忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

名探偵モンク5 #1「迷コンビ誕生」

モンクさんのストーカー的ファン、マーシーの愛犬が隣家の奥様を噛み殺したと疑いをかけられる。接近禁止命令もなんのその、一緒にいられるチャンス!とチャリティイベントでモンクさんを落札して捜査を依頼。

昨シーズンでも思ったけれど、サンフランシスコ警察は大丈夫なのだろうか。私だってわかったぞ(笑)。
庭の穴を見れば不審に思わないのがどうかしてる。
犯人も用意周到だったわりには犬がいなくなってることにも、歯型が上下逆なのにも気付いてないのでお互い様だ。
用意周到だったわけではなく、歯形の完成に2週間必要だっただけか。
何度もいうけれどそういうドラマじゃないからかまわないのですが。

モンクさんの酷さ健在(笑)。「無給でアシスタントする」のマーシーの言葉を本気で検討。
私のありがたみを思い知りなさいとばかりのナタリーが気持ちいい。彼女は操縦の仕方を心得てますね。
警部は不動産屋の女性とまだ交際してたんだ。何度もデートをすっぽかされてもチャリティ・オークションで落札してくれる(2000ドル!)くらいならまだ大丈夫か。きっと仕事熱心な警部が好きなんだ。
そしてディッシャー大活躍ですよ!
お母さんは子どもの職場見学としてディッシャーを落札。このオークション、ドラマでよく登場するけれど正しいあり方を初めて見た気がする(笑)。
お子様はもう刑事という仕事に興味はなかったけれど、積み木パズルに二人で大乗り気。子どもが帰ってもディッシャー夢中。
警部に「まだやっとるか!」と一喝されてもこれが犯人を捕らえるのに大貢献したのだから結果オーライだ。
モンクさんで銃撃戦?というのはちょっといただけないが、解決したのはディッシャーの木片パンチなのでよかった、よかった。
マーシーはナタリーがアシスタントになる以前からモンクさんファンだったようだけれど、冷めるの早いな(笑)。
出血という現実が彼女を正気に戻したのかと思ったら、次のターゲットを見つけたようなので次の被害者ができたにすぎませんでした。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Anne
  • URL
  • 2008/04/04(Fri)12:23
  • Edit
カクテキさん、こんにちは。
これからは火曜の夜にモンクさんですね(笑)。
今回、ディッシャーが大活躍でした。子供の積み木に夢中で、
しかも負けてるあたり、どうしようと思いましたが、
その経験を犯人を追い詰めるのにつかうなんてえらい!
ばっちり、警部からもお褒めの言葉をもらえたでしょうか。
モンクさんもこれで、ナタリーの偉大さがわかったところで、
来週からさらにがんばってくれますかね。
期待です。TBさせていただきます。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/04/05 10:37
>警部からもお褒めの言葉をもらえたでしょうか
ここ!気になりましたよ。
犯人捕まえて警部はディッシャーに声もかけずに行っちゃいましたよ。
子どもはその時に褒めたり叱ったりしないといけないのに…。
でもディッシャーも気にしてないからいいや(笑)。
またこのチームが見られるのでとても楽しみですよね。

TRACKBACK

Trackback URL:

名探偵モンク5 第1話 迷コンビ誕生

  • URL
  • 2008/04/04(Fri)
Monk 5 #1 Mr. Monk and His Biggest Fan originally updated on Apr.3, 2008 モンクのストーカーで大ファンのマーシー(サラ・シルバーマン)の飼い犬オットーが、 隣人の妻デビーをかみ殺したという殺人容疑をかけられるが、すでにオットーは死んでいた。 ところが警察が調査をすると、オットーの遺体の歯形とデビーの噛み傷が完全一致する。 納得のいかないマーシーは、モンクの家に押しかけていって調査を依頼するのだが、 すげなく断られる。仕方なく警察のチ...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]