忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「本&読書メーター」の記事一覧

2月のまとめ

昨日は「文字数多すぎ」とエラーメッセージが出て、画像付きの投稿ができなかったのでテキストのみだったけれど、さっきやってみたら書影付きでも大丈夫だったので変えておきます。やっぱり本の表紙が見えたほうがいいなあと思って(3月2日追記)。

2月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:1345
ナイス数:7

何が困るかって (創元推理文庫)何が困るかって (創元推理文庫)
読了日:02月25日 著者:坂木 司
ねこといぬ (IWAGO'S BOOK) (IWAGO’S BOOK 3)ねこといぬ (IWAGO'S BOOK) (IWAGO’S BOOK 3)感想
しあわせな日常が伝わってくるような一コマにあふれていて目尻が下がります。
読了日:02月23日 著者:岩合 光昭
ねことじいちゃん(4) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)ねことじいちゃん(4) (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
読了日:02月22日 著者:ねこまき(ミューズワーク)
パディントンのどろぼう退治パディントンのどろぼう退治感想
どの話も、何をやらかすやらワクワクします。ただ、ちょっと記憶と違っているエピソードが…。思い違いかしら?
読了日:02月22日 著者:マイケル・ボンド
月夜の散歩 (ORANGE PAGE BOOKS)月夜の散歩 (ORANGE PAGE BOOKS)
読了日:02月18日 著者:角田 光代
猫ピッチャー 7 (単行本)猫ピッチャー 7 (単行本)
読了日:02月10日 著者:そにしけんじ
おかあさんの扉7 いっちょまえ七歳児 (オレンジページムック)おかあさんの扉7 いっちょまえ七歳児 (オレンジページムック)
読了日:02月08日 著者:伊藤理佐
おんなの窓 6おんなの窓 6感想
相変わらず、いつも汗かいてて、うわ~、うわ~って感じがリアルだな。
読了日:02月02日 著者:伊藤 理佐

読書メーター



拍手

PR

「パディントンのどろぼう退治」マイケル・ボンド




映画熱も冷めやらぬ中、新パディントンの2冊めを読んでしまいました。
もう少ししたら3冊め出るから、そろそろいいでしょ。

何かやらかすのがわかっていながら、パディントンを平気でひとりにしたり、ブラウン家の人たちの気持ちがしれませんでしたが、この本だと「何かをやらかしやしないかしら?」と平気で言っていたりします。
それはそれで、このシリーズとしてどうなのかと(笑)。
まあ、それで何かを食い止められているわけではないのでOKであります。
結局、どれもいろいろと含みを想像しつつ、愉快でステキなのですが、少し私の記憶と違っているところがありまして…。
最初の話で、パディントンのカートがレッカー移動されてしまうのですが、その時商店街のみんなが「新しいのを買ったら?」みたいに言ってくるのです。
それにパディントンが「これはブラウンさんが買ってくれたからそんなことできない」みたいなことを答えるのですよ。
私の記憶では、ブラウンさんの家に住むことになった時、買い物してる姿を見た商店街の人たちがみんなで買ってくれたことになっているのですが…。
うれしくって、パディントンはカートをいつもピカピカにして、そんなカートとパディントンを見てみんなもニコニコという映像が頭の中に浮かぶんだけどなあ。
今、元本が手元にないので確認できなくてつらいです。

あと、パストゥーゾおじさんの記憶も抜け落ちてます。
映画「1」の方でのパディントンの生い立ちが強烈すぎたからでしょうか。
これも確認したいなあ…。

イラストが変わりましたね。
マイケル・ボンドさんがもう新作を書けないのと同じような理由なのでしょうね。

拍手

1月のまとめ

「ゆるふわ地獄」、すっごく字がいっぱい。
この前、「まんがは字を飛ばして絵だけ見る」という若者がけっこういるとか聞いたので、「ゆるふわ地獄」の文字量の多さを強く感じる。
文字いっぱいなのに中身は今風のゆるふわ。
これがまた、それはそれで苦痛、でもゆるふわというまさに地獄絵図。
こうなると、お侍さんモノの新しいのにも手を出したくなるなあ。

「北極百貨店~」、じんわりと好み。
お客様は神様、その通りだったり、はき違えてたり、それでも全力で応対する秋乃さんをもっと見たいです。

「パディントン」の新作買ったけど、まだ読んでない。
だって、この前は新作出てるの知らなくて、2冊めの発売日ちょっと前に買ったので、1冊めとの間隔が短かったけれど、今度3冊めは3月ですよ。
間がありすぎるじゃないですか。
まあ、映画の余韻があるので全然大丈夫ですからね。



3冊めは、映画に出ちゃうのか。
もう想像して笑っちゃうよね。



1月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:525
ナイス数:14

阿鼻叫喚!!ゆるふわ地獄 (ビッグコミックススペシャル)阿鼻叫喚!!ゆるふわ地獄 (ビッグコミックススペシャル)
読了日:01月27日 著者:ほり のぶゆき
北極百貨店のコンシェルジュさん 1 (ビッグコミックススペシャル)北極百貨店のコンシェルジュさん 1 (ビッグコミックススペシャル)
読了日:01月27日 著者:西村 ツチカ
血の轍 2 (ビッグコミックス)血の轍 2 (ビッグコミックス)
読了日:01月18日 著者:押見 修造

読書メーター

拍手

12月のまとめ

読んだ本が、ムーコとパディントンだけとは!
本当にどうしちゃったのでしょうか。
本の山ばかりが大きくなっていきますよ。
パディントンを読んだことをきっかけにと思うのですが、「ルー・フォックオルメス」でそうなってるはずだったのに…。



これは1979年に発表されたのだとか。
その後2007年、2012年と一冊ずつ出ていて、あと2冊分の新作が読めるとはうれしいですね。
しかし、福音館の10冊読んで、アニメ見て、映画見てると、「この出来事、知っているような気がする」となることもあります。
キャラクターや背景が出来上がりすぎているということなのでしょうか。
本のタイトルにもなっている「パディントン、テストをうける」は、思ったように「ブラウンさん」として運転試験を受けることになっての騒動でした。
小学校に通う時のように、一目でクマなのに勝手に連れて行って、結果、「クマだから」と放り出されたのとは違い、最後は教官が特別車限定(いつも持ってるキャリーカート)の免許証を届けに来てくれるという、ステキなことが待ってました。
もちろん、もう運転テストを受けに来ないで!という気持ちが最大限に現れているわけですが、パディントンも教官も満足できる、にっこりエピソードですよね。

パディントンといえば、映画「パディントン2」が1月19日に公開ですよ。
うれしいことに、マスコットキーチェーン付きの前売り、いただいてしまいました!

これは見に行かねばなりません。
シネコン、隣の市にあるとはいっても、車がないとかなりのエネルギーを要するので今の私はちょっぴり自信がなかったのですよ。
なので公開が始まってから体調と相談して決めようと思っていたのですが、今から見に行くための体力作りに努めようと思います。



12月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:319
ナイス数:10

パディントン、テストをうけるパディントン、テストをうける感想
全然知らなかったけれど、福音館で出ているもの以降に新作があったのですね。あと二冊刊行予定だとか。 福音館の読んで、アニメ見て、映画見てると、キャラクターが勝手に歩き出してるような気がします。カリーさんのサウナの話は知っていたように思うのは気のせいでしょうか。
読了日:12月30日 著者:マイケル・ボンド
ムーコかたぬきカレンダー付き いとしのムーコ(12)限定版 (プレミアムKC イブニング)ムーコかたぬきカレンダー付き いとしのムーコ(12)限定版 (プレミアムKC イブニング)感想
読んだのは通常版だけど。こまつさんは相変わらず鬼で、うしこうさんはムーコの心を読み取ったことを多数発言。うしこうさんと暮らした方が幸せだと思えてならないですよ。でもムーコはこまつさんが大好きなんだものなあ…。高校時代のうしこうさんは、イケメンだからじゃなくそういった優しさもみんなが見てたんだよっ!と思いました。
読了日:12月24日 著者:みずしな 孝之

読書メーター

拍手

あ、新しいのが?



ネットをうろついていたら、びっくりするものを見つけてしまいました。
これ、新作というか未訳だったものがあったということですか。
それなら、出すなら最初の映画の時だろうがっ!と思わないでもないですが、とりあえず新しいものが読めるのなら大歓迎です。
前に出していたところはもう新作からは手を引いてしまったのでしょうか。
でも映画用の帯付けて売ってますよね?

タイトルになっている「パディントン、テストをうける」、
手違いからパディントンが運転免許のテストをうけることになってしまった
とあります。
どんな手違いだよ!と内容紹介からつっこめるなんて幸せなことです。
「学校に通ってない子どもがいる」という話の時も、一目でクマだとわかるだろうに、そのまま通学することになるんですよね。
パディントンは見た目はクマだけど、人間としてみんなも見ているのかな?と思ってしまいそうですが、結果、トラブル続出で音を上げた学校側が「クマだから学校来なくてよい」となるんですよ。
運転免許のテストも、とりあえず受けさせるんだろうな~とワクワクです。

未訳のものはあとどれくらいあるのでしょうか。
とりあえず、来年にもう一冊出ることは決まっているようですが。




拍手

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]