忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

HOUSE3 #1

S2最終話がほとんどハウス先生の幻覚であったのと同じようにこれもそうなのでは?と思えるのですが。
足の回復もそうだけれど患者の前に姿出しすぎ(笑)。最後の最後に登場して「あなたは…?」と言われてこそのハウス先生なのに。撃たれたことと麻酔の効果で足の痛みを感じなくなったからこその変化といえばそうなのでしょうが。
ヨガの先生はともかく、脳腫瘍の手術後車椅子生活になった男性の話は切ない。本人の中では思考も感覚もはっきりしているのに伝える方法がないなんて。ホルモン注射で手足が動かせるようになった理屈はわからないが、カディもウィルソンも「偶然」を強調しているからそれでいいのかな。
ハウス先生も彼と同様に希望をもったはず。だから走るし、スケボーをするし、キャメロンにフェイントもかます。しかし痛みが再発。ウィルソンの言うように筋肉の使いすぎだと思うけど。もともと手術で筋肉とられてるのに40代だもの。それでも筋肉痛かそうでないかの感覚は本人にしかわからないのだろうからなあ。
ドラマで見たのか本で読んだのか忘れたが長年の誤診が判明(あるいは長患いの突然完治)し、解放感と同時に今さら言われてもその間の自分は何だったのか戸惑うというのを見た気がする。
ハウス先生も仕事に復帰して杖なしで仕事をする自分に戸惑って、ない痛みを感じているのかもなあ、という気もする。オフィスの床の血の跡も原因かも(カーペットくらいカディに頼んで取り替えてもらいなさい!笑)。自分でバイコデンの処方箋を書くあたりかなり深刻か。でも筋肉痛説を支持したいな。
復帰初日の患者選びも車椅子男性患者の見立てが正しかったことを隠すのもウィルソンなりの友情なのかな。褒めるだけではためにならない、と。
あれこれ試したがるハウスにみんな否定的だったけれど今までだってそうじゃないのかな?患者の病状と検査オーダーのバランスがおかしいということなのかな。
で、検査を指示するハウスにフォアマン「ノー」、キャメロン「ノー」、チェイス「何ミリで?」。オチですよ、チェイスはオチに使われてますよ。頭でボールも弾まされてたし。復帰初日のハウスの肩をぽんぽん叩いて歓迎を示すっていうのも空振り。初っ端がこれだもの「名探偵モンク」と続けて見たせいでチェイスがディッシャーに見えて困りました。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by まめ
  • 2008/05/30(Fri)15:06
  • Edit
そんなチェイスくんが大好きなまめです♪
これからも、その空気の読めなさを
どんどんオチにつかっていっていただきたいと思います(笑)
それにしても、ぽんぽんして歓迎したときは
こっちがヒヤヒヤしちゃいましたよ(^^;

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/05/31 11:00
>ぽんぽんして歓迎したときはこっちがヒヤヒヤしちゃいましたよ
驚いて絶句…でした(笑)。
そういうヤツだと認めたから、チクったことへの制裁よりも遊んでやろうに変わったのでしょうか。
前のシーズンで仕事に悩んで他の科にいってみたりしたのがウソのようなオチ担当ぶりでした。
私もそのほうが好きだったりしますけど(笑)。

無題

  • by りり・か
  • URL
  • 2008/05/30(Fri)18:02
  • Edit
こんにちは!
杖はなく自由に動き回るハウスですが、「生まれ変わった」を強調するほど変わってないような気がします。
周りがハウスは変わったと思いたいのでしょうか?それが苦痛で元のハウスに戻るためにバイコディンを飲みたくなったのでしょうかね?

>その間の自分は何だったのか戸惑うというのを見た気がする。
ERのケリーもそんな感じでしたね。
TBさせていただきますね。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/05/31 11:17
>「生まれ変わった」を強調するほど変わってないような気がします
素人目にはいつもと同じように「あれでだめならこれだ」の精神は引き継がれているように見えましたよね。
ただ患者の前に姿を現しすぎなのは気になるところです。
バイコデン欲しがってますが、本当に痛みがあるのかが疑問です。
心が苦痛であることのほうが大きい気がしてなりません。
>ERのケリー
そうでした。誰かいたようなのに思い出せなかったのですっきりしました。
ありがとうございます♪

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2008/05/30(Fri)19:32
  • Edit
元気になりすぎなハウスがすごく不思議で
おめでとう?っていうより大丈夫?って感じでしたが
前向きになりすぎのハウスはやっぱりつまんないです。
また多少の痛みを抱えながら、嫌味をたっぷり・・・
を期待してていいのかな。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/05/31 11:20
>元気になりすぎなハウスがすごく不思議で
ですよね、よかったね~とは感じられなかったですよ。
キャメロンをフェイントでまくのはよかったですが(笑)。
あんなに元気に走れることも、痛みを感じていることも両方信じられないのでしばらくは疑いながら見ていこうと思います。

無題

  • by josetangel
  • URL
  • 2008/05/30(Fri)22:03
  • Edit
シーズン2の最終話で、幻覚の中のハウスが痛みがなくなり障害者でなくなって戸惑うシーンがありましたよね。
これはそれの現実版なのかな、という感じです。
人間てそんなに簡単に変われる訳じゃない、でも、変わらなきゃ行けない、そんなハウスの迷いみたいなものを感じました。
もしこれが幻覚の続きなら、あの血のしみは明晰夢の証拠となるんじゃないかと思ったりもしますが。
そこまで手は込んでいないかな。
カディの服が大人しかったですね。(笑)

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/05/31 11:29
>幻覚の中のハウスが痛みがなくなり障害者でなくなって戸惑うシーン
そうでした、どこかで見たり聞いたりではなく、HOUSEででした!
忘れっぽくて困りますけれど、りり・かさん情報と合わせて本当にすっきりしました。
1話以上を夢で引っぱることはないと思うので、これが現実ハウスなのだろうと思いますけれど、やはりあの運動量と痛みは両方とも疑いながら見てしまいそうです。
何か、カディを見て違和感があったのですが、服でしたか(笑)。
そういえば普通の女性みたいでした。
ああ、HOUSEの見方を忘れてしまったようでちょっと自分にがっかりです(涙)。

TRACKBACK

Trackback URL:

Dr.HOUSE3 第1話「生まれ変わったハウス」/Meaning

  • URL
  • 2008/05/30(Fri)
Dr.House(2007/10/24)TVサントラルシンダ・ウィリアムス商品詳細を見る

Dr.ハウス3 #47Meaning

  • URL
  • 2008/05/30(Fri)
前シーズンの最後に銃で撃たれて意識も朦朧だったハウスが、なんと走っている?もしかして、これは幻覚の続きではないのか、と言う疑いも持ちたくなりますが、制作側はドラマの雰囲気を変えたかったのでしょうね。カディが手術をして麻酔薬を使ったと言うことは、ケタミン...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]