忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

「今日も一日きみを見てた」角田光代



他のエッセイでもチラリと出てきた、美人猫トトちゃんを見つめ続ける角田さんのエッセイ。
初めて家庭に迎える生き物がトトちゃんであるとのことで、その興奮と不安に読んでいるこっちもにんまりしてきます。
最初の方はトトという猫のことが大半ですが、後になるにつれ、家に動物を迎えるということといった趣も強くなってきます。
「トトが犬でも鳥でも好きだったろう」、一緒に生活して、子どもではないけれども、何ものにもかえ難い大切な存在だ、との言葉ですよ。
この前、障害を持って生まれたお姉さんを亡くした妹さんの投書で、「たとえ障害があっても〇〇ならもう一度産まれてきてほしい」とお母様が語られたというのを読みました。
人間と動物は同列にすることはできないけれど、慈しむとはそのようなことなのだと思えてきます、自分は子どもをもつ経験はできませんでしたけど。
BC(Before Cat)時代、AC(After Cat)時代というのもいい表現です。
私には、BDとADになるわけですが。
確かに、私もAD以降、百閒先生の「ノラや」は読んでません。
何故なら、読んだらどうなるかがわかるからです。
でも、まさのことを本当の意味で乗り越えるために、いつかは読み返したいと思いますが。
いや、そんなたいそうなことでもないのですけどね。
そういったことが心の真ん中に、ほわっと灯るような、そんな本でした。

当然、トトちゃんとの愉快な日々も、にゅるーっと出てくるとか、表現がステキです。
猫のくせに、テーブルから落ちるなよっ!とか、トトちゃんにつっこみたいこともたくさんあります(笑)。
ただ、私は犬派だけれども、他所の犬の写真も大好きです、と宣言しておきますっ!



拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]