忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

LOST−36「境界線」

特殊な状況で始まった恋愛は長続きしないってヤツだな。
歩くことは不可能と思われていたが何の悪戯か、ジャックの手術で奇跡的に元通りの身体に。
医者と患者だったがこれをきっかけに結婚することになった、ジャック夫妻。
最初はよかったんでしょうけれど、奇跡の手術に縋る患者で仕事増、
ジャックは家庭を省みていなかった様子。
その間に気持ちが離れ…それだけじゃなく奥さんには付き合っている相手がいた!
「ずっと付き合ってる人がいる」って結婚何年だ?
ジャックが短髪になっていたのも目安にはならないな。

もう手術で奇跡は起こせず意気消沈し「これからは家庭を大事にするよ」の言葉の後で切り出された裏切りの告白。
あらら、つくづくタイミングの悪い男だ。
約束を守らないと!のプレッシャーはここからきてるのだろうか。

この時もまだジャックのお父さんはしっかりしてる。
何がきっかけで酒びたりになったのかは今度のFBか(ジャック版、まだやるの?)

予告で走るソーヤー、日数が経っていて欲しいと思いましたがそんなことなし。回復途中の身。
武器を持ちウォルトを探しに行ったマイケル追跡隊に志願したのね。
大切な友達だから。
ロックによると、マイケルの辿っているルートは目的地があるらしい。
あの通信で居所をほのめかされたんだね。
一人で来いって言われたのかな。

追跡中にソーヤーを撃ったヤツに出くわす。
ヤツの言い分は
お前達は元々いる私達の領域を荒らしている、
この線から入ってきちゃダメ

というもの。それはごめんなさいと言うしかない。
でも彼らがこっそりスパイを送り込んだのは墜落後間もなくだし、
誘拐までしている。
先住民の権限以上に思えるけど。
境界線問題以上のことが隠されてるね。

だいたいこの人達とナマステフィルムのつながりってあるのだろうか。
別物ならこの島には墜落組、ナマステ、境界線、と最低3つのグループが存在するわけだ。
これもあてにはならないですが。

おいてけぼりにされたケイトがこっそり後を追っていたらヤツらの人質に。
武器を置いて帰ることを余儀なくされる。
謝るケイトに冷たいジャック。
ソーヤーのうわ言「愛してる」をケイトに向けてだと思っているから
元妻のことと重ねて見ちゃうのだろうか。
うわ言のこと責めてる風だったし。うわ言なのに。

ハーリーはリビーに好感を持った様子。大変な思いをしてきたんだなあ、って。
元からいる仲間には好みの女性はいなかったんだ。
妊婦さんに人妻、シャノンにケイト…そうだね。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Jasmine
  • URL
  • 2006/09/30(Sat)15:36
  • Edit
こんにちは〜
今回のジャックのFBには意味がなさそうな
感じがしたのですが、今後に関係あるのかな?
それにしても話が前に進まないですね。
TBさせて頂きました。

無題

  • by KEI
  • URL
  • 2006/09/30(Sat)18:31
  • Edit
yasishiさん、こんばんは。

>特殊な状況で始まった恋愛は長続きしないってヤツだな。

島で始まった恋愛も同じかな。

ジャックのお父さんが酒びたりになったのは、医療ミスをジャックに告発されたのがきっかけかな?と思っていたのだけど、違うかな?
何にしても、今回のお父さんはベテランとしての貫禄がありました。

>ケイトに冷たいジャック

この2人には興味がなくなっているので、気にしてなかったけれど、キスのことでこだわってたのかな?

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2006/09/30(Sat)18:57
  • Edit
話の進まなさにはイライラしどうし。
マイケル追跡チームの不思議なメンバー構成にまず?でした。
ジャックのFBはもう観たくないです。
そのたびに島でも医者に専念しろ!ってツッコミたくなるから(爆!)
TBさせていただきます。

無題

  • by モリー
  • URL
  • 2006/09/30(Sat)19:04
  • Edit
ジャックとケイトのFBが多いですよね。
今後アナのFBも多そうで、リビーやバーナード夫妻のFBはどうなっているんでしょう?
軍隊を作るために近づいているのか?ジャック今度は、アナ狙いに見えてしまって。

無題

  • by suubi
  • URL
  • 2006/09/30(Sat)22:00
  • Edit
こんばんは♪
私も、マイケルは一人で来いって言われたのかなぁ
って思いました。一応?仲間に対してあそこまで
やって暴走しちゃいましたし…。
ヤツらの境界線宣言、やりたい放題ですね(笑)
せっかくちゃんと会えたのに、収穫ゼロです。
いや、マイナス?
TBさせていただきます!

