してない?」と気にかけることができるゲイブ君だけれど、お父さんの嘘は許せない。ハンセン病は感染力が弱いから適切な治療を受ければ大丈夫、なのですね。ということは、哀しすぎる時代が…

チェイス先生の身の上にも焦点が。コネで採用というのは「あのリューマチの権威Dr.チェイスの息子さん」とまわりが沸き立ったからみたい。チェイスが利用したわけじゃなく、ついてまわったのね。
15年前お父さんとは別れお母さんと暮らし、5年後にはお母さんが亡くなり、何も期待しないようにして育ってきたという。
チェイスがお父さんを受け入れ難く思っているのは明らか。そこに関心を持ったハウスは患者の病状よりこの親子の診断合戦を楽しんでいる様子。いつもの観察眼からお父さんが放射線治療を受けていることを見つけ、肺癌で余命3ヶ月と知らされる。オーストラリアからはるばるやってきたのはウィルソンの診断を受けるためと息子に会うため。息子に会うためにウィルソンを選んだのかな。
「帰ってこないのか?」の言葉に「秋には帰るよ」とチェイス。あの服装だと今は春前、2〜3月かな。となると帰国は半年後。間に合わないかもしれない。それでも病気の事実を告げずに帰国の途に着くお父さん。
この親子、どちらも病気を理由にした雪解けなんて望んでないだろうからね。嫌っているわけじゃないし。
それにしてもチェイス、26歳って若いのね。かなり優秀なのかな?

拍手

PR

HOUSE−12「ドーピング」

麻薬を克服した(?)野球選手が政府推奨のようなCM撮影中、ボールを投げようとして骨折。
骨密度はすかすか、腎臓も機能低下。ステロイド使用を疑うが尿検査は陰性。では原因は?
ステロイドはやめて数年経ってから悪影響が出る等またお勉強になりました。わからないのはハンクが自殺をしようとした理由。エージェントの男の心臓の薬は見舞いに来た時にくすねたのか、それ以前からだったのか。
入院して腎臓移殖が必要とわかってから見舞いのすきにというのが自然かな。ハンクのドナーになろうとする奥さんに中絶させたくなかったからなのか。
ひょんなことからハウスが奥さんの嗅覚異常を知ることとなり、生活を洗いなおしてみると二人してマリファナを嗜んでいたらしい。
栽培地の土壌が汚染されていたことによるカドミウム中毒。夫婦で違う症状が出ていただけ。これで二人揃って退院できるっていうけれど、腎臓は?移殖が必要な状態じゃないの?このままだと移殖が必要になるってことなのかな。

ハウスが金に糸目をつけずに欲しがったものは薬ではなく、モンスタートラックレースのチケットだった。ウィルソンと二人で行くために。二人してこの趣味は意外だ。
でもウィルソンはセミナーの講師を務めるのでと断る。仕方ないのでキャメロンを誘うと「セミナーがあったが中止になったので行きます」と快諾(?)モンスタートラックへの興味がセミナーに勝ったのではなく、セミナーは本当に中止。フォアマンの夜勤の交代をセミナーだからと断ったのは口実だったのね。
ハウス、5時で帰宅するから院内行事に疎いんじゃないの?(笑)
ウィルソンが嘘をついて断ったのはある女性と会うため。どうもその女性はハウスとただならぬ関係にあったようだ。「同居していたことはある」女性だろうね。憲法学者ってのがあまり普通っぽくなくてよろしいかと。
で、奥さんのいるウィルソンはどういった理由で会うのかね。

カドミウム中毒にピンとくるのもみんなより早かったチェイス。コネ採用だから杓子定規で使えないヤツかと思ったが意外と柔軟。フォアマンの方が固まる傾向ありだ。ハウスのことも信頼しているし、女性患者のファンがつくだろうな。
結局モンスタートラックレースに出かけたのはハウスとキャメロン。楽しそうじゃないの。綿菓子食べちゃってさ。

