忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

日本公開が待ち遠しい、パディントン♪

実写のパディントンが作られ、海外では好評なのに、日本での公開情報が一向に聞こえてこない…と思っていたら。
パディントンのオフィシャルサイトに、「2016年新春に決まったらしい」との情報がありました。
3月4日付けのニュースなので、ご存知の方は多いと思われます。
まだまだだいぶ先のことですが、見られるのだ!と思うと嬉しいですね。
隣りの市のシネコンに来たら、パディントンを映画館復帰作にしようかしら(笑)。
でも、なんでこんなに遅いのでしょう。
姉曰く、「キャストミス」だそうです。
パディントンはマーティン、カリーさんはカンバーバッチの「シャーロック」コンビにすれば、みんな先を競って公開したがるはず、とか。
確かに、一見、パディントンをいじめてる感じのカリーさんですが、実はパディントンのことが好きでたまらないのだなあと思えるので、見た目だけでなくてぴったりだと思います。
 
もうですね、パディントンのエピソードはいろいろな場面で思い出しちゃうのですよ。
オークションと聞けば、後ろ向いて手を振ると怖い顔したおじさんが手を振ってくることを。
手品と聞けば、プレゼントされた手品の本を見ながら披露し、読みながらだから「最初に同じ腕時計を仕込んでおくことを忘れないように」なんて注意書きを最後に読んだり。
楽しいことがたくさんですが、ブラウンさんが自室への期待を持たせたばかりに、期待が膨らみ過ぎたパディントンが部屋を改装するエピソードは、ハチャメチャ感を楽しむのと同時に(目を細めて見れば大丈夫な気がしました、とか)、子どもの心を弄ぶかのようなブラウンさんが憎らしくなります。
そうです、今回の映画で、駅でパディントンを見つけたものの「見るんじゃありません!」って感じで子どもたちを連れて素通りしようとした、あの眼差しと果てしなくイコールです、私の中では!
Hugh Bonneville さんのあの表情、すっごくいいです(笑)。

映画公開までにはまた何回かパディントンを読み返すことでしょう。
そして、できれば英語版ももう少し読めるようになっていたいです。
とにかく、楽しみです。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]