忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

LOST4 #79「ジヨン」

数日テレビを見なかったら一週遅れのまま追いつけなくなったし、LOSTだし(笑)、と思ったけど。
名前だけはクレジットされるものの、一向に姿を見せなかったマイケル(違う名前だったけど忘れた・笑)が遂に登場。
ベンがマイケルを島から出したのはウィドモア側をスパイするためだったのか。
それとも脱出した船が漂流して掃除夫として拾われたのか。
偽名を使っているし、ベンが「貨物船にスパイがいる」と言っているものスパイだな。
サイードもゼルさんも驚くものの、事情を察して初対面の挨拶をするあたり大人だ。
これが○○○や○○○○だったら顔に出ちゃうので貨物船の人たちにばれる。
船内で今までの経緯を話す機会はあるのかな、ウォルトがどうしてるとか。
ところでデズさん、鼻血と意識の行ったり来たりはどうなった?(笑)あの人死んだのにデズさん平気なのかな。

タイトルのジヨンというのは脱出後のサンが産んだ娘の名前でした。
ジンとサンのFFと見せかけておいて実はジンの方はFBだったというオチ。
途中でおもちゃ屋の主人が「今年は辰年」とわざわざ言ってるのでFFではないな、とわかりましたけども。携帯電話も子機みたいだったし。
サンの出産時、担当医師が急に交代したり看護師が目配せしたり、何より韓国にいるのにあの父親が出てこないのでダーマなりウィドモアなりの組織に引き渡されたのかなと期待させておいて(笑)本当にただの緊急出産。
医者がよく診もしないでこのままでは危ないだの帝王切開だの言うからあやしかったですよね?穿ちすぎですか?
サンはオーシャニック6とはっきり言われていたので残る席は後一つ。
ジンが亡くなった2004年9月22日というのが島でなのか脱出後なのかで残席の運命も変わる。
島でだといいな、と思うのはソーヤーの席が欲しいからだ(笑)。
しかしアーロンも含めるとサンで定員いっぱいなのでもうだめか。
でも9月22日って墜落したといわれてる日?覚えてないや。
墜落した日だとするとサンが妊娠するわけないので、いろんな事情で死んだことになってる(=会えないだけ)説も捨て難い。

しかしジュリエット、鬼。そういえばゼルさん、元夫役だったなあ。
彼の方が非道な描かれ方してたけど彼女は島で素質が開花したってことなのかな。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 夢野
  • URL
  • 2008/10/28(Tue)00:32
  • Edit
オーシャニック6の6は6人ということですか?
アーロンは数に入ってないことを期待しましょう。後一人は誰なのか気になって寝れません。
結構楽しんでシーズン4見てます。

デズさんはペニーが定数になって、大丈夫そうですよ。デズさんの意識は1996年のものなので、サイードとマイケルのやりとりも「何?」という感じなのでしょうね。

とにかく、サンが無事に出産できて良かったです。
ジュリエットも悪者になった甲斐がありました。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/10/29 10:23
>オーシャニック6の6は6人ということですか?
そういえば自分でよそ様で「6人ではない説」を言いふらしたのでした(笑)。
私は6人だって信じているという証拠ですね。
でも6人に入っていようがなかろうが、ベンがその気になれば脱出方法があるような気もするのでソーヤーは座席を獲得できなくてもいいかなと思います。
>デズさんはペニーが定数になって、大丈夫そうですよ
ああ、そうでした。定数を見つければ大丈夫、ということで必死にペニーと連絡取ったのでしたね。
楽しんでるはずなのに、見たそばから内容忘れちゃうのは困ったものです。

TRACKBACK

Trackback URL:

LOSTシーズン4♯7「ジヨン」

  • URL
  • 2008/10/27(Mon)
ケイトはロックに追い出され、ビーチに戻ってた。サンはダンやシャーロット達が救助目的で来たのか疑問を持つ。信用できなくてロックの元に...

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]