無題

  • by yasishi
  • 2006/10/01(Sun)10:46
  • Edit
◇Jasmineさんへ
ジャックのFBは「彼の思うリーダーシップ」の説明になるくらいでしょうか。
他の方のブログで読みましたが、奥さんの交際相手が島にいる誰かであるという可能性も捨てきれないですね。
もう少し話のペースを上げないとウォルトが登場しずらくなりはしないでしょうか(笑)


◇KEIさんへ
ああいった状況で生まれる感情は真実又は虚構の両極端かな、と思います。
ジャックのお父さんの医療ミスは、酒臭い息で手術をしていたのが原因だったような…?
そんな状態を仕事に持ち込むのに何があったのかな、と思ったもので。



◇Garotoさんへ
マイケル追跡隊、とりあえずあの場ならソーヤーではなくケイトでしょうね。
考えて再編するならジン、サイードあたりが候補だし。
なによりエコーさんを入れなくちゃ。
ジャックが余計なことに首を突っ込まないように
誰かあそこに診療所でも作っちゃえばいいのに。
そうすればなんとなく逆牢屋のような感じでよろしいのではないでしょうか(笑)


◇モリーさんへ
なんでもかんでも自分でやりたがる人は苦手です。
ジャックは医者でいいじゃない。
他に適任者だっているだろうに。
↑に書いたように誰かジャックを閉じ込めてくれないかなあ。
意見が知りたい時には聞きに行くからさあ、ってね。


◇suubiさんへ
境界線宣言は???ですね。
先住者がいることを説明しなければわからないのに。
おまけにスパイを送り込む意味は?
あの団体とナマステダーマはつながっているのか、いないのか、疑問はつきません。

無題

  • by KEI
  • 2006/10/01(Sun)15:08
  • Edit
再び、お邪魔します。

>ジャックのお父さんの医療ミスは、酒臭い息で手術をしていたのが原因だったような…?
そんな状態を仕事に持ち込むのに何があったのかな、と思ったもので。

そうでした...
すっかり忘れていました。
ありがとうございます。
お酒に溺れた訳を知るためには、またジャックのFBを見なくちゃいけないんですね(笑)

無題

  • by yasishi
  • 2006/10/01(Sun)15:43
  • Edit
◇KEIさんへ
不確かな情報ですが、そんな感じであってるでしょうか?
そうなるとまたあのジャックのFB登場となるわけですね(苦笑)
もっとキーになるようなことが明かされるのならいいんですけど
鬱陶しい正義感にとらわれている背景が紹介されるだけなので面倒臭さ倍増です。
デズモンドも逃げちゃったし…

無題

  • by びち
  • URL
  • 2006/10/02(Mon)14:23
  • Edit
「やつら」の仲間がイーサンだったんでしょうか?!まだ何かあると踏んでいるびちです。
ジャックの過去話はもういいかなぁと思っているんですが、まだ続くんでしょうね。
結婚の事を聞かれただけでも泣いちゃうジャックの過去があんなもんだったとは!もっと悲しい過去があったのかと思っていたのに。
自分で巻いた種を刈る人生なんですね・・涙
TBこちらからもさせていただきます♪

無題

  • by Chocolate
  • URL
  • 2006/10/03(Tue)21:46
  • Edit
こんばんわっ。

ジャックって本当に間の悪い男っていうかなんというか。
私はこの手の人は苦手です。
良くも悪くもアメリカ人って感じで。(笑)

ハーリー、そうだね。
ケイトにシャノンにクレアじゃ選択肢がなかったのかもね〜
でもリビーとハーリーだったら癒しのカップルって感じで、
なんか応援したくなるー。

無題

  • by yasishi
  • 2006/10/04(Wed)08:46
  • Edit
◇びちさんへ
イーサンとグッドウィンはヤツラの仲間だと思うのですけれど。
まだまだ何かあるのは確実ですね。でないとお話終わっちゃうし(苦笑)
結婚のことを聞かれただけで涙ぐむ男。さぞかし辛い別れが想像されましたが…そんなもんかい!
まあ、離婚は辛いことでしょうけれどもね。
自分で巻いた種を駆る人生!
ステキといえばステキな人生ですが
彼のまく種に問題大有りです。


