忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

ミスティック・リバー

ミスティック・リバーミスティック・リバー
ショーン・ペン クリント・イーストウッド ティム・ロビンス

ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-11-18
売り上げランキング : 15074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブレンダは刑事として頑張っているので旦那はどうしてるかな?と。
こちらも州警察の刑事で頑張ってました。

ジミー、ショーン、デイヴは幼なじみ。
ある日偽警官にデイヴがさらわれる。
4日後自力で脱出してきたが何があったかは明らか。
そして25年後、ジミーの娘ケイティが死体となって発見される。
捜査を担当するのはショーン。
こともあろうに容疑者にはデイヴの名前が。
被害者の父、刑事、容疑者として顔を合わせることになった三人…。

小説を読んだのはだいぶ前なので細部は忘れている。
デイヴが軽度の精神遅滞だったような気がしていたのは何かと勘違いしてるのかな?
娘のために悪事から足を洗ったジミー。
その娘が殺されたとなっては穏やかでいられない。
デイヴに疑惑が持ち上がるととことん問い詰める。
もうデイヴが殺していようといなかろうと聞く耳はなかった。
事件当夜、デイヴが血まみれだった理由を正直に話せていたなら、奥さんがデイヴの心の闇を汲んで上げられていたなら…ことごとく「もしあの時…」がつきまとう。
「もし25年前さらわれていたのがデイヴじゃなかったら」これが最大。
酒場で華やぐケイティを見て「さらわれたことで自分には青春の輝きがなかった」と思い知らされる。
誰もデイヴの奥底に流れるものをくめなかったんだな。
無視していたとか腫れものって意味じゃなくて。
小説も読み返したくなった。

ところで最初の方に、ジミーの店の店員役でマイアミのウルフが。
後は全然見かけなかったけど。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]