忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「ダメージ」の記事一覧

ダメージ #3「狙われたパティ」

いろいろあって久しぶりの更新であります。
なんとか週刊モノを見るのは追いつきましたが感想はこれに尽きるかな。

パティ側は審理を棄却されないための証拠を書面にする作業に追われる。そんな中、パティ宛に手榴弾の小包が送られてくる。パティにはシークレットサービスが張り付き、チームもパティの自宅で仕事を続ける。この状況でもエレンは婚約パーティーを開くし、パティの息子は学校のコンピュータに不正アクセスして親が呼び出されるし、と超多忙。

「優先順位がわかってない」なんて恐ろしい言葉なんだ。
婚約パーティーがあるからと仕事を前倒しにやりこなすエレンをパティは気に入らない。
仕上げた仕事はトムによれば満足のいくものなのに。
そこでもう一つ、パーティー当日「判事に顔を覚えてもらうため」直接書類を渡すよう命じられる。
直接渡すには何時間も待たされることは承知のパティ。
これはエレンの中の優先順位を試すため。見事期待に応えてしまったようだ。
そして息子のパソコンを調べさせ、手榴弾の送り主を見つけたパティは息子を更生施設送りにする。
知能犯の不良というのは難しい。でも拉致される時の「ママ!」は普通の子でしかなかった。更生の予知アリってことなのかもしれない。
パティとエレンの優先順位、やはりこれは恐いドラマだ。手榴弾を送りつけた犯人じゃないだろうな?とフロビシャーを疑うフィスク(ゼルさん)とフロビシャーの会話が他愛無く思えるほどだ。
半年後の血まみれ事件、刑事はデービッド(元婚約者になるらしい)のことしか言わないけれど、バスタブにもう一つ死体があるように見えるんだけど気のせいだろうか?

話の筋とは全く関係ないけど、パティ担当のシークレットサービスの男はどうも信用ならん。だってテロリストですよ(笑)。「24」のS4を見終えたばかりなんだもの。

拍手

PR

ダメージ #1「謎の始まり」

朝、血まみれの半裸女性が警察に保護される。彼女は一切を話さないので所有していた名刺の人物から素性を聞き出す。彼女はエレン・パーソンズ。半年前にロー・スクールを卒業し好待遇の大手弁護士事務所を蹴りパティ・ヒューズの事務所にいくことにする。名刺の人物は「パティの事務所へ行くと人生を壊される」と警告したことを名刺に託していたのだった。この半年の間にエレンに何があったのか…?

恐い!犬がたくさん出てくるのを喜んでる場合じゃない!
訴えられた大企業が原告側の重要証人に圧力をかけ、それと闘うのが主人公側正義の弁護団なのかと思ったら、そんな生易しいものでない。
エレンの素性は全てお見通し。将来の身内(恋人のお姉さんケイティ)にフロビシャー裁判のキー人物がいることまで。警告してくれた弁護士の眼力もあるだろうからエレンに素質がないとはいわないけれど、目的は全く別。
お姉さんの結婚式に面接日を設定したのも作戦、片腕トムを目の前で解雇してみせるのも傲慢弁護士にありがち~と思っていたらそれまでもが作戦。
一番驚いたのはケイティに証言を決心させるきっかけ。最後にパティがトムと会うまで犬のサフランが殺されたのはフロビシャー側の脅しだとばかり思っていた。ケイティはきっと脅しに屈しない闘う性格だったのだろう。そこをついた作戦だなんて。パティだって犬を飼っているもの、そんな指示を出すのは信じたくないけどあれはそうとしか思えない。手段を選ばないパティがそこまでこだわるのには正義とプライド、どっちのため?「ザ・シールド」のヴィックを学んじゃったの?
フロビシャー側の弁護士(Zeljko Ivanek)が犬事件に手を染めなかったことにはホッとしたけど(笑)。
半年後の血まみれエレンの部屋には恋人の死体と女性の手らしきもの見えた。あれは誰?そして誰が?に向けて話は進むのでしょうか。
見続けるけど恐すぎて感想は書けないかもしれない。しかしNHK、よく買いましたね。

吹替えのことに触れないわけにはいかない(笑)。
エレン、ニーラですよ。なんかそういう人に見えてくるから不思議。
そして「ホミサイド」ファンに朗報(?)なのがダンバースの口からマンチの声ですよ。混乱ですよ。

拍手

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]