忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

11月のまとめ

犬系の本、読みすぎ…(笑)。
犬系に限らず、角田さんの本は猫が出てくるし、オチビサンの友だちはワンコや猫、ウサギだし、動物本ばかりじゃないか…。
どれもおもしろかったけど「犬たちの明治維新」は別格。
犬がどうやって町犬から家庭犬になったのかがわかる生活文化史です。
犬の供出の話など、涙なくしては読めなかったよ。
椋鳩十の「マヤの一生」、読んでるはずなのだけど、心に残っていないということは感受性の鈍い子どもだったのかしら。





2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1343ページ
ナイス数:45ナイス

オチビサン7巻オチビサン7巻感想
月の記憶がなくなっても、月を見上げて流す涙だけは残されたアカメちゃんの話、きつすぎ…。おじいとジャックの話は二人の関係がよくわかって深みが増しましたけど。強情なパンくいのエピソードがお気に入りです。
読了日:11月29日 著者:安野モヨコ
犬たちの明治維新 ポチの誕生犬たちの明治維新 ポチの誕生感想
明治維新は犬の生活にも大きな変化をもたらしたのですね。
読了日:11月24日 著者:仁科邦男
いとしのムーコ(6) (イブニングKC)いとしのムーコ(6) (イブニングKC)感想
こまつさんの鬼度があがっている。前は犬心がわからないだけだったのに、人としても問題アリのレベル(笑)。まあ、ムーコがかわいければそれでいいですけどね♪
読了日:11月22日 著者:みずしな孝之
近所の犬近所の犬感想
ワンコとのエピソード、いろいろで楽しめます。その中にあるから、女心をわかってない編集さんの話が際立ってました(笑)。
読了日:11月18日 著者:姫野カオルコ
まひるの散歩 (ORANGEPAGE BOOKS)まひるの散歩 (ORANGEPAGE BOOKS)感想
やっぱり、食いしん坊だと思う(笑)。猫ちゃん、美人ですねえ。
読了日:11月10日 著者:角田光代
旅はワン連れ (一般書)旅はワン連れ (一般書)感想
ビビリを克服すべくタイへと旅立ったマドちゃん。いろんな体験をしてお姉さんになったようでなによりです。あとがきのオチがナイスです(笑)。
読了日:11月3日 著者:片野ゆか

読書メーター

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by さとうさんた
  • URL
  • 2014/12/03(Wed)00:13
  • Edit
カクテキさん、ワンコ充ですね~。

>町犬から家庭犬に
おおそれは興味あります。
こちらのページメモらしてもらいます!

Re:さんたさん

  • by カクテキ
  • 2014/12/03 11:31
ワンコものにばかり手を出して…
おそらく、毎年恒例の後悔期間に突入したのではないかと…。
「犬たちの明治維新」は、ちょっと読みづらかったりするかもしれませんが、素晴らしい史料だと思います。
昔はワンコは町でみんなに飼われていた、そこから家庭の犬になっていくのは大きな時代の変化だなあと感慨深いものがありました。
私の書き方で何ですが、興味を持っていただけてうれしいです♪
ありがとうございます。

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]