忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ5 #92「影との戦い」

ホルステッド判事を狙ったと思われる車爆発の現場に居合わせ、身を挺して判事を救ったことから身辺警護担当を命じられたサリー(+デイヴィス)。検事補時代の彼女と一緒に仕事をし、嫌な経験をしたサリーは仕事には責任を果たすつもりでもおもしろくない。
ホルステッド事件の火災現場に出動したキムは多数の怪我人におわれ、許可を得ないと使用できない薬を「緊急事態だから」と待たずに使用。本部から様子を見に来たドクはその場では一言も発しないが、後にキムに規定違反の通告書を送る。
制服に嫌気がさしたクルーズは保険適用の整体治療院で売春が行われていると仕事を持ち込み、モンロー監視の下ならと許可され潜入捜査開始。
お母さんの作戦にのせられ、一人で懸垂運動中に頚椎にひどい痛みを感じたフェイスは病院へ。

サリーとホルステッド判事の間にはどんな因縁があったのだろう。
サリーは根に持ってるのに判事は記憶にさえなかったようだ。
味方である警察からもこれほど疎まれているのなら裁判絡みで敵も多いはず、容疑者探しは大変そう。
身辺警護中なのに届け物を気軽に受け取ってしまうお手伝いさんも、注意点を徹底していない警察も迂闊、花かご爆弾でデイヴィスもお手伝いさんも怪我してないことを祈る。

クルーズの潜入捜査は…?制服班独自で許可、実行できるものなのだろうか。
自信過剰なクルーズが鼻につくったらありゃしない。
なので「あと一人捕まえる」と意気込んで自分が被害者になったのは同情できない。
モンローの女性として+警察官としての気遣いがなければどうでもいいエピソードかな(笑)。しかし尾を引きそうな予感。

フェイスはむきになるタイプだからリハビリやりすぎは予想できたけど、これは違う問題らしく、医者には痛みの原因は見つからないようだ。
あの事件が精神的にかなりこたえているだろうに、目に見える怪我のケアしかしてなかったせいなのだろうか。
鬱陶しいくらいに「私がっ、私がっ」とやってくれないとこっちも調子が狂ってしまうので早い復帰を望む(笑)。クルーズの傲慢さとは何かが違うので。

ところで、ドクは明らかにおかしい。
キムの言うように、違反ならそこでまず注意すべき。
怪我人の安全を気遣うなら「待ちなさい」と言えるのが、または違反通達を出さずに完全に目をつぶるのが上司。
そんな通達出すくせに、キムに救命士の仕事について酔ったように語ってるんですよ。
他の人のいない時に忠告するならここもチャンスだったわけだし。
ドゥベンコを見習わないとね(笑)。
というかドクが抱えているのはそんなレベルのことではなさそうだ。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]