忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

「そして誰もいなくなった」アガサ・クリスティー



最近NHKで放送された英国ドラマを見て、俄然読みたくなりました。
あまりにも有名とはいえ、私のように最近まで知らなかった人もいらっしゃることと思いますので間あけます。









驚きました。
そりゃ、3時間弱の映像と本では描ききれないところがあって当然です。
でもですね、元判事の「正義」にはヒントが隠されていたとか、行われた「正義」の順番にも意味があったとか、ラストの独白にやられた感がとても強かったです。
そして、ドラマ視聴後に書いた「最初に殺された若造が気持ちよいくらい~」というのが、その「正義」の一端だったというのも驚きでした。
言葉が少なくても、あんなに序盤でも、こんな万年初心者の私にでも伝わってくるのだな、ということに対してです。
結末や犯人がわかっていても、いや、わかっているからこそ漂う恐怖が心地よいくらいでしたよ。
最後に犯人が動機等の一切合財を喋ってお終いというと、残念なものが多い印象でしたが、これはそんなことなかったです。
問題なのは最後の形ではなく、そこへたどり着くまでの過程なのですね。
「ドラマや映画を見たから読まなくてもいいや」などとしてはいけないものだと思います。
映像化された他のものも見たくなりました。
そして、クリスティーの本もまた一冊買ってしまいました(笑)。

この前の英国ドラマ、4月にDVD出るのですね。

アガサ・クリスティー そして誰もいなくなった [DVD]







拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]