◇Chocolateさんへ
間の悪いヒーロー、ジャック。
それをヒーローと呼ぶのかは疑問ですね。
責任を一人で背負い込んでどれも全うできない男はなんだかねえ。
いい加減医者に専念してほしいです。
ハーリー、リビーに声をかけたい動機がよろしくないですが
チャーリーの前でポーズをつけただけだと思いたいです。

無題

  • by rosedale
  • URL
  • 2006/10/05(Thu)09:36
  • Edit
いやーもうウザかったですな、このエピのジャック。

頼みもしないのに勝手に責任を感じて簡単に約束する人って、ほんとに無責任(^^;)。しかもジャック、いつも約束果たせてないしすぐ泣くし・・・。医者としての本来の才能は大してなかったようだけど、島では唯一の医者なわけだから、もうちょっと慎重に行動してほしいですね。

TBさせていただきます。

無題

  • by yasishi
  • 2006/10/05(Thu)11:51
  • Edit
◇rosedaleさんへ
なんの根拠もなしに約束する男ですよね、ジャックは。
ダメなら泣けばいいと思ってる、子供みたいなヤツです。
医者として幽閉しちゃえばいいと思ってましたが
腕に不安がありますね。
でも緊急事態なので細かいこと言いっこなしで!

TRACKBACK

Trackback URL:

LOST 2 #36

  • URL
  • 2006/09/30(Sat)
今回のフラッシュバックはジャック。 離婚していることはわかってるので別に無くてもいいので 他の人の話にして欲しかった。 マイケルはジャックとロックを武器庫に閉じ込めて、 1人でウォルト探しに行ってしまった。 ソーヤーとケイトが包帯交換にハッチにやって来たので ..

LOST  36話 境界線

  • URL
  • 2006/09/30(Sat)
ジャックのフラッシュバック。脊髄腫瘍の絶望的な患者を救おうとするジャック。さすがジャックのお父様は、お見通しだった、患者のこともジャックのことも。ジャックは情に流されてしまうタイプのようだ。患者の娘ガブリエラとも、一線を越えてしまいそう。

LOST「境界線」

  • URL
  • 2006/09/30(Sat)
話についていけない・・・何とかしてくれ!! 親バカマイケルは、ロックたちの制止を振り切って ウォルト探しに出て行ってしまった。 息子の安否が気が気でない父の当然の行動だと思われるが・・ そのマイケルを探そうと

LOST シーズン2 第36話

  • URL
  • 2006/09/30(Sat)
『LOST』 シーズン2 第36話 “境界線” 今回のフラッシュバック、あぁ…、ジャックかぁ… と、思いながらも観るしかないワケで(笑) あれは結婚して何年目くらいの話なのかな。とにかく離婚した理由が判明。 亡くなっ??

LOST S2 #36「境界線」

  • URL
  • 2006/10/02(Mon)
話が動きました! マイケルは、ウォルトを捜して銃を持ってジャングルに消える。マイケルを追って、ジャック、ロック、ソーヤの3人はジャングルに入っていくが、そこで、ウォルトを誘拐した男に出会う。そしてその男は??

LOST 境界線

  • URL
  • 2006/10/03(Tue)
あの・・・・・・・・・・・・ またジャックのFBなんですけど・・・・・・・・ 先週濃厚なエコーのFBを見ただけに ちょっとテンション低くなっちゃいましたー。(笑) ジャック、嫁のサラの脊髄を治したことで一躍有名人になったのね。 で、わざわざフランスからかどうかわ..

LOST S2-#11 The Hunting Party

  • URL
  • 2006/10/05(Thu)
またジャックのFB、うんざりw。ジャックは、自分の手術後に奇跡的に助かってしまった女と結婚したものの、奇跡のドクターとして世界的に名が知れてしまったせいで忙しくなり、結婚生活は冷めていた。イタリアの重病人とその娘がわざわざジャックに会いに来るが、手術は失敗。患者に入れ込んではならんという父の忠告を聞かず、ジャックはイタリア娘とキス。急に我に返って帰宅すると、なぜかそのキスを嫁に告白。ぺるけー?浮気を告白して自分だけスッキリってズルイよな。心を入れ替えるからやり直そうとジャックが言うと、嫁は既に荷造りを済ませていて出て行く宣言w。 手術後「治せなかった、ゴメン」とベッド脇で泣いて謝罪...

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]