忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

バーナビー警部 #60「戦場の遺恨」 Shot at Dawn

軍法会議で任務放棄とされたトミー・ヒックスは、その場で死刑が執行された。
直接トミーを射殺したのはダギー・ハマンド。
以降、ヒックス家とハマンド家の間には90年にもわたって確執が続くことになる。
が、最近になってトミーの名誉が回復され、その式典に他のミッドサマーの人たち同様両家も参列するのだが…。


軍法会議による処刑の遺恨かと思わせて、実は現市長ヒックスが加担している不正土地取引?
ハマンド家の嫁とヒックス市長の長年にわたる不倫のせい?
そのせいで自分たちが実は兄妹では…?と悩んだ両家の子ども?等々、
散々悩ませられて結局はタイトルどおりに「戦場の遺恨」でした。
ライオネル・ヒックスが、父親を殺したハマンド家の人間を許すことができなかったのですね。
そこにはまた、トミーとダギーが異母兄弟だった可能性があったからなおさらです。
ライオネルは異母兄弟だったことを信じていたからこそ、執着していたのです。
ダギーの遺言「ヒックス家に土地を譲る、三代に限ってだけど」は届かなかったのですかね。
悪人しかそれを知りえなかったのは不幸ですね。
でも、いくら車椅子が偽だったとはいえ、力も弱り動きも鈍くなっていたであろうライオネルの工作が誰の目にも止まらなかったとは思えないのですが(笑)。

ヒックス市長とその次男は典型的なおバカでしたね。
市長、警察にまでやってきて警部宅の屋根の手抜き工事を「契約と保証というものがあるのだよ」とか笑い飛ばしているからバチが当たったのです、っていうかそういう人なのです。
ラスト、無償で警部宅の修理をさせていたのは反省したということなのでしょうか。

今回笑ったのは、ハマンド嫁と市長が逢引中に、子ども同士が結婚したがっているけど兄妹かも?と市長が思ってたところ。
嫁は義理の父親とも通じてハマンドの血を守っていたわけですが、そんなこと知らない市長はハマンドの娘は自分の娘だと思っていたようです。
その時の、兄妹であることを否定するハマンド嫁に市長は「ジョニー(ハマンドさん)が兵隊と遊んでる間~(自分と関係してた)」って。
兵隊と遊んでるって(笑)。
字幕翻訳の方のせいでしょうか、何かとても楽しそうな感じが頭から離れませんでした(笑)。

ところで、金曜日の20:00~が初回放送ですよね。
この回を録画したのですが、30分過ぎたあたりで画面が暗くなり、映ったと思ったら画面がデカくなったり上下左右黒帯出現を繰り返したと思ったら、黒帯あり状態で固定されてしまいました。
字幕頼りですから、そんな小さい画面ではツライので録画し直して見ることとなりました。
初回をご覧になった方でなにかしらの電波障害に遭遇した方いらっしゃいますでしょうか?
そういえば今回の放送から字幕の文字が少し大きくなったように思いません?
ここの局は少し文字サイズが小さめでしたからね。
新作REXも大きくなっていることを願います。
 

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]