忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

OZ−26「訃報」

知事選の対抗馬は暴動の調査を任された人だったのですね。うっかりしてました。そういえば知事に向かってそんなこと言ってましたね。
それで黒人である所長に副知事の白羽の矢が立ったわけだ。
デブリン知事の参謀がマクマナスの解雇を要求。そうでなくても様子がおかしい。シスターやネイサン先生が心配するも、すでに所長はマクマナスを解雇。
そうそう、この時期所長もかなり勝手だった。選挙のことばかりで刑務所のことにあまりタッチしていなかった印象がある。
アデビシの思いどおりに事が運んでいく。

ビーチャーの肝煎りで、シリンガーの息子ハンクの行方がわかる。金をもらえれば父親に会いに行ってもいいという。で、お金渡して来てもらうのですね、勿論シリンガーには秘密。ムカダ神父は承知してたけれど。
ろくでなしの息子だっていってたけれど、あんなに嬉しそうなシリンガーは逆に恐い。
父親に会うのも金目当てなんて、真相を知ったら怒り倍増だ。何に対して?ビーチャーか。

サイードが中心となった暴動の裁判がいよいよ始まる。目前にしてトリシアが面会に来る。ここで、本日の名言。サイードに対して、「尊敬している一方でイライラさせられる」
彼を表すのにとても素晴らしい言葉。
これで余計裁判に対してムキになったよう。囚人の外出着は着ないと。
力への情熱はなくなったと言っているが、サイードからそれを取ったら何も残らないのではないだろうか。
代わりにビーチャーが裁判に行く。さすが弁護士。

シスターのすすめる対話プログラムにネイサン先生の旦那さんの家族が応じる。まずは別々にシスターと面談。
シリルは「友達になりたい」と言いたいらしい。たとえ元悪人でも、怪我を負って以降、こんな純なことしか望まないシリルを巻き込んだライアンの罪の重さを感じる。

ブスマリスは以前の脱獄用の穴は横取りされたけれど、今回はとりあえず成功。病棟に入院中のミゲルも一緒に連れ出す。
脱獄だって悪いことなのに、清々しく感じるのは何故でしょう。

ケラーは流れ弾に当たって重傷だったようで、他所の病院からまだ帰ってきていない。ホント、よく怪我する人だ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]