忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

OZ−52「錯綜」

出来事
ケラー、死刑を免れる
ホイットの身元にムカダ驚く
ロブソン、ペットから脱却
新しい仕事スタート
ライアンママの古い友人エムシティへ
シリルの治療は続く


本当にいなくなってみると意外と寂しいな。
前半、あんなに笑いものにしていたくせに。
それでもサイードの精神は生きているのであった。
エムシティにとってもサイードの死は衝撃なのか、かつてなかった寛ぎスペースでマクマナスからの報告。
嘆くもの、喜ぶもの様々…
一番辛いのはアリフ。リーダーを失って哀しんでいる暇もなく、製本会社の仕事のリーダーを任される。
仲間は団結・協力してくれるけれど、器がね。
痛い経験から自分でもわかってる。でも他にいないものね。

ケラーさんの死刑判決が覆りなによりだが、今までの弁護士は何してたんだろ。
ビーチャーが出所してちょいちょいで即一般監房へ。愛の力か。
で、一般監房へ復帰したケラーさんが何をするかというと、
恩人で恋人の父親殺し犯人に制裁を加えること。
ウィンスロップ、恐れながらもほいほい誘いに乗っちゃってやはりおバカさんだ。
死刑判決が取り消されてすぐすることが人殺しという、なんともトホホな精神構造。
これもビーチャーを想うが故。
この想いが強すぎてまた酷い。
シスターとの面談でその兆候ありだったのね。

ホイットの精神状態は益々心配されるものに。
担当弁護士(たぶん)に話を詳しく聞くと、
幼い頃から精神の病気の治療を受けていた、
動物を虐待、自分より幼い子に性的虐待、
そしてハーバード中退。
すさんだ幼少時を想像していたムカダはホイットが金持ちのお坊ちゃまであることに驚く。
これは私もかなり驚いたのを覚えている。
お坊ちゃまであるのも驚くが、ハーバードに入れるくらいの頭脳の持ち主。
親の力もアリか?
過去の病歴からこれもあっさりと死刑判決は取り消され、犯罪者用の精神病院への移送が決まる。
これもね、ケラーさんの件と同じようにホントあっさり。
今までの弁護士は…
ケラーさんのと違って高い弁護料貰ってただろうに。

ホイットがよくて何でシリルはダメなの?と怒るライアン。
でもここで死刑判決が取り消されるということはホイットと同じ病院行き。
そこに行かせたくないからってがんばってたんでしょ。

この前シスターの教えを無理矢理解釈していた時はロブソンなりに真実の気持ちだっただろうが
今回のはカットラーを始末するための嘘面談。
マクベスに関わりだしたからって、あいつにそんな繊細な神経があるわけない。暴力とセックスのことしか頭にないようなヤツだ。
それが自殺に見せかける申し分ない状況を提供してしまう。
これで自らの位置を取り戻したわけだ、ロブソンは。

ケラーさんのシスターとの面談が伏線になって
予告ではあの方が囚人とし戻ってくるシーンが!

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]