忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ5 #91「招かれざる客」

消防はジミー隊長代理の下、シュミレーション訓練。新人の極度のパニックを心配したジミーが駆けつけてしまったことで隊は全滅、指揮官の難しさを噛み締める。
警察は、ラッパーがストリートで海賊版を売る輩に子分を使って暴行を加えさせる事件に遭遇。ラッパーは逮捕された子分の釈放時、テレビカメラを引きつれ海賊版工場の所在地を明らかにし「誰かが止めさせなければならない」とメッセージを伝える。ボスコとモンローが下調べに海賊版工場を訪れると、ラッパー崇拝者が工場に火をつけ逃げ出すところだった。

隊長として苦悩するジミー。
訓練とはいえ、隊員の目の前で隊を全滅させたと晒されれば不協和音を呼ぶというもの。
ウォルシュはおとなしくて味方だと思っていたのでジミー同様に私もショック。
隊長の死の影響が大きいうえに、消防は隊員同士が常に命を預けあっての仕事、「隊長が不慣れじゃ困るんだ」と言うウォルシュの気持ちもわからないでもない。
でもそこは旧知の仲、お互い言葉が足りなかったことを確認しあい落ち着きを取り戻したようだ。
でもですね、この仲直りのきっかけがキムってのは(笑)。彼女、いざという時は度胸が据わってるのですね。
そしてまたもやキムとジミーがよりを戻しそうな雰囲気。でもしょっちゅうなので(笑)進展するかどうかは不明。

海賊版工場爆破事件は、「彼はCDを500万枚も売る。カメラが回っているのを承知で工場攻撃を口にしたのは誘発に値するのでは…?」とのデイヴィスの言葉からラッパーを逮捕。
ラッパーも「人が死んだのか?」と急に口調が弱まる。
根絶できない海賊版、彼もある意味被害者だが、方法を間違ってしまいましたね。
このデイヴィスのヒラメキにボスコが感動したように、あの場にいたサリーも、さらにはデイヴィスも自分自身の法律家としての道を頭に描き出す。
問題の出し合いではサリーの勝ちだったことも影響してるかな(笑)。
とにかくサリーとデイヴィスは競争してロースクールの試験に臨むことに。
デイヴィスが「旧交を温めあう」元彼女からの花束をゴミ箱に捨てたのは、決心は本物、今の自分は付き合えないということなのかな。

退院以降、自由が利かないことを歯痒く思いながらも何も努力できないフェイス。
「お母さん、そんなに悪いのかな…」とおばあちゃんに話すエミリーの観察眼の鋭いこと。
おばあちゃん(=フェイスの実母)には甘えん坊さんなフェイスを見るのが新鮮というか、驚きだったのでしょうね。
おばあちゃんはフェイスと意見が衝突しがちなことを利用した作戦でフェイスの気持ちを引き出すことに成功。
「これから一生非課税で給料もらえる」とか「デスクワークをやらせてもらえる」とか聞き、自分が何かしなければ落ち着かないフフェイスには想像するだけで寒気が走ったらしく、「明日からリハビリ頑張る」宣言。
モンローは「警察に戻ってくると思ってるの?」と言うが、端から警察復帰以外考えてないボスコはやはりフェイスとパートナーなのだな。
再びパートナーになれるかは別として。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]