忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

CSI:5−21「禁断の味」

ライアンがシリルを移すのに反対だったのもわかるな
看護士(かな?)の男は薬を間引いて横流し。患者が薬漬けにされているから救ってあげるためっだってさ。それ以外にも職員のいき過ぎた行為が原因と思われる患者の死亡が続き今度死体が出たら捜査が入るとか。
結果、息子に会いたい一心の母親看護士って最低。
精神を病んでいるからの精神病院。でもどこかに犯罪者だからってのがあるよね。犯罪者なんだけれど。
責任能力がないと判断されれば罪にも問われず、必要な治療も施さないで野放しにする国に住んでる人が言うことじゃないか。

事情聴取は困難極まる。みなさん嘘をついている気なんてないから。彼らの中では全て本当のこと。ただ現実世界では真実ではない。なんて難しい捜査だ。
レコードの原理を使ったロクロが解決に導いたんだけれど、あれは驚き。久々のソフィアの活躍でした。
ホッジス、微妙に出番が増えているような…ちょっと嬉しいかも(笑)

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2006/09/15(Fri)22:10
  • Edit
なるほど、シリルの病院送りはこの世界だったんですね。
ライアンと離されたらシリルはどんどん不安定になっちゃうし、でこんな仕打ちを受けたりしたら最悪です。
OZの世界はもちろん安心できないけど、まだまだ健康的でしたね。
(そういえばOZではいよいよゴージャスな死刑囚監房が楽しめます♪)

ホッジスは「Medium」に再登場。見た目も雰囲気もホッジスそのままでした。

TBさせていただきます。

無題

  • by nyan-routine
  • 2006/09/15(Fri)23:09
  • Edit
ホッジス、いいですねぇ〜、私も注目中。ものがたりは、脇役の如何によって、作品の出来や印象ががらりと変わるものだと思うので、ホッジスやソフィアが「チラチラ」とスパイスで出演していただいたら、もっと美味しいドラマになるかも。サラのこってり系の味が、少し緩和されるかも…。

無題

  • by yasishi
  • 2006/09/16(Sat)10:46
  • Edit
◇Garotoさんへ
精神病院がどこでもこんなふうだとは限りませんが、ねえ…
確かに同じ法で裁いてはいけない、と思う人達もOZにはいましたがこんな様子を見てしまうとライアンもある意味正しいかな?と。
そうそう、OZは何故か華やかな死刑囚監房がフィーチャーされるシーズンですよね。楽しみです♪
Medium、最初にホッジスが登場した時は見てたのですが早々にリタイヤいたしました(苦笑)
また登場してましたか。お友達の設定のようなのでチラチラ登場するのでしょうか。あそこまで嫌味ではないですよね、きっと。


◇nyan-routineさんへ
ホッジスに注目しだしたのはシフトのせいのような気がします。
そうなると今度はホッジスの超過勤務が心配になるわけで…
あの嫌味なんだけれどその域を超えたお言葉がとても魅力的です。
今の登場の仕方がとてもいい具合でうれしいです。

TRACKBACK

Trackback URL:

CSI「禁断の味」

  • URL
  • 2006/09/15(Fri)
またシフトを悩まずに済みました。 今回は遅番はお休み。深夜番だけのお仕事です。 しかしホッジスやアルおじさんはお仕事してましたね。 内勤のシフトはどうなってるんでしょう。 やっぱり悩みは尽きません。 ??

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]