拍手

HOUSE−11「依存症」

ハウスのバイコデン依存症を断ち切らせようと提案したのはウィルソンだったのね。
真っ向からではいつもの話術ですり抜けられるだけだから。
薬の仕入れが遅れるとか全部芝居だったのか。
依存症でないなら薬をやめてみろ、できればご褒美に休暇をやるぞ、とカディの提案に1週間では魅力を感じなかったが、1ヶ月には負けて応戦するハウス。
しかし…
ハウスは薬を絶ったことでイライラ、嘔吐、発汗…依存症が薬を絶つのと同様の症状が。
嘔吐しているのを見られたフォアマンには「食ったものが悪かった」と汗びっしょりでも憎まれ口。
難しい患者を抱えている今、そんな判断力じゃ困るからと今日は大人なフォアマンはハウスに薬を差し出す。
長期休暇は諦め、患者を救うべく薬を服用したハウスは冴えを取り戻し、間一髪のところでナフタリン中毒を突き止める。

確かにハウス、落ち着きなかったけれどこの診断の右往左往は薬のせいではないのでは?いつもそうだもの(笑)
専門家としてみると目に余る禁断症状からくるふわふわっぷりだったのかな。
バイコデンを飲んだ途端に飼い猫→死亡→害虫駆除と働いた推理。
試しにフォアマンとチェイスが患者宅の壁を壊すと白蟻が!
…害虫駆除、されてないぞ!
またも患者宅に診断のきっかけがあったわけだけれど、壁を壊すのはいかがなものか。
今回目立ったなあ、そこまでするの?ってのが。
患者の目の手術は眼科医でなくてチェイスだし、前から気になっていた病理検査も自分達でしょ。検査技師はいないのかな?

拍手

HOUSE−9「生きる希望」

有名なトランペッターが運ばれてくる。
ハウス先生、珍しく自分から患者を診たいと名乗り出る。
症状への関心でしかないんだけどね。
この患者はフォアマンの元上司が主治医。なので担当はフォアマンになる。

今回は病気にまつわる話題はことごとくスルー。
用語が特に難しかった感があるけど、私だけか?
MRIは一回とればいいってもんじゃないということはお勉強になりました。
深さとかあるのね。

患者から接近禁止命令を出されても、外来やらなくてすむ!と前向きなハウス先生。
最初意味不明だったけれど、外来診察室が患者の病室に近かったからなのでした。
患者に逆に診察されているのも、ハウスの表情を含めて面白かった。
なれてないからどんな顔していいかわからないって感じで。

元上司から好待遇で迎えると言われたフォアマン。
予告にいたから行かないんだね。
キャリアとしてはフォアマンが一番ありそう。
でもチェイスとキャメロンの方がハウスへの接し方は大人。
そういう人だと思えば尊敬に値するってことなのかな。
しかしハウスも人が悪い。
フォアマンに悪態つかせておいてそれを聞くのを楽しみにしている節があるな。
靴もおそろいなんだから、もうちょっと仲良くしてね。
仲良しじゃ面白くないからいいけど。

拍手

HOUSE−7「罪と罰」

眠り続ける女性が患者さん。
1日に18時間も眠っているので仕事にも行けない。
さすがに心配になり病院へ。
やはりどこの科でも診断ができず、ハウスの担当に。

治療はいつも見切り発車。そして患者の命が危険にさらされる。
もう少し診察してからではいけないのかな?
危険を伴う治療ならなおさら。
毎回そう思いつつ見てしまうのハウスの口撃が気に入ってしまったからなのかな。
人間嫌いとは思えない観察・推理力も好きだし。

今回もいろいろ試した結果(試行錯誤ともいう)、アフリカ眠り病である可能性にたどり着く。
しかし患者も旦那さんもアフリカへ行ったことはない。
後考えられるのはどちらかがアフリカへ行ったかなにかで感染している人との性的交渉を持ったこと。
当然、どちらもお互いを愛しているのでありえないと言い張る。
全く見に覚えがなかった旦那さんは奥さんの身持ちに自信が持てなくなる。
そこで奥さんが否定する中、またも見切り発車で危険の伴う眠り病治療を施すと、これが治療の効果あり。
回復へ向かい喜ばしいものの、それは奥さんの浮気を決定付けている。
寂しく病室を後にする旦那さん…
浮気相談ならほっとけばいいけれど、さらに感染の拡大の恐れがあるので相手を問いただすと、旦那の友人という結末。
一時の気の迷いが取り返しのつかないことに。

今までのキャメロンの様子から不幸な結婚の一つもしてるんだろうな、とは想像ついたが
学生時代、病気を知りながら結婚した相手と死別していたらしい。
若い結婚の夢破れ…ではなく愛する人を看取りたかったのか。
無神経!と非難しつつも告白してしまうのはやはり尊敬か。

外回り担当のフォアマンは今回収穫なし。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]