忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

いぬのえいが

いぬのえいが プレミアム・エディション

1日に「チャンネルNECO」で録画したもの。
この日NECOではタイトルに「犬」のつく映画を何本も放送していた。戌年にちなんで。

可愛い犬がたくさん出ると聞いていたので楽しみにしていた。
いましたよ、可愛い犬が! 犬好きにはその姿を見るだけでもたまらない。
山田君とポチのストーリーが中核にあって、それをいくつかの短編が囲んでいるような構成。
オープニングのミュージカル風の話は単純でおかしくてよかった。
その後のドッグフードのCM製作に無理難題を課されるのも。タレント、ドッグフード会社の双方は満足できたけれど、出来上がったものはとんでもないもの。あんなCMホントにあったら感心するな。

おかしいだけで押して欲しかった。
山田君とポチの話ではポチが死んでしまうし、小さい頃から一緒に育ったマリモと女子高生(宮崎あおいちゃんは可愛かった)の話も、老衰(たぶん)で死んでしまうし。
犬を飼っている人は、今ここにいる犬にも必ず訪れるであろう現実が重なって胸が苦しくなったに違いないと思う。私も涙がこぼれてしまった。
ストーリーに感動してではなく、うちの犬にもやってくることを想像してつらくなってしまった。
映画を見ている同じ部屋の布団ですやすや眠っている姿を見ると
「おまえは死んだらいけないよ」と非現実的なことを願ってしまう。そんなこと無理なのは百も承知だけれど。
見た後、犬好きは絶対に湿っぽくなってる。感動とは違う涙を流したと思う。

エンドクレジットの最後に、「不適切な表現がありましたがそのまま放送しました」という意味合いの説明があったけれど、何が不適切だったのかわからない。私が鈍感なのだろうか。
強いてあげるとするなら、手術直前の女の子に犬を会わせてあげるために、ランドリーケースに犬をもぐりこませて病院の中に入れたことかな。
他には思い浮かばない。
正解は何だろう。ああいった断りを入れられると気になって仕方がない。

追記
いい映画と泣く映画は違う

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]