忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   
カテゴリー「マクベス巡査」の記事一覧

マクベス巡査 #1「ロックドゥの塩泥棒」&#2「トラブルメーカー」

#1「ロックドゥの塩泥棒」
雑貨屋に泥棒が入るが盗まれたのは25キロの塩だけ。ロブスター養殖業のジョーディーが行方不明になった事件と平行してヘーミッシュは捜査をすすめる。

#2「トラブルメーカー」 
ロックドゥの村にヘーミッシュも愛読する小説の作家がいた!しかし作家の妻ビッキーは村祭りを仕切りたがり住民と心が衝突、ビッキーの元にカラスの死体を伴った脅迫状が送られてくるのだった。

ビルボロー警部を殺した憎むべき男なのだが、ヘーミッシュ・マクベス(+ジョック)に夢中になってしまった(笑)。
都会で恋人と暮らしていたが彼女が突然去り、ロックドゥという田舎の村へ引っ込む。実家はないようなのでたまたま赴任先が元恋人の実家がある村ということなのだろうか?
その元恋人が作家となって編集者と休暇で帰郷、心乱されたヘーミッシュは編集者の車を蹴り整備不良車にして切符を切り続け、ドクターと共にハッパで一服し彼女との一夜を妄想してみたりと結構不良。
でもみんなが望む解決へと誘導していく、よき村のおまわりさん。
「殺人事件を解決したら昇進してしまう!」と町から来た女巡査部長に手柄を渡してしまうんだよね(お礼つき・笑)。都会に戻りたくない理由もこの先語られるのだろうか。

悪意のない悪人(=質悪い)マクレー親子は毎回事件に絡むのだろうか。
必ず事件のヒントを口にしてくれる(=自白)息子もいい感じ。
父ちゃんは手書きの「&SON」縫い付けてるし、息子のは全部手書きという、背中に会社名入った作業着もツボ。
DV夫だったジョーディーのキツイ事件も、ワケ有ロブスターで下剤が売れる等のブラックなユーモアで相殺だ(笑)。
そして犬好き心をしっかりキャッチのジョックの存在。
私のような下衆が気にして止まない視線の行く先(トレーナーへの)を見つけさせない実に自然な振る舞い、本当にあの村で生活しているかのようだ。
ああやって自由に動き回っているからこそのむっちり筋肉、目を隠してしまう前髪からも目が離せない。
まだまだ村の人々の顔を覚えるのが間に合わないがとっても楽しみ♪

拍手

PR

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]