忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #13~15

歌声の行方
横転した車の中から若い女性の死体が発見される。
車の持ち主は地元の名士ブラックストーン家であり、額に真新しい傷をつけた息子に質問するが母親が何かと遮り捜査は難航する。

高貴な家柄の内幕というのはイギリスドラマにつきものですね。
今回も家庭内の人間関係が破綻していて、抜け出したい気持ちと恵まれた生活の板挟みで苦悩している息子が憐れ。
でもお父さん、それはないだろう。
後妻の仕打ちにも頷けないが、お父さんも一方的な被害者じゃないですよね(家庭において)。
後妻の人はお久しぶりのペンハリガンの人だ。


消えた子供
グローブス夫妻がちょっと目を離した隙に養女フェイスが誘拐される。
実際の両親や夫妻の交際関係を調べると、養子縁組の仲介組織の非情さが垣間見え…。

赤ちゃんを仲介組織にとられたという気持ちでいっぱいの女性の「どうして一緒に暮らせるように助けてはくれないの?」という叫びが効きましたよね。
この仲介組織はシングルマザーは許されないというのが根本にあるみたいでしたから。
グローブスさんがシングルマザーとなってしまった時代から二十数年、声が届くにはまだまだ時間が足りなかったのかしら。
バッカスが誘拐の容疑者ともみ合って、容疑者死亡というのはきつかったです。
考えてみれば警察官は基本的に銃を持っていないのですから、捜査の段階でたとえ犯人であろうと人を殺してしまうなんてまずないはず。
気遣う警部には静かな表情でありながら、不仲だった父の胸で涙を流すバッカスが愛おしかったようなきがします(?)。
グローブスさんはマイクロフトさんでしたね。
ヒゲとメガネで印象変わりますが、マイクロフトさんでした。


ジェントリー汚職疑惑
夜勤の警察官がパトロール中に死体を発見したせいで殺されてしまう。
しかし、警察は汚職を気に病んだ自殺として片付けようとしており、身重の妻はそれが悔しくてたまらない。
彼の無念を晴らそうと約束する警部だったが、刑務所に送り込んだはずの汚職警官ラティガンが釈放され、逆に警部が汚職警官であったとして捜査される。

警部の周りは敵ばかり!
警察の上層部はみんな何かしらの汚職に手を染めていたってことですか。
それを許せない孤高の警部は、ラティガン事件を逆に利用されて抹殺されるところだったわけですね。
それにしてもあんなに大掛かりに仕込まれるなんてヒドイ恨まれようですよ。
汚職の証拠を並べられても、複雑な顔をしながらも警部を信じるバッカスが健気でした。
テイラーに「この捜査は間違ってる!」と睨まれる前からバッカスの心としては潜入捜査だったわけですよね。
警部のためにウソで時間稼ぎ、ホテルから大聖堂へ走る走る…バッカス大活躍。
「いつでも警部の味方です」にまた大人になった彼をみたような気がします。
今後、「傷つきやすく騙されやすい、都会の罠に陥る恐れアリ」という警部のバッカス評にもう少し何かが加わるような気がします。
っていうか、続くんですよね?(笑)
でも関係者がみんな死んでしまって、真相を知るのは警部とバッカスのみ。
濡れ衣だと証明することもできずに、警察は警部を受け入れられるのでしょうか。
あの弁護士が手を尽くしてどうにかなったりするのでしょうか。

ドンパチ合戦がないところも好きだったんですけどね…(笑)。
しかも元同僚・親友で殺し屋がルイス警部の人とは!
誠実なルイスしか知らないのでまったく想像できない(ミスキャストだよね・笑)。
ミスキャストついでに言うと、バッカスの元嫁、キャラクター変わりましたよね。
もっとお嬢様っぽい人だったという印象があるのですが(署長の娘だし)。
今度の恋人の趣味なのかしら(笑)。


とうわけで新エピソードも終わってしまったわけです。
警部はもとから大人ですから、ここではバッカスですよ、またちょっぴり大人になったようです。
移民、多人種、貴族階級、シングルマザーへ向ける視線は当時のイギリスの若者そのものだったのでしょうね。
彼には、そこに本当にある差別的感情なんてものはなく、世間で言われていることだから程度。
だから事件で当事者たちに触れるとちょっとだけ気持ちが変わったり、心が痛んだり、と。
良く言えば打てば響く、悪く言えば流されやすい、そんな若者の代表としてのバッカスくんなのですかね。
そんな若者代表の彼を警部は「打てば響く」の方を大切に見守ってくれていると、届いたような気がするのは美化しすぎでしょうか(笑)。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

あのラスト

  • by nisemi
  • URL
  • 2013/01/03(Thu)17:59
  • Edit
やっぱりあのラストってないですよね、続くんだよねと思われましたよね!?
全然笑うところではなかったのですが、エンドクレジットが流れたときに「はい?(;゚∀゚)」みたいな変な笑顔になってしまいました。

バッカスは毎シーズンごとに確実に成長してるなという感じですよね。↑で笑ってしまったと書きましたが、「いつでも警部の味方です」には泣かされました。
テイラー巡査みたいに「この調査は間違ってる」とはっきり怒りを表明しない分、バッカスもつらかっただろうなあと。元お嫁さんにはぼろかすに言われちゃうし…。

続きがいつになるのかわかりませんが、今からまた楽しみです。

Re:あのラスト

  • by カクテキ
  • 2013/01/04 10:12
あのラストは、どうにでもできますねえ。
しかし、あの諸々の状況から針のむしろ状態になるであろう警部とバッカスを見たいという気持ちの方が大きいです。
「いつでも警部の味方です」は、素晴らしいセリフでした。
テイラーが素直に忠誠心と正義感を口に出せるのをバッカスはうらやましく思っていたのだなと思うと、心を打たれます。
元嫁と警部の関係を披露したところなど、「ま、まさか、まだ根に持ってる?」と一瞬疑ったことを謝罪しましたよ(笑)。
シリーズが続いてくれることと、バッカスがちょっとだけ後退(三歩進んで二歩下がるみたいな)してくれていることを祈ります。

久しぶりに観ました

  • by riek
  • URL
  • 2014/10/19(Sun)12:18
  • Edit
昔の記事へのコメントですみません。ちょうど先週AXNミステリーで後半の再放送をやっていて、「ジェントリー汚職疑惑」を見なおしたものですから。

以前観た時はルイス警部自体をまだ知らなくて、中の人のことを全然知らなかったんですよ。今回その辺を見なおそうと思ったのですが、うーん合わないですね(苦笑)。訛りも似ていたので、ルイスが悪い冗談言ってるとしか思えませんでした。ところでインタビューによると、彼は小さい時合唱団(聖歌隊?)にいて、あの大聖堂にも行ったことがあったそうで、本人的にはいろいろ懐かしかったようです。

ところでバッカス!大活躍でしたね。もう警部のために走る走る。辛い気持ちを抱えながらも、警部を信じて潜入捜査をするバッカスにじーんときてしまいました。そしてあの終わり方・・・(涙)。イギリスでは続きが今年の春に放送されましたが、日本ではいつになるんしょう。今年中は無理そうかな。AXNミステリーさんには早くなんとかしていただきたいものです。

Re:riekさん

  • by カクテキ
  • 2014/10/19 12:39
いつのどんな記事にでも大歓迎ですよ♪
「ジェントリー汚職疑惑」、ルイスの人、犯人役は似合ってませんでしたよね。
風貌も悪っぽく見せているけれど、無駄な小細工にしか見えません(笑)。
想い出の大聖堂で暴れたとは、さぞや感慨深かったことでしょう(?)。
バッカス、よかったですよね。
警部のために、見ている私たちをも煙に巻く言動してみたり、「警部の味方です」は、本当にじ~んときます。
本国では続きが放送されたのですね。
これは、AXNミステリーでも放送していただかないと困ります。
二人の間に育まれているものを是非見せていただきたいです。

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]