忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

HOUSE−13「父と息子」

空き家に忍び込んで背伸びをして遊ぶ12歳の少年達。背伸びをしつつも子供だからコックリさんもやります。「この中の誰が来年死にますか?」にGABEとの答えが。ゲイブは翌日から熱、咳、発疹に悩まされ診断がつかずにハウスのもとへ。

コックリさんの途中で手を離したから呪われた、と信じるあたりお子様。原因不明の発疹を見たら大人の頭もかすめるかも。
いつものような手順で検査→治療→好転?→悪化→検査…と繰り返される。始まった頃は見ているこちらも患者サイドも圧倒されていたから口を挟む人は少なかったけれど、最近「それは確かなのか?」と食い下がる人がほとんど。これが普通でしょ。
ゲイブの病気はお父さんが秘密にしていたインド滞在が原因のハンセン病。炭そ病の治療をしてしまったため症状が悪化したとか。お父さんは発症が遅れていただけなので同時に治療される。
正しい治療で病状は好転するものの、息子を救うために嘘を訂正したら家族の信用を失ってしまったという皮肉な結果。
ゲイブのお母さん、だいたいいつも泣いてる役だ。
「友達には感染してない?」と気にかけることができるゲイブ君だけれど、お父さんの嘘は許せない。ハンセン病は感染力が弱いから適切な治療を受ければ大丈夫、なのですね。ということは、哀しすぎる時代が…

チェイス先生の身の上にも焦点が。コネで採用というのは「あのリューマチの権威Dr.チェイスの息子さん」とまわりが沸き立ったからみたい。チェイスが利用したわけじゃなく、ついてまわったのね。
15年前お父さんとは別れお母さんと暮らし、5年後にはお母さんが亡くなり、何も期待しないようにして育ってきたという。
チェイスがお父さんを受け入れ難く思っているのは明らか。そこに関心を持ったハウスは患者の病状よりこの親子の診断合戦を楽しんでいる様子。いつもの観察眼からお父さんが放射線治療を受けていることを見つけ、肺癌で余命3ヶ月と知らされる。オーストラリアからはるばるやってきたのはウィルソンの診断を受けるためと息子に会うため。息子に会うためにウィルソンを選んだのかな。
「帰ってこないのか?」の言葉に「秋には帰るよ」とチェイス。あの服装だと今は春前、2〜3月かな。となると帰国は半年後。間に合わないかもしれない。それでも病気の事実を告げずに帰国の途に着くお父さん。
この親子、どちらも病気を理由にした雪解けなんて望んでないだろうからね。嫌っているわけじゃないし。
それにしてもチェイス、26歳って若いのね。かなり優秀なのかな?

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]