忍者ブログ

ささくれた日々

海外ドラマ、映画、本等の偏愛感想。ネタバレの配慮はあまりされていませんのでご注意を。

   

SIX FEET UNDER #60「境界」

マギーの家で倒れたネイトは救急車で病院へ運ばれる。
デイヴィッドはキースとアンソニーとテレビを見て寛いでいるところに知らせを受け、ブレンダとクレアにその旨を告げるがルースにだけは連絡がつかない。
とりあえずの検査で脳出血が見つかるが手術をしてみないとわからないという医師の言葉に手術を承諾する。
長い待ち時間でブレンダはネイトとマギーに何があったかを察する。
術後の医師の説明は、脳出血は病気の再発で手術自体は成功したものの、後遺症は回復を含めて目覚めないとわからない、と。
予想に反して早々に目覚めたネイトの状態は右半身に麻痺が残るものの安定していて退院も視野に入れられる。
みんながお見舞いに来るがハイキングに出かけたルースとは依然として連絡がつかない。
ネイトは病院へ運ばれてから夢を見る。
最初はマギーと関係をもった後、倒れなかった自分。
待っていた人はマギーだった、との幸せな意思の疎通のはかれた夢。
次はブレンダに、別れてマギーと一緒にいたいと告白する夢。
目覚めたネイトはブレンダにこの通りのことを告白する。
ブレンダやり直すきっかけにしたいと言っているのを聞きながらも、喧嘩はしたくない、二人は合わなかったのだ、と考えを変える気はない。
状態が落ち着き、クレアがシャワーを浴びに家に帰り、付き添うデイヴィッドはテレビを眺めながらうたた寝をし、夢を見る。
ナサニエルの運転する車でマリファナ放題でくだけた服装のデイヴィッドとネイトが海へ行くというもの。
海を見て興奮したネイトはスーツ姿に戻ったデイヴィッドの制止も聞かずに海へと向かっていった。
ナサニエルに肩を掴まれ目を覚ましたデイヴィッドは心音の停止したネイトを見つける。
ルースは何一つとして状況を知らないままだった。

最初の手術の時、来たバスにネイトは乗らなかった。
今回は海に一人で走って行った瞬間、ああこれがその時なのだな、と思った。
海へ行く夢はデイヴィッドのものだったが、ネイトも一緒に見ていたのではと思ってしまう。
回復するのだと思ったからブレンダへの勝手な宣言にも、きっとマギーともいつかはこうなるのだろうとその身勝手さにも腹が立った。
こんな勝手な物言いをしたままで逝くのはずるい。
視聴直後は予想外のことに呆気にとられて感情がわいてこないという感じだったが、数日経ち、想いを残さないようにという心遣いだったのかなと思えないでもない。
でもやっぱり生と死の境で自分だけ何かを見つけたのだな、との想いが大きい。
ネイトがいなくなってブレンダとマヤちゃんとお腹の子ウィラはどうなるのだろう。
途中で誰かがいなくなってしまうなんて、ましてやそれがネイトだなんて思いもしなかったのでものすごく落ち着かない。

端々に見えていたアンソニーの怯えは、クスリで入退院を繰り返すお母さんの惨状の記憶が原因のようだ。
そうとわかったデイヴィッドとキースに見守られて落ち着くと信じる。
お腹の子について話すブレンダとデイヴィッドはお母さん同士の会話のようで今回の緊張しっぱなしの話の中にありながら、ディアス家の再出発を想像させるシーンと共に印象的。
こんなことになるとは思わなかったから、一人下山中のルースが過去の男たち(ナサニエルを含む・笑)を銃でぶっ放すのは清々しかったがこうなってからだとルースの能天気さが恨めしかったりする(苦笑)。

今日のマヤちゃん 
安定したネイトに会いに来てベッドによじ登ってパパとママの深刻な話を背中に絵本を読んでました。
リサの時は小さすぎたけど、パパとの記憶はしっかりあるよね…。

拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Garoto
  • URL
  • 2008/07/09(Wed)19:09
  • Edit
ネイトとブレンダの話、マヤちゃんも少しはわかっちゃったんじゃないかとベッドの上のマヤちゃんが気になってました。
言葉の意味はわからなくても、雰囲気などから感じ取りますよね。
マヤちゃんにパパの素敵な思い出がたくさん残っていればいいんだけど。
デイヴィッドとキースのファミリーは徐々に安定してきてほっとしています。
あとはルースの反応が恐ろしい・・・

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/07/10 10:23
マヤちゃん、この前もパパとママの喧嘩を背中で聞いてましたよね。
素敵な思い出だけで、喧嘩声は住み着いてしまわないことを祈ります。
ネイトが言っていたように「いればずっと騒いでた」と思うのでルースはあの場にいなくて正解だったでしょうが、そういうものではないですからね。
これも、ブレンダへの別れの言葉と同様にネイトの勝手さの現れに思えてしまいます。

無題

  • by 夢野
  • URL
  • 2008/07/09(Wed)21:35
  • Edit
不穏な空気が流れつつも、ハッピーエンドを期待してたんですが。まさかネイトが死んでしまうとは。

>最初の手術の時、来たバスにネイトは乗らなかった。

そうでした。そうでした。あのときはまだ死にたくなかったんですよね。今回はマギーという安らぎを得て、緊張の糸が切れてしまったんでしょうか。生きる執着もせず、あっさり海に行ってしまいました。ネイト的にはいい死になんだろうな、と思います。そりゃ、出血するわ切り刻まれるわで苦しかったでしょうけれど。

Re:無題

  • by カクテキ
  • 2008/07/10 10:26
ネイトは解放を望んだらそれが死だったということになるのでしょうか。
ホントに自分だけスッキリさせて逝ってしまい恨み言ばかり残ります。
マヤは?ウィラは?別れるにしても一番の気掛かりであると思うのですが。
ネイトには一番ではなかったということになるのでしょうか。
う~予想外の展開でどっきりがおさまりません。

TRACKBACK

Trackback URL:

Six Feet Under S5-#9 「境界」

  • URL
  • 2008/07/09(Wed)
ものすごい緊張感の後 ホッとしたとたんに・・・あんまりです。 マギーは救急車を呼んでネイトを病院に搬送してもらいます。 でもブレンダ...

シックス・フィート・アンダー♯60

  • URL
  • 2008/07/09(Wed)
■シーズン5 第9話「境界」 原題は「ecotone」で、推移帯や移行帯と訳されるようです。二つの異なった生物の生息空間境界をさすようです。例え...

最新コメント

カテゴリー

アーカイブ

プロフィール

メール

お気に入り

お気に入り本

AdMax

カウンター

アクセス解析

ブログ内検索

Copyright ©  -- ささくれた日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]