忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

メンタリスト3 #8「火の玉」 Ball of Fire

ジェーンが誘拐された!
インチキサイキック時代にも、CBIコンサルタントとしても恨みを買うことの多い彼のこと、犯人が絞り切れない。
が、そこへ以前逮捕したDr.ワーグナーから、誘拐事件に関わる情報を持っているとの連絡が入り、リズボンが面会へ行くと、酌量を条件に情報を教えるとのこと。
一旦は蹴るものの、ジェーンを助けるため「捜査への協力があったことは付け加える」と情報を聞き出すのだった。

メンタリストを見ようと思ったのは、ゼルさん(Zeljko Ivanek)の再登場があるからだったのですね(他人事?)。
一度席を立ったリズボンが戻ってきた時のワーグナーの表情、よかったです。
「戻ってくるのは百も承知」という感じで。
しかし、あのオレンジの服は似合わんです。
また、半袖で肘の上が見えちゃってるのもいただけません。
やっぱりゼルさんはスーツにネクタイでなくちゃ!と再認識できましたよ。
リズボンでなく私に頼んでくれれば、いくらでもいい証言してあげるのに。
この人は、もともと検察の人で、もうちょっとのところで判事の職を得られるところだったのです、バンパイアの世界では裁判長職にありましたが悲惨な最期でした、州知事の時もありましたよ、一時はテロリストだったりヒーローズを狩るようなこともしてましたが、CIAの長官も務め、大統領とアメリカを救った男です、基本スーツにネクタイの人なので、終身刑だったとしてもこのオレンジの服は勘弁してあげてください、って具合にいくらだって出てきますよ。
「Revolution」見てればまだ何か付け加えることができただろうに…よいファンでなくて申し訳ないくらいです。

結果、ゼルさんの情報+捜査の甲斐あって、犯人のアジトを突き止め、ジェーンもリズボンも保護できました。
それなのに、最後ジェーンもリズボンも、ゼルさんに会いに行ってあげませんでした。
この分だと、酌量を求める証言もあやしいものです。
もう一度、ゼルさんの裁判絡みのエピソードを入れて、私たちファンを安心させてほしいな、と思いました。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]