忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「本&読書メーター」の記事一覧

薬味、いいよね。「私の好きな薬味たっぷりレシピ」藤井恵



みょうが、しょうが、にんにく、青じそ、玉ねぎ、ねぎ。
料理の脇役、薬味をたっぷり使ったレシピがたくさん、です。
薬味は料理を引き立てるけれど、ちょっと贅沢な印象がありました。
何故なら、あまりそういう細かいことに気を遣うような食卓で育っていなかったもので(夏場のそうめんにねぎくらいでした)。
今でこそ、ゴーヤーのおひたしをはじめ、大活躍しているみょうがですが、最初に出会ったのは病院の食事でした。
そうめんの薬味として出て来たのですが、残そうかな?と思ったものの、食事の圧倒的な量の少なさに手を出してみたら!
なんてさわやかなのでしょう!
それ以降、好んで食べるようになりましたよ。
こうやって、薬味というものの存在を知った今でさえも、やっぱり贅沢だなあと感じます。
見た目も豪華というか豊かですしね。
それぞれの薬味に、生、さっと加熱、じっくり加熱、たれ・ソースといった四つの方法を紹介してくれています。
特にこの時期は生とたれ・ソースが重宝しますね。
表紙にある、みょうが、青じそ、ねぎの「薬味ミックス」を焼肉にのせたのなんか、これだけでいいですよね。
刻んでおいて、何にでものせてしまえばそれでOKな気がします。
ご飯にだっていいんじゃないですか?
別に夏専用というわけではないのでしょうが、どの写真も涼しげで、食事の参考だけでなく、涼をとるのにも向いているような、そんな気がいたしました。

拍手

PR

「サム・ホーソーンの事件簿Ⅴ」エドワード・D・ホック



これまで、暢気な町医者の穏やかでない事件の数々、という、ギャップを楽しむシリーズだと思ってました。
が、「Ⅳ」あたりからヨーロッパで始まった戦争の影が見えてきて、この「Ⅴ」ではついに看護婦のメリーが従軍看護婦として海軍へ、となりました。
この後、アメリカも参戦することとなり、メリーとサム先生はどうなるのか…?という感じでしょうか。
そのために、女性獣医アナベルを登場させたような気がします。
サム先生はメリーを待つのか?、それともメリーの従軍を機に女性と真剣に向き合うことに選んだのがアナベルなのか?と、こんなことが気掛かりになるシリーズだとは思いもしませんでしたよ(笑)。
ちょっと前に、メリーに恋愛感情があったような気がしたというような描写がありましたが、5年も経てば…ねえ。
メリーが入隊すると言ったのは、煮え切らないサム先生を試したのかもしれませんよ。
もちろん、メリーは看護婦としての任務に誇りを持っているでしょうが。
「わたしはノースモントの町を通りかかっただけなんですよ、覚えてますか?ほかのところへ行く途中だったんですから 」
このセリフは、決意と乙女心が混じっているような、そんな印象を受けました。

恋愛小説の感想のようなことを書いてしまいましたが、事件は相変わらずで、ノースモントは怖いところです。
ドイツ同盟の集会の話が出てきたり、事件にも戦争の影がチラ見えしてたりします。
一番恐ろしかったのは、戦争は関係ないですけども、「田舎道に立つ郵便受けの謎」です。
お父さん殺しを疑われた少年の恐怖はなんともいえないです。
サム先生には「〇〇かもしれない」ということはなく、思いついたらまず一直線です。
それで、確実に傷つけておきながら、真相を見つけるということが多分にあります。
パトカーに押し込められて、おじさんもおばさんにも助けてもらえず、泣くしかできないところに「ごめん、ごめん」って言われても…です。
本当はこんなに軽く言ってないし、です。
ここが警察や保安官ではない所以なのでしょうか。
でも、レンズ保安官も大差ないなあ…と思ってみたりです。

とにかく、サム先生のノースモント事件簿もあと一冊となりました。
町のみんなとサム先生はうまくやっていけるのか?(町の式典に呼ぶのをためらわれるなんて…)、サム先生が結婚するのは誰なのか?、を楽しみに最終巻を読みたいと思います。

拍手

7月のまとめ

もう先月は、「夜廻り猫」に始まり「夜廻り猫」に終わるというか、終わってなくて今に至るというか。
それほどに気に入ってしまいました。
きぃーっ!となっても、しょんぼりしてもページをめくり、何事もなくても寝る前に手に取るという日々です。
なので他の本が読み進めないこと甚だしいです。
でもですね、それほどまでに何かくるのですよ、この本は。
かなりのおすすめです。




