忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

サード・ウォッチ5 #100「灼熱への疾走」

ジミーはキムに指輪を送り、消防署のみんなにも再婚することにしたと知らせる。そんな時に新任署長スティーパーがやってきて「ジミーはレスキュー隊に異動」と人事報告。ジミーはこの異動を喜ぶが、ドクは「分署潰しのスティーパー」の戦術だと食って掛かる。
黒人の子どもがひき逃げされ、運転していた白人男性が黒人の少年に殴り殺された事件で、クルーズは前科のある少年に自白させるがモンローは彼が犯行現場にいなかったことを知っている。真相を話すよう説得するが「将来のある仲間に罪を償わせるわけにはいかない」と進んで誤認逮捕を受け入れるのだった。

モンローのぶつかった問題は難しい。
ラモントは殺そうと思ったわけではないし前科もない、しかし死んだのは白人有力者の息子、黒人少年がどこまで酌量を受けられるか不安はつきまとう。
事故と認められたとしても、成績以外の理由でロースクール進学がかなわなくなってしまうかもしれない。
前科のある少年が罪を引き受けることで全て丸く治まるのかもしれないが、事故とはいえ人を殺してしまったこと+友人に罪を着せたことに心が耐えられるのか?と考えれば私はモンロー派だな。
モンローの説得に心を動かされたことからも、ラモントはこのままだと精神的に押し潰されていたかもしれないと感じられる。
「(前科ができて)これからどんな仕事に就けると思う?」とクルーズが言うように、ラモントには厳しい生活が待っているかもしれないがこれでよかったのだと信じたい。

そしてジミーですよ。
火災現場で身動き取れなくなった時、またもや死での降板?と嫌な予感。
命は助かったものの降板は降板、しかもプロポーズを受けたはずのキムは「死んでも本望だった」と言うジミーの言葉を聞いて一気に冷める、というか引く。
死んでもいいと思ったわけではなく、もし命を落とすことがあるならば消防士として、という意味なのでは?
やっぱりキムは死の淵を見ると逃げ出すんだな。あっちでの奥さんはキムではなかったのだけど話がつながったようで妙に納得。

ジミーが最後の日に分署を見回し、想い出にひたっている時に現れたアレックスを吊るしたイタズラ。
最近はあんな愉快なシーンはないなあ…とジミーと一緒に懐かしんでしまった。ポテト爆弾よ、もう一度!

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2009/01/21(Wed)19:33
  • Edit
ジミーの降板は、他のTWキャストの降板に比べると単純に人事異動でまあありがちな展開なのかなとやや拍子抜けしましたが、でもジミーがいなくなる=消防は用なしになるということがショックでした。
まあこの先も消防車出動のシーンはあるし、イケメン消防士?も姿を見せますが、やはりレギュラーじゃないので扱いは地味。
TWならではの三つ巴の一角が崩れてしまったことがとても残念でした。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2009/01/24 09:25
人事異動というありそうでない降板でしたね。
>ジミーがいなくなる=消防は用なしになる
オープニングで紹介される消防隊員はジミーだけですものね。
ドラマの方向転換の時期だったということでしょうか。
と思ったらイケメン消防士が登場するのですね。
>イケメン消防士?
この最後の?が気になりますが(笑)それもまた楽しみのひとつです。

TRACKBACK

Trackback URL:

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]