忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

刑事マードックの捜査ファイル 3 #1「私は誰だ」

先日、番組表で偶然見つけたチャンネル銀河の「刑事マードックの捜査ファイル 3」。
ブログで触れているのは、S2の最終回まで。
LaLaで「マードック・ミステリー」がシーズンいくつまで放送されたのかまったく思い出せなかったのですが、字幕放送であることが日本初放送のような予感がして見てみました。
大正解!
これは私が知らないエピソード。
もしかしたら銀河では再放送なのかもしれませんけれど、とにかく新シーズンが見られることに感謝!
「ルイス警部」や「ニュー・トリックス」の新作放送の時も特別アナウンスなかったという前科もあるしね(テレビCMはやってたのかも…?)。


イギリスのブリストルで銃を持った男たちに追われるマードック!というショッキングなオープニング。
逃げ込んだパブで、記憶がないが持ち物から手がかりを見つけようとしたら銃を持った男たちに追われたと告白。
その頃、トロント警察では一週間も行方が分からないマードックを全署あげて捜索中。
マードックは、パブの店主アナの助けで事件と自分探しをする…というエピソード。

久しぶりに見てやっぱりおもしろかった!
マードックの代理でやってきた刑事が、「女や酒で姿をくらましただけ」みたいなことを言ってもブラッケンリードはじめ、署のみんなが真面目なマードックに限って有り得ない!と一丸となる姿もよかった。
さらに、ジョージにいたっては立派に捜査官でしたね。
マードックの姿勢を見て学んだのがよくわかります。
代理刑事が机の上のものを「ゴミ」と称するも、必死で守ってたのもよかったです。

巻き込まれたものは何なのか、そして記憶を取り戻そうとマードックが事件を整理する姿に、天性の刑事魂がうかがえました。
協力者アナにどんどん惹かれていくけれど、そこはやっぱり真面目男なので、ジュリアという名前を思い出したことでストップがかかりました(追っ手が来たからだけど)。
アナは腕っぷしもいいし、陽気でいい人みたいだけど、確かS2ラストでマードックとジュリアはお互いを大切だと認め合ったのでしたよね。
だから仕方ないか…と思ったのも束の間、悪いクセでIMDbの出演歴見たら、アナ、まだ出るじゃないですか。
マードックというかヘンリーを追ってきちゃうのかしら?
戻ったマードックを迎えたジュリアの姿で、みんな公認の仲となったのに、どうする、マードック?みたいなことになるでしょうか。
もじもじした大人は新鮮でもあるので、ここらへんは容認です(笑)。
そう、ジョージが頑張ってくれさえすればそれでいいのです、私は。

今まですかすかだったHDDが忙しくなりそうな10月だけど、これはぎりぎり見つけられて本当によかった!
大好き!夢中!というつもりではないけれど、かなり見たいですから。
本国ではS7が始まったところの人気シリーズなので、銀河でも是非S4以降の放送を期待しております!

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by さんた
  • 2013/10/06(Sun)10:42
  • Edit
マードックミステリー、新シリーズが銀河で放送なのですか!びっくりです~。いきなりイギリスにマードックが!という設定も興味深いですね。お知らせありがとうございます (^^)

Re:No Title

  • by カクテキ
  • 2013/10/06 11:30
銀河、あなどれない局です。
でも大っぴらなアナウンスがないのでうっかりしがちなのが困ったところです。
銀河に登場と聞いても、LaLa放送分だけだろうと思っていたらまさかの新作。
なんともありがたい誤算です。
土日の朝一話ずつで再放送なしという、変則なのか規則正しいのかわからない形態もこうなってみると銀河らしいと思えてきます。

マードックがイギリスにいたのも、ジョージの推理がかなり効いていて、つながっていくところがとても気持ちよく、正統派すぎるくらいで安心して見られます♪

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]