2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1068ページ
ナイス数:42ナイス

ぐうたら旅日記 (PHP文芸文庫)ぐうたら旅日記 (PHP文芸文庫)感想
コパパーゲ氏、かわいそうじゃないですか?続編出るつもりだったからこその運転手だったような気がしてならないです。 でもキミコはいつものキミコなのでOKです。
読了日:7月22日 著者:北大路公子
おんなの窓 5おんなの窓 5
読了日:7月15日 著者:伊藤理佐
わたしの容れものわたしの容れもの感想
ほぼ同世代なので、なるほどなあとなることが多かったです。「おれが、おれが」の人をチャーミングだと思えるのは尊敬いたします。身近にいると殺意すらわくので(笑)。
読了日:7月15日 著者:角田光代
二人のウィリング (ちくま文庫 ま 50-2)二人のウィリング (ちくま文庫 ま 50-2)感想
犯罪モノを見過ぎているせいか、想像がついてしまいましたけど、やはりこれが書かれた時代からすると斬新だったのだろうなと思います。想像ついたといっても真相には素直に「ああ!」となりました。しかも、「その人のためを思って」ではないですからね。
読了日:7月11日 著者:ヘレン・マクロイ
夜廻り猫 1 今宵もどこかで涙の匂い夜廻り猫 1 今宵もどこかで涙の匂い感想
永沢さん家の子になりたい。そうでなきゃ、平蔵さん、うちにも来て。
読了日:7月3日 著者:深谷かほる

読書メーター

拍手

ホントにぐうたらだ。「ぐうたら旅日記 恐山・知床をゆく」北大路公子



キミコさんの本、これだけ読み忘れていたのを、文庫発売を機に知ることができました。
先日も「旅に出るキミコはイメージできない」みたいなことを書きましたが、読んでびっくり。
連れ出してもらっているだけで、キミコはいつものキミコのままでした。
旅先でも、家でも、近所の飲み屋でも、まったくかわらないキミコに感動です。
酒飲みってすごいよな~と、あらためて思います。
朝からビールって、自分の身の回りにいたら軽蔑の対象だけど(よほどそういういやなヤツがいるのだなとお思いください・笑)、キミコ御一行様だと笑わせてくれるので許せます。

うるさい子どもやら、中年カップルに呪いをかけてますけど、私もやりますよっ!
「次の日に残らないくらいの、がっかり&イヤなことが起こりますように」とか。
もしかして、私のストレスでの体調崩しも、誰かに呪われてるのか?と心配になってきました。
でも、ちゃんと「次の日にのこらないくらいの」って言ってるのになあ。
仕返しの方が重いってヒドイですよ。
目には目を、の精神を知らないのでしょうか。

三題噺のショート・ストーリー5編も入っていて楽しく読むことができましたが、あとがき&文庫版あとがきを読んで、恐ろしくなりました。
なんですって、続編の予定があったのですって?
4年経っても一文字も書いてないって…コパパーゲ氏があまりにも気の毒じゃありませんか。
自分のところで本を出す予定もあるから、車中で「免許持ってきました!」と言いながらビール飲みだされても耐えてこられたのだろうに…。
それとも考え過ぎかなあ。
ただ単にぐうたら旅行を楽しみたかっただけなのかなあ。
そう思い直さないとこの結末は怖すぎます!

拍手

異文化体験記好きなので読んでみました。「イギリス毒舌日記」ウィルトモ


 
長く続けておられるブログの書籍化です。
ブログはここ最近の読者だし、やっぱり読むなら紙派なのでこっちの方がいいです。

国際結婚で、舅姑と同居で、日本人(というかアジア人)の珍しい村での日々です。
大勢が通り過ぎるだけの都会と違いますからね。
それだけに厳しいことも多いようです。
日本にいるだけだとうっかりしがちですけれど、他国の人と接する場合、「戦争」という話題が避けられないことがあるのですよね。
あの戦争では敵だった、味方だった、ということが今でも判断基準のひとつになっていることもしばしばです。
戦争でなくても、人種が立ちはだかるということも同様です。
ふだん考えないようなことが人と接することの根底にあるかと思うと、唸ってしまいます。
そういう楽しいだけでないことが読めるのが人気のひとつなのでしょうね。
もちろん、困ったことも愉快に仕上げてくれているからこそなのでしょうが。

やっぱり思うのが「日本人でよかった」ということでしょうか。
特に病院。
日本のシステムしか知らないから、他が想像できないとも言えますが。
歯が痛いのに予約が3カ月後とか、自分で口の中吸引とか、ホームドクター制とか、水疱瘡で医者に行くと怒られるとか…私には無理です。
病院に限らず、良くも悪くも日本人は丁寧だと改めて思わされました。
学校や職場での身の回りの片付け等を例にあげて、日本の小学校での掃除の時間の大切さを語っておられます。
中東のどこかの国の人がこれを取り入れて、たいへんに喜ばれているというのをテレビで見た覚えがあります。
確かに、自分が使ったところを掃除し、使ったものを元に戻すということは日本人には当たり前のことだけれど、小さい頃から仕事としての「掃除人」を目にしているとそうはならないのかもしれませんね。
でもさあ、家庭ではどうなのよ?と思いませんか?
自分の部屋を掃除し、みんなで使うところにも責任を持つって、家庭で学ぶことでしょう?と思います。
一歩外に出ると別問題って、そういうことでもない気がするけれど、これがお国の違いということでしょうか。

そういった、生活していく上での違いがたくさん登場します。
実際に自分が体験することはないと思われますが、他国の方、生活習慣の違う方と接することには、言葉以上に大きなものを含んでいるのだなと考えずにはいられないです。

拍